不動産売却 税金 5年

不動産売却にかかる税金が気になっている方へ

最終更新日:2017年3月9日
不動産売却にかかる税金が気になっている方へ
もしあなたが不動産売却を検討中であれば、以下のような考えを一度は持ったことありませんか?

・不動産売却にかかる税金はどれくらいかかるのだろうか?
・5年をめどに税金の額が変わると聞いたことあるけど本当?

不動産売却における税金と「5年」という期間は、密接な関係があると薄々知ってはいるものの、実態についてはよく知らない人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事では、不動産売却にかかる税金と「5年」という期間について、絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読むことによって、5年という期限が不動産売却で発生する税金にどんな影響を及ぼすのかわかりますよ!

 

記事を最後まで読んだ頃には、不動産売却の税金を安くする方法も理解できているはずです。

超大手6社に厳選!不動産の最高額をチェック

すまいValue

https://sumai-value.jp/

>超大手6社に厳選していて安心感抜群の一括査定<
>利用者数も10万人以上と実績も間違いない<

※田舎や地方は非対応のため「イエウール」をオススメします。

 

不動産売却における税金の基礎知識

不動産売却における税金の基礎知識
まず紹介するのは、不動産売却における税金の基礎知識です。

 

不動産売却にかかる税金と「5年」という期間が、どのような関係をもつのか理解するには基礎知識を把握することが必要不可欠。しっかり頭に入れておきましょう。

 

不動産売却で発生する税金はいくつかありますが、大きな出費となりがちなのが「所得税」と「住民税」です。

 

他にも登録免許税、印紙税がありますが、この二つの税金の平均的な支払い額は以下の通りになります。

  • 登録免許税→約1000円
  • 印紙税→約15000円

見てわかるように出費としてはそこまで多くないため、あまり心配の種にはなりません。

 

一方、所得税や住民税は何十万円をも超える納税になります。

 

その納税額のインパクトのせいか「不動産売却の税金=所得税と住民税」というイメージが根付いているのです。

 

不動産売却で発生する所得税と住民税は、自動的に課税されるものではありません。

 

自分で確定申告することによって、課税されることになります。

 

所得税と住民税が発生する条件

所得税と住民税が発生する条件
ここまで不動産売却の主な税金となる所得税と住民税について紹介しました。

 

登録免許税や印紙税に比べると、かなりの出費になることを理解していただけたのではないでしょうか。

 

しかし所得税と住民税は不動産売却をしたら、絶対に発生するわけではありません。

 

課税されるためには、ある条件が必要なのです。その条件とは「譲渡所得」が発生すること。

 

いわゆる「利益(儲け)」が出た場合にのみ課税されます

 

仮に1000万円を購入した不動産を1,200万円で売却したことにしましょう。

 

そうすると、手元には200万円の利益(儲け)が残ります。

 

手元に残った200万円に対して、所得税と住民税が課税されることになるのです。

 

もし1,000万円で購入した不動産が800万円で売れたのであれば、手元には1円も残りません。むしろ200万円の赤字となります。

 

赤字状態になった場合は、利益が出ていないため、所得税と住民税が課税されることはありません。

 

不動産は経年劣化するものなので、どうしても購入価格よりも売却金額が低くなります。

 

そのせいか、一般的な不動産売却ならば利益はでないことが多く、所得税と住民税が課税されないのが実情です。

 

しかし中には利益を発生する不動産売却も存在します。

 

購入した時は存在しなかった駅やショッピングセンターが出来ていれば、購入価格よりも高く売れる場合もあるのです。

 

「5年」経っているかどうかで納税額が変わる

「5年」経っているかどうかで納税額が変わる
儲け(利益)が出た不動産売却でなければ、所得税と住民税は課税されません。

 

大抵の不動産売却では利益は発生しませんが、ごく稀に儲けがでることも理解していただけたことでしょう。

 

もし儲けが出たのであれば、大人しく所得税と住民税を納税することになるのですが、実は不動産を所有していた期間によって課税率が変わります。

 

ボーダーラインとなるのは「5年」。5年を超えているかいないかによって納税額はかなり変わってくるのです。

 

購入から5年以上で売却した場合の税率は20%(所得税15%+住民税5%)。

 

一方、購入から5年以内で不動産売却した場合、課税率はなんと39%(所得税30%+住民税9%)に跳ね上がります。

 

もし1000万円の利益が発生した不動産売却なら、5年以上が200万円、5年未満が390万円の納税となるでしょう。

 

「5年」というボーダーラインによって、およそ二倍の納税額となってしまいます。

 

5年も待てない場合はどうすればいい?

5年も待てない場合はどうすればいい?
購入してから5年経っているかいないで、二倍以上の納税額になることを理解していただけたと思います。

 

もし利益(儲け)が出そうな不動産売却になるのであれば、購入から5年経ってから売却するのが賢明と言えます。

 

しかし中には、売却するまで5年も待てないという人もいるはず。

 

離婚や転勤・転校などライフスタイルの変化によって、早期の売却を迫られることはよくあるでしょう。

 

また不動産は築年数が浅ければ浅いほど、高い値段で売却することができるため、5年以内か5年以降になるかで、手に入れる金額も変わってきます。

 

もし5年以内で売却しなければならないのであれば、一体どうすればいいのでしょうか。

 

実は個人所有の不動産にしか使えない方法ではありますが、とっておきの制度があるのです。

 

なんと売却で得た儲けの3,000万円まであれば「なかったこと」にしてくれる「特別控除」という制度があります。

 

儲けが出る不動産売却だとしても、一般的な不動産なら3,000万円以上の儲けには高確率でなりません。

 

そのため、すべての不動産売却で特別控除が適用できると言っても、過言ではないでしょう。

 

もし儲けが出そうな不動産を5年以内に売却しないといけない場合でも、心配する必要は一切ありません。

 

個人所有の不動産であれば、特別控除のおかげで所得税と住民税を払う必要はなくなります。

 

3,000万円の特別控除の詳細については「不動産売却の確定申告は必要?3000万円特別控除の条件と注意点」をご確認ください。

超大手6社に厳選!不動産の最高額をチェック

すまいValue

https://sumai-value.jp/

>超大手6社に厳選していて安心感抜群の一括査定<
>利用者数も10万人以上と実績も間違いない<

※田舎や地方は非対応のため「イエウール」をオススメします。

 

まとめ

以上、不動産売却の税金と「5年」という期間の関係について必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

特別控除があるため、5年を過ぎているかどうか、そこまで気にしなくていいことを理解いただけたと思います。

 

不動産売却をする際は、今回紹介した知識をぜひ活用してみてください。

関連ページ

プロが教える不動産売却5つの注意点/手続き・費用・会社選びまで完全ガイド
代理人に手続きを任せるためには必要不可欠!不動産売却の委任状を解説
元・不動産業者が教える!「不動産売却の方法」知られざる3つの知識
知らなきゃ大変なことに?不動産売却後の確定申告について解説
不動産売却の「つなぎ融資」とは?最低限おさえておくべき基礎知識を解説
不動産売却のトラブルはつきもの?トラブル事例と解決方法を解説
日割り計算の精算方法を完全ガイド!不動産売却の「固定資産税」全知識
告知すべき3つの不動産売却の理由とよく見られる家を売る理由11選
大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説
売却を任せて大丈夫な不動産業者とは?失敗しない業者選びのコツ
不動産売却における詐欺とは?手口や対策方法について解説
不動産売却の税金は4種類!節税方法から確定申告の仕方まで完全ガイド
課税対象から節税方法まで解説!不動産売却における「消費税」の全知識
不動産譲渡所得税は特別控除で減税!売却で出た税金を節税する全知識
不動産売却で「非課税になる税金」と「必ず課税される税金」をシンプルに解説
支給額が減額される?不動産売却と年金の関係について解説
不動産売却は途中でキャンセルできる?違約金が発生するタイミングについて解説
不動産売却すると配偶者控除が受けられないって本当?
売れやすい時期があるって本当?不動産売却の売り時について解説
購入して5年以内に不動産を売却するなら!絶対に知っておくべき必須知識
不動産売却にかかる期間を完全ガイド!3ヶ月以内に売るコツも大公開
競合がいても不動産売却を成功させるコツと注意すべき点を徹底解説
知らないと損する!不動産売却の広告の種類と特徴について解説
不動産売却におけるさまざまな不安を徹底的に解消
不動産売却は大手に頼めばいいという事はない!おすすめの不動産売却方法
遠隔地の不動産をスムーズに売却するためのコツを分かりやすく解説
プロがわかりやすく解説!不動産売却後に使えるお得な3つの特別控除
不動産を売却しても確定申告は不要?初めて不動産売却する人向けに解説
申告しないと大変なことに?!不動産売却で申告が必要なケースとは
複数の不動産業者に売却依頼/主なメリットと注意点を徹底解説
財産分与で不動産売却するなら絶対に知っておくべき必須知識
共有名義の不動産を売却する3つの方法を完全ガイド!注意点や基礎知識も解説
不動産売却すると贈与税がかかる? 初心者向け贈与税ガイド
不動産売却には必須?「権利証」に関する3つの必須知識をプロが解説
不動産売却の値下げを完全攻略!効果的な値下げ幅から交渉テクまで解説
日本人とは一味違う?!外国人に不動産売却する際に注意すべきポイント
山という不動産を売却する際に絶対に知っておくべき知識を徹底解説
買主や業者に通知する?不動産売却のマイナンバー取り扱いガイド
手数料無料の不動産売却って本当に大丈夫?無料になるカラクリを解説
売却するなら必要不可欠?!不動産売却で弁護士が必要になるケース
自分では何も決められない?破産管財人がついた場合の不動産売却を徹底解説
親権者有無の違いや法定代理人も解説!未成年の不動産売却を完全ガイド