建売

最終更新日:2018年4月3日

あなたが知るべき「建売住宅」に関する知識を全て解説

あなたが知るべき「建売住宅」に関する知識を全て解説
建売住宅といえば、安くて目につきやすい物件ですが、知識がない人にとっては不安を煽る種別でもあるでしょう。

 

だからこそ、建売住宅に関する不安や疑問について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「建売住宅」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・そもそも建売住宅と注文住宅の違いと見分け方がわからない・・・
・プロに建売住宅を上手に値引きする方法を教えてほしい
・建売住宅でオプション扱いになる設備って何がある?
・建売住宅を購入する時に注意すべきポイントとは?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、建売住宅を購入しようとしてはいけません。

 

建売住宅に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく建売住宅を購入するのであれば、自分が納得いくクオリティの物件を、満足いく金額で手に入れたいですよね?

 

そこで今回の記事では「建売住宅」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「建売住宅」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「建売住宅と注文住宅の違いと見分け方」
  • 「建売住宅を上手に値引きする方法」
  • 「建売住宅ではオプション扱いになる設備」
  • 「建売住宅を購入する時の3つの注意点」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【新規の方】あなたの条件に合う住宅ローンをマッチング!最大6社に一気に仮審査依頼できる

最大6社を比較して、金利・諸費用・保障内容・総支払額から最適な住宅ローンを一括審査

住宅本舗

https://www.jutapon.com/


【借り換えの方】あなたの環境に合った最適なローンをプロが教えてくれる

住宅ローンのプロが借り換えでどんなメリットがあるのかを無料相談できる!
【今だけ限定】住宅ローンの見直しで現金5万円がもらえる!

モバチェック・プラザ

https://mogecheck.jp/

 

建売住宅と注文住宅の違いと見分け方

建売住宅と注文住宅の違いと見分け方
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「建売住宅と注文住宅の違いと見分け方」の要点

  1. 建売住宅は土地と建物を一括購入し注文住宅はイチから建てる
  2. 建売住宅は間取りや仕様などが決定済みで生活がイメージしやすい
  3. 注文住宅は土地の確保や設計が手間だが「自由度」は非常に高い

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

建売住宅は土地と建物を一括購入し注文住宅はイチから建てる

新築にするといろいろと考えた末にそうチョイスしたら、今度は建売住宅にするか注文住宅に決めるか、という選択があります。

 

建売住宅は販売会社から土地と建物を一括で買い入れるもので、すでに実物が建っているケースと、建物は作成段階で設計プランだけができている段階のものが存在します。

 

まだ実物が建っていないものでも、建築確認申請は完了なので、基本的にはプラン通りに建てることになるでしょう。

 

一方、注文住宅は建築事務所や大手のビルダーなどに設計を依頼して、工務店などの施工会社に家を建築してもらうものです。

 

施工会社とは建築請負契約を結び、土地を持ち合わせていないケースになると、先に土地を手に入れておく必要があります。

 

もう一つ、建売住宅と注文住宅の中間的な立ち位置として、「建築条件付き土地」と呼ばれるものがあり、オーナー側が「○○会社(施工会社)と建築請負契約を結んで」という条件を付けているものです。

 

設計の自由度は物件ごとに違い、注文住宅に似ていて自由度の高いものもあれば、あらかじめ確定されているプランから選ぶだけ、というものもあります。

 

建売住宅は間取りや仕様などが決定済みで生活がイメージしやすい

建売住宅の一番の特長は、間取りや仕様などが一切合切決まっているので、どんな家に住むことになるのか、見通しを立てやすいことでしょう。

 

すでに建築済みのものでは、実物に目を通して、生活動線や家具の配置などを思い描くことができます。

 

価格もはっきり決まっており、後から要らないコストが必要になる、ということもほとんどありません。

 

また、物件を探しやすいのも建売住宅の特筆すべき特長で、よくある不動産ポータルサイトでも、多種多様な物件をピックアップすることができます。

 

気になる価格面ですが、一般的にはプランニングを均一化して、何件分もの設備部品などを一気に買い取りするので、注文住宅に比べて割安になることが多いです。

 

土地と建物が一体になっているため、住宅ローンの審査が比較的スムーズで、住宅ローンを組みやすいというアドバンテージもあります。

 

注文住宅は土地の確保や設計が手間だが「自由度」は非常に高い

注文住宅の特長は、なんと言っても自由度が抜群であることで、もちろん法令による制限や予算で限られていますが、間取りや広さはもちろん、部材や設備など、自分の希望通りの家を建てられます。

 

そのためエッジの効いたシルエットの物件は、絶対と言っていいほど注文住宅であり、逆にシンプルな戸建ては高確率で建売住宅となります。

 

また注文住宅は実際の現場で、建築開始時から確認することが可能になるので、安心感が高いという声も少なくありません。

 

土地の確保や設計など、建売にはない面倒臭さがあるがデメリットですが、希望通りの家を計画していく過程をむしろ楽しみと捉える人も多いです。

 

「設計図だけでは実際の家を認識しにくい」という難点も、立体画像によるシミュレーションなどにより、ビックリするほど細かく再現することができ、実物とのイメージギャップを埋められます。

 

価格面では、プランを立てる段階で設計士などのプロと相談しながらコストを調節すれば、予算に合わせて何が何でも希望の形を変えずに建築することができます。

 

以上、「建売住宅と注文住宅の違いと見分け方」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「建売住宅」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

次章ではあなたに「建売住宅」をより深く知ってもらうために、「建売住宅を上手に値引きする方法」について詳しく解説していきます。

 

建売住宅を上手に値引きする方法

建売住宅を上手に値引きする方法
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「建売住宅を上手に値引きする方法」の要点

  1. 後のオプション追加など建物に手を加えるのを業者はとても嫌う
  2. 過去の値引きの事実を伝えることで値引き交渉が実現しやすい
  3. 値引きをカンタンに誘発する魔法の言葉は「なぜ売れないのですか?」

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

後のオプション追加など建物に手を加えるのを業者はとても嫌う

分譲住宅を契約する際、設備の変更を依頼したり、何かオプションを要求したりと、色々な付加価値をお願いする方がいますが、これはよくありません。

 

建売住宅は、建築にかかわる様々なプロセスを限界まで効率化していることが理由となって、安い価格で販売されています。

 

後からオプションを追加したり、設備の変更を期待するなど、建物に手を加える変更を販売会社は非常に嫌います。

 

もちろん高額な追加費用を支払っての変更であれば問題なしですが、「変更したら契約する」といった交渉はずいぶん印象を悪くし、うまくいくはずの交渉が失敗する原因になりかねません。

 

細かい変更を何度でもオーダーするのも同じで、あなたのイメージを悪くする原因になってしまいますので、交渉に手を付けるのであれば、値引き交渉のみに絞ってください。

 

どうしても何か変更したい点があれば、安くなった金額にあわせた追加コストを払って変更してもらいましょう。

 

過去の値引きの事実を伝えることで値引き交渉が実現しやすい

分譲住宅のように、似たような物件が複数個所売りに出されていた時は、まわりの住宅がいくらで売れたか把握しておくと交渉が有利に進められます。

 

例えば、別の住宅が100万円の値引きで販売できていたのであれば、最低でも100万円は引いてもらえるという「お手本」になるからです。

 

「この物件を100万円値引きして売ったと耳にしたのですが・・・」と、ストレートに伝えることで、出発地点そのものが100万円からの値引き交渉になります。

 

ただし建物の欠陥が原因となって大きな値引きを受けていたときは、交渉には何も役にたたないので小細工なしでストレートに交渉して下さい。

 

逆に周りの建て売りがプライスダウンすることなく売買していた場合、その購入者に対しての配慮から大きなプライスダウンに応じてくれないケースもあります。

 

残念ですが、周りが値引きされずに販売されていたときは、値引き額の設定を少し低めにセッティングしたほうがいいかもしれません。

 

値引きをカンタンに誘発する魔法の言葉は「なぜ売れないのですか?」

決算前や、会社の資金繰りがうまくいかず、現金が必要な時期は値引き交渉が期待できる最大の機会です。

 

場合によっては販売会社から現場を見るために来てくれたお客様に対して、一斉にセールスのお知らせが来る可能性も高いでしょう。

 

その時は一番初めに購入の意思を示し、頭金となる「手付金」を支払った人が購入の権利を得ることができます。

 

狙っていた物件が安く売りに出された時をあらかじめ想定して、決算期の前には手付金を前以て備えておくなど、すぐに動ける準備をしておいてください。

 

ただし、売れていない物件には何か売ることが出来ない理由が必ずあります。

 

立地なのか、価格なのか、もしくは何か根の深い施工ミスがあるのか、その理由を調べておきましょう。

 

調べる方法としては、販売会社に「どうして売れないのでしょう?」と聞いてしまえばOKです。

 

理由を聞いておくことで、契約の後に施工ミスが明るみに出た場合、販売会社側が説明責任をなし遂げていない事実を主張できますので、あなたの立場が強くなります。

 

ちなみにこの章で解説した知識については、当サイトの過去記事である「建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

これまで解説した知識よりも、もう一歩踏み込んだ記事になっているので、新たな知識を得ることができるでしょう。

 

以上、「建売住宅を上手に値引きする方法」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「建売住宅」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

次章では「建売住宅」をさらに深く知ってもらうために、「建売住宅ではオプション扱いになる設備」について詳しく解説していきます。

 

建売住宅ではオプション扱いになる設備

建売住宅ではオプション扱いになる設備
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「建売住宅ではオプション扱いになる設備」の要点

  1. 網戸など「あって当たり前のモノ」が建売だとオプションになりやすい
  2. 収納やキッチン器具についてもオプションになることが多い
  3. ウッドデッキ・照明・駐車場のカーポートもオプションになる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

網戸など「あって当たり前のモノ」が建売だとオプションになりやすい

建売住宅の標準装備には、私たちが必ず備わっているだろうと思っているものも、オプションになっている設備などが数多くあります。

 

基本的に注文住宅で、窓がない住宅はあり得ませんが、窓があるなら網戸も当たり前に設置されていると考えている方が多いと思いますが、網戸は標準装備ではないことが多いのです。

 

窓をあける度に、虫などが部屋の中に入るのを防ぐためにも、網戸は必要です。

 

リビング・寝室・子供部屋・浴室・トイレをはじめとする窓がある場所には、全て網戸を設置したいと考える方がほとんどでしょう。

 

しかしながら建売住宅では装備されていないことも多いので、申し込み前に確認するようにしてください。

 

また窓にはカーテンが必要ですが、建売住宅においてはカーテンを吊るすためのカーテンレールがオプション扱いになる物件がとても多いです。

 

カーテンがなければ、外から部屋の中が晒されてしまい、安心して生活することができませんので、建売住宅を手に入れる際は、窓にカーテンレールが設置されているかを確認しましょう。

 

さらに庭やエントランスなどを作りこんだ家が良いという方が増えていますが、砂利を敷くのはオプション費用が発生することが多いです。

 

そのため、庭や駐車場がある建売住宅を買いあげたからといって、必ず砂利を敷いてくれるわけではありません。

 

砂利敷きは、庭に砂利を敷くことで防犯作用も果たすうえ、見た目も良いので利用される方は、オプションでつけほかないでしょう。。

 

収納やキッチン器具についてもオプションになることが多い

今人気のIHクッキングヒーターですが、残念ながら建売住宅ではオプションであることが多いです。

 

また最近はクローゼットを設置される方が増加傾向にありますが、いざ建売住宅を購入してクローゼットをオープンしてみるとハンガーかけも棚も何も付いていなかったという声を聞くことが少なくありません。

 

何もないままだと、クローゼットとしてのシステムを果たせないので、特に収納を重視される方は、衣装ケースの中を確認するようにしてください。

 

さらに建売住宅の標準装備でついているのは、残念ながらサッシのみがほとんどです。

 

特に一戸建の場合は、空き巣に狙われる確率も高いのでシャッターをつけている方も増えていますので、セキュリティ面を強化するのであれば、1階部分にシャッターを取り付けることをおすすめします。

 

ウッドデッキ・照明・駐車場のカーポートもオプションになる

大まかなオプションを紹介しましたが、ここまでに紹介した以外にもアウトドアリビングでおなじみのウッドデッキや照明、便利なカーポートなど、様々なものが建売住宅ではオプションになります。

 

このように建売住宅を購入する場合は、当たり前についているべきもの(標準設備)が、実際はオプション費用が必要になることが多くあります。

 

いざ建売住宅を購入してから住もうと思ったら、一切合切ないといったことが起こらないように、事前にキッチリと確認しておきましょう。

 

また、オプションで利用する場合はデザインやコントラストも、設置する場所の周りのものに合わせる必要があります。

 

例えば、網戸やカーテンレールを取り付けるケースでは、壁紙などと色やデザインを揃える必要が出てくるでしょう。

 

またオプションで数が多いものを一度にオーダーする場合は、在庫があるかしっかりと確認し、入居時に適用されるよう早めに準備してください。

 

以上、「建売住宅ではオプション扱いになる設備」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「建売住宅」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

次章では「建売住宅」をあなたにもっと理解してもらうべく、「建売住宅を購入する時の注意点」について詳しく解説していきます。

 

建売住宅を購入する時の3つの注意点

建売住宅を購入する時の3つの注意点
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「建売住宅を購入する時の3つの注意点」の要点

  1. 建売住宅は間取りが決まっているので100%満足するのは不可能
  2. 駅・小学校・中学校までの距離や公園の有無は購入前に必ず確認する
  3. 物件価格ばかりに囚われず「メンテナンス費用」も考慮して物件を選ぶ

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

建売住宅は間取りが決まっているので100%満足するのは不可能

建売住宅は間取りが既に決まっているため、あなた自身に100%納得できる間取りに出会うことはできないため、頭を使って工夫できる点はないか考えましょう。

 

例えば、子供が3人出来たり、親と同居することを計算に加えるのであれば、5LDKの家を探すのではなく、4大きな部屋を分割して複数部屋にするのもアリです。

 

和室が欲しいのであれば大きなLDKを一部和室と位置付けてみたり、意外に大きな費用が掛からない方法は何種類も存在しています。

 

とくに売れ残っている物件は、どこか間取りに不都合があることが多いですが、そのデメリットを少しのお金を投入することで、安いのに理想的な物件を購入できますよ。

 

また間取りと同様に、外観もなかなか100パーセント満足いく物件に出会うことがありません。

 

外観の場合、家の前にオシャレな仕切り壁をセッティングするなど、アクセントを入れることで印象は急転するので、外観も自分で工夫することを考慮して、購入できる物件の幅を広げてみましょう。

 

駅・小学校・中学校までの距離や公園の有無は購入前に必ず確認する

建売住宅のメリットは、資産価値を発揮しやすいことであり、土地1,000万円・建物2,000万円の注文住宅に比べると、土地2,000万円・建物1,000万円の建売住宅を選ぶことの方が、費用対効果が高くなります。

 

建売住宅の場合、自治体などから不動産会社がリーズナブルに土地を購入している場合もあるので、土地の価格をセーブしても利益が出るため、購入者にとっては嬉しい価格となります。

 

路線価・地盤・過去の災害・駅からのロケーション・角地・南向き・隣の家との距離など、「得るものがある土地」を購入することを考えてみましょう。

 

また戸建を購入する場合、駐車場も無料でセットにされてくるので基本的には車生活になり、ショッピングや通院などは、基本的に車で行くことができます。

 

そこで、考慮するべきは駅・小学校・中学校に至るまでの距離であり、公園も近くになる方が良いでしょう。

 

しかし駅から近い場所に小学校・中学校が存在するのは稀なので、3つを網羅することは難しいです。

 

ただ家の周りに同じ世代が集まっており、歩道がハッキリと整備されているのであれば、徒歩15分〜20分でも問題はないでしょう。

 

しかし逆に帰りが遅くなる中学生や、電車通学を取り入れる高校生・大学生だと駅に近いほうが、様々な危険が少なくなるので妥協できないことも多いです。

 

物件価格ばかりに囚われず「メンテナンス費用」も考慮して物件を選ぶ

「物件価格は○○までが予算」という方はたくさん見られますが、物件価格だけでなくメンテナンス費用も念頭に置いて家を購入するべきです。

 

外壁がタイルであれば30年間はメンテナンスが不必要なので、外壁だけで10年で100万円以上のバラつきが出たりします。

 

エアコンや家具が付いている物件もあり、逆に「あって当然だ」と思う網戸やシャッターが付いていないという物件も実在するので、物件価格だけでなくメンテナンス費用も含めて検討してください。

 

以上、「建売住宅と注文住宅の違いと見分け方」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「建売住宅」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「建売住宅」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【建売住宅と注文住宅の違いと見分け方】
・建売住宅は土地と建物を一括購入し注文住宅はイチから建てる
・建売住宅は間取りや仕様などが決定済みで生活がイメージしやすい
・注文住宅は土地の確保や設計が手間だが「自由度」は非常に高い

 

【建売住宅を上手に値引きする方法】
・後のオプション追加など建物に手を加えるのを業者はとても嫌う
・過去の値引きの事実を伝えることで値引き交渉が実現しやすい
・値引きをカンタンに誘発する魔法の言葉は「なぜ売れないのですか?」

 

【建売住宅ではオプション扱いになる設備】
・網戸など「あって当たり前のモノ」が建売だとオプションになりやすい
・収納やキッチン器具についてもオプションになることが多い
・ウッドデッキ・照明・駐車場のカーポートもオプションになる

 

【建売住宅を購入する時の3つの注意点】
・建売住宅は間取りが決まっているので100%満足するのは不可能
・駅・小学校・中学校までの距離や公園の有無は購入前に必ず確認する
・物件価格ばかりに囚われず「メンテナンス費用」も考慮して物件を選ぶ

 

上記に記した知識は、「建売住宅」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「建売住宅」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説