家建てる 期間

最終更新日:2018年3月25日

「家を建てる期間」に関する知識を全て解説

「家を建てる期間」に関する知識を全て解説
家を建てる期間といえば、知識がない人にとっては非常に興味深い要素ですが、ネット上にはリアルな情報が出ていません・

 

だからこそ、家を建てる期間について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「家を建てる期間」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・一年以上もかかるって聞いたけど、家を建てる平均的な期間はどれくらい?
・なるべく家を建てる期間を短くしたいけど、どうすればできる?
・家を建てる期間が短いハウスメーカーや工務店を教えて欲しい
・やっぱり家を建てる期間を短くすると、何かしらの危険があるのだろうか・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、家の建築に挑戦しようとしてはいけません。

 

家を建てる期間に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む工期にならないでしょう。

 

せっかく家を建てる期間に挑戦するのであれば、自分が納得いく工期で、満足いくクオリティになってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「家を建てる期間」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「家を建てる期間」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「一年以上もかかる?家を建てる平均的な期間」
  • 「工務店だと遅くなる?家を建てる期間を短くする方法」
  • 「ユニット工法なら早い?家を建てる期間が短いハウスメーカー」
  • 「良いことばかりではない?家を建てる期間を短くするリスク」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

一年以上もかかる?家を建てる平均的な期間

一年以上もかかる?家を建てる平均的な期間
まず解説するのは「一年以上もかかる?家を建てる平均的な期間」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「一年以上もかかる?家を建てる平均的な期間」の要点

  1. 計画開始から引き渡しまでは全部で14ヶ月から15ヶ月かかる
  2. ニーズが多ければ多いほど家が完成するまで時間がかかる
  3. 一般的な木造住宅の建物工事期間は6ヶ月以内で終わる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

計画開始から引き渡しまでは全部で14ヶ月から15ヶ月かかる

住宅を建てる際の期間は、人によって多種多様ですが、一般的な期間は全て合わせると14ヶ月から15ヶ月になります。

 

「そんなに長いの?」と思う人もいるでしょうが、これはあくまで開始から引き渡しまでの期間なので安心してください。

 

ニーズが多ければ多いほど家が完成するまで時間がかかる

住まいを注文住宅で建てることを決めたら、第一段階として設計事務所への相談から資金計画、間取り決めをすることになります。

 

ここにかかる期間の目安は約3ヶ月で、施主のリクエストを吸い上げ、ファーストプランを練り上げていきます。

 

さまざまな希望があり話し合いが長くなるケースになると、その分だけ期間も長くなる傾向にあるので注意しないといけません。

 

一般的な木造住宅の建物工事期間は6ヶ月以内で終わる

大切な基本設計をしていくためのとても意義深い時期を経て、図面完成したら設計事務所から建築業者に見積り依頼を出します。

 

最終的な金額を決めて設計監理契約をとりまとめますが、ここまでにかかる期間がスタート時から約7ヶ月程度が目安になります。

 

その後は施工業者との工事契約を締結したうえで工事をスタートし、一般的な木造住宅なら工事は約6ヶ月で完成です。

 

以上、「一年以上もかかる?家を建てる平均的な期間」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家を建てる期間」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「工務店だと遅くなる?家を建てる期間を短くする方法」について、次章では解説していきます。

 

工務店だと遅くなる?家を建てる期間を短くする方法

工務店だと遅くなる?家を建てる期間を短くする方法
次に解説するのは「工務店だと遅くなる?家を建てる期間を短くする方法」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「工務店だと遅くなる?家を建てる期間を短くする方法」の要点

  1. 工期を短くしたいのであれば大手ハウスメーカーがベスト
  2. 他の現場が遅れるとこちらの工期も遅れてしまう
  3. 同時進行できる数が多い大手ハウスメーカーほど工期が遅れない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

工期を短くしたいのであれば大手ハウスメーカーがベスト

建築会社で工期が代わり、建築事務所や地域に根付いた工務店よりも、大手のハウスメーカーの方が工期短縮の可能性が高いです。

 

そのため、工期を短くしたいのであれば地域に根付いた工務店ではなく、ハウスメーカーに依頼するのがベターでしょう。

 

他の現場が遅れるとこちらの工期も遅れてしまう

建築事務所や地元工務店では、囲える職人の数がキャパオーバーで、現場を指揮する現場監督の人数も限界があります。

 

他の施工物件と時期が被ってしまうと、どう頑張っても人材確保が難しくなり、工期に遅れが生まれる可能性が高いのです。

 

同時進行できる数が多い大手ハウスメーカーほど工期が遅れない

もし台風の時期などに工期が被ったり、いずれかの現場で被害が起これば、そちらの現場が優先になってしまいます。

 

だからこそ確実に短いスケジュールで家を作り上げたいなら、大手ハウスメーカーの方が確実に工期を短縮できますよ。

 

以上、「工務店だと遅くなる?家を建てる期間を短くする方法」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家を建てる期間」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「ユニット工法なら早い?家を建てる期間が短いハウスメーカー」について、次章では解説していきます。

 

ユニット工法なら早い?家を建てる期間が短いハウスメーカー

ユニット工法なら早い?家を建てる期間が短いハウスメーカー
次に解説するのは「ユニット工法なら早い?家を建てる期間が短いハウスメーカー」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「ユニット工法なら早い?家を建てる期間が短いハウスメーカー」の要点

  1. ハウスメーカーであればどこでも2ヶ月ほどは短縮できる
  2. ミサワホームやトヨタホームなどユニット工法の会社ならさらに早い
  3. ユニット工法はすでに完成した状態で現場に来るので完成までが早い

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

ハウスメーカーであればどこでも2ヶ月ほどは短縮できる

前章でもお伝えした通り、一般工務店のケースでは、基本的に着工から家が完成するまで6ヶ月以内です。

 

大手ハウスメーカーなら4ヶ月が平均工期になりますが、その中でもさらに短工期で引渡しをしてくれるメーカーがあります。

 

ミサワホームやトヨタホームなどユニット工法の会社なら早い

大手ハウスメーカーの中で、工期の短さを第一優先としてメーカーを選ぶなら、ミサワホームセラミックがいいでしょう。

 

他にもトヨタホーム・セキスイハイムの工期は抜群に早く、3社ともユニット工法を採用するメーカーです。

 

ユニット工法はすでに完成した状態で現場に来るので早い

建物の仕様によって、計画した工期は少し延びるようになりますが、それでも他メーカーに比べると、驚くべき速さで完成できます。

 

ユニット工法は大部分を工場内で生産し、現場に持ち運んで残りを仕上げる工法なので、工期が格段に短くなるのです。

 

以上、「ユニット工法なら早い?家を建てる期間が短いハウスメーカー」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家を建てる期間」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「良いことばかりではない?家を建てる期間を短くするリスク」について、次章では解説していきます。

 

良いことばかりではない?家を建てる期間を短くするリスク

良いことばかりではない?家を建てる期間を短くするリスク
次に解説するのは「良いことばかりではない?家を建てる期間を短くするリスク」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「良いことばかりではない?家を建てる期間を短くするリスク」の要点

  1. ハウスメーカーの大工は名も知らぬ下請け業者が担当する
  2. 施工管理がずさんになりがちなので家の品質が落ちる可能性大
  3. 家の工期を短くしようとすると設計の自由さが失われる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

ハウスメーカーの大工は名も知らぬ下請け業者が担当する

ハウスメーカーの多くは、自身が職人さんひとりひとりを雇っているわけじゃなく、下請け業者さんが家を建てています。

 

下請けですから、手間賃も高くない上に、スピーディーな工期を求められるため、必然的に施工が荒れやすいです。

 

施工管理がずさんになりがちなので家の品質が落ちる可能性大

ローコスト住宅の場合、安く建てて制限なく売らないと利益が出ないため、人件費・工期に大きな負担がかかります。

 

施工管理も疎かになりがちなので、期間の早めることによる家の品質に及ぼす潜在的なリスクは計り知れません。

 

ちなみにローコスト住宅については、当サイトの過去記事である「ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

家の工期を短くしようとすると設計の自由さが失われる

様々な点で柔軟さに欠けるのも工期が短いことがもたらすインパクトの一つで、間取り・外観にこだわった家は作るのに時間がかかります。

 

そのためプランや意匠の制限が多く(柔軟性や自由性が低く)なってしまい、工事途中の変更を断られる場合も少なくありません。

 

以上、「一年以上もかかる?家を建てる平均的な期間」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家を建てる期間」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「家を建てる期間」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【一年以上もかかる?家を建てる平均的な期間】
・計画開始から引き渡しまでは全部で14ヶ月から15ヶ月かかる
・ニーズが多ければ多いほど家が完成するまで時間がかかる
・一般的な木造住宅の建物工事期間は6ヶ月以内で終わる

 

【工務店だと遅くなる?家を建てる期間を短くする方法】
・工期を短くしたいのであれば大手ハウスメーカーがベスト
・他の現場が遅れるとこちらの工期も遅れてしまう
・同時進行できる数が多い大手ハウスメーカーほど工期が遅れない

 

【ユニット工法なら早い?家を建てる期間が短いハウスメーカー】
・ハウスメーカーであればどこでも2ヶ月ほどは短縮できる
・ミサワホームやトヨタホームなどユニット工法の会社ならさらに早い
・ユニット工法はすでに完成した状態で現場に来るので完成までが早い

 

【良いことばかりではない?家を建てる期間を短くするリスク】
・ハウスメーカーの大工は名も知らぬ下請け業者が担当する
・施工管理がずさんになりがちなので家の品質が落ちる可能性大
・家の工期を短くしようとすると設計の自由さが失われる

 

上記に記した知識は、「家を建てる期間」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「家を建てる期間」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説