新婚 家購入

最終更新日:2018年2月3日

「新婚時の家購入」をわかりやすく完全解説

「新婚時の家購入」をわかりやすく完全解説
「新婚時の家購入」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・新婚夫婦の家は賃貸と購入、どちらがいいのか
・新婚で家を購入するメリット・デメリットを知りたい
・新婚が安く家を購入するための方法を教えて!
・新婚が家を安く購入するためには、何を意識すればいい?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、「新婚時の家購入」に挑戦しようとしてはいけません。

 

新婚時の家購入に必要な知識が足りていないので、このままではあなたが満足いく結果にならないのでしょう。

 

せっかく新婚時に家を購入するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく家に住みたいですよね?

 

そこで今回の記事では「新婚時の家購入」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知るべき「新婚時の家購入」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「新婚夫婦の家は賃貸と購入どちらがいいのか」
  • 「新婚で家を購入するメリット・デメリット」
  • 「新婚が安く家を購入するための方法」
  • 「新婚さんが家を安く購入できる5つのコツ」
  • 「家を安く購入できそうにない新婚さんのための対処法」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

新婚夫婦の家は賃貸と購入どちらがいいのか

新婚夫婦の家は賃貸と購入どちらがいいのか
まず紹介するのは「新婚夫婦の家は賃貸と購入どちらがいいのか」です。

 

結婚が決まったら、さっそく新しい住まい探しが始まります。

 

新婚におけるマイホーム探しは、エリアや間取りも大切です。

 

しかし、まず第一に賃貸と購入のどちらにするかはっきりすることも大切です。

 

どの新婚さんもいずれはマイホームを購入したいと考えているでしょう。

 

だからこそ、購入を視野に入れて新婚当初は賃貸にするのも大いにアリです。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

新婚夫婦の家は賃貸と購入どちらがいいのか

  1. 新婚夫婦の住まいは予算が重要
  2. 新居を賃貸にすべき人は次のステップを考えている人
  3. 賃貸の不自由に我慢できるなら賃貸でもOK
  4. 新婚時代は賃貸でいるのも悪くない
  5. 離婚する可能性も考えておく

 

新婚夫婦の住まいは予算が重要

賃貸でも分譲でも、新婚での住まい探しは、予算を明白にしておくことが重要となります。

 

いち早くお子さんを生むことを考えている場合もあるでしょう。

 

その場合は、1人の収入でも支払える程度の住居費用にするのが望ましいです。

 

賃貸物件では、入居人数に制限がある場合もあります。

 

だからこそ、子どもと暮らせる物件か確認するのは重要になってくるでしょう。

 

また夫婦のどちらかが、夜勤などで生活時間帯に違いが出てくる場合も多いです。

 

生活時間が異なるせいで、ベッドルームを別にする方がお互いに生活しやすいかもしれません。

 

このように予算とライフスタイルに合った新居探しをするのが重要になります。

 

新居を賃貸にすべき人は次のステップを考えている人

新婚当初は仕事やライフスタイルが定まっていないことが少なくありません。

 

そのため新居を賃貸にすると、ライフステージの変化に対応しやすくなります。

 

状況に応じて、暮らしやすい住まいへ手軽に住み替えできるでしょう。

 

また設備などが老朽化によって壊れた際にもメリットがあります。

 

オーナーの費用負担での交換となるので、メンテナンス費用も掛かりません。

 

賃貸の不自由に我慢できるなら賃貸でもOK

原状回復義務の問題から、壁に穴を開けたりできません。

 

また収納を増やすために壁に棚を設置したり、各種アレンジも不可能です。

 

このように自分で好きなように部屋をいじれないのは欠点でしょう。

 

ただし、昨今では数は限られますが原状回復義務のない物件も出てきました。

 

地方ではまだ見かけられませんが、都市部では相当数の数が募集しています。

 

新婚時代は賃貸でいるのも悪くない

新婚当初はお互いのライフスタイルで、知らない部分があるでしょう。

 

さらにお子さんの人数や将来の勤務先といったハッキリしていない部分も大きかったりします。

 

また同じ広さの住まいでも、暮らし方は人それぞれです。

 

まずは、新婚当初は賃貸で暮らし、様子を見るのは大いにアリです。

 

賃貸中に頭金を用意してから、住まいを購入することも検討すべきでしょう。

 

離婚する可能性も考えておく

新婚時は仲がよくても、長い年月を一緒に過ごしていけば様子が変わります。

 

考え方やライフスタイルの違いなどから、離婚を選択するケースもあります。

 

離婚をするときに、持ち家ならマイホームをどうするか、問題になりがちです。

 

夫婦の共有名義の場合、双方の同意がなければ、売却することはできません。

 

また夫の単独名義で購入し、妻が住み続ける場合には、一括返済が必要です。

 

あるいは、妻名義への借り換えが選択肢になるでしょう。

 

しかし、妻の収入が少ないと、ローンを貸す金融機関の同意を得にくいです。

 

結果的に夫名義のまま、妻が住むという不安定な状況になることが多いです。

 

離婚への配慮は重要

将来、万が一離婚した際のこともしっかりイメージしておくべきです。

 

我が家を手に入れるケースでは、処分に困らないよう配慮しましょう。

 

名義を計算に入れるとともに、売却を促進しやすい物件を購入するのが重要です。

 

住まいは立地条件が、資産価値に大きく左右します。

 

そのため、駅にアクセスしやすく、徒歩10分以内の物件はよく売れます。

 

頭の片隅に離婚したときのことも念頭において、新居を探しましょう。

 

離婚時の対処法については、当サイトの過去記事である「ケース別対処法を解説!離婚でローンがある家を売却する人が知るべき全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

ここまでは、「新婚夫婦の家は賃貸と購入どちらがいいのか」をお伝えしました。

 

新婚夫婦の家は賃貸にするのも悪くないことを、理解していただけたと思います。

 

ただし賃貸ではなく、新婚で家を「購入」することに対する利点・欠点については、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「新婚で家を購入するメリット・デメリット」について紹介していきます。

 

新婚で家を購入するメリット・デメリット

新婚で家を購入するメリット・デメリット
この章では新婚で住宅購入する際のメリット・デメリットを解説していきます。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

新婚で家を購入するメリット・デメリット

  1. 新婚で家を購入すると大事な資産ができる
  2. 新婚時は住宅ローン審査が通りやすい
  3. 新婚で家を購入すると経済状況が不安定になりやすい
  4. 新婚で家を購入すると転勤に対応できない

 

新婚で家を購入すると大事な資産ができる

結婚前から同棲をした場合を除けば、結婚して一緒の家で暮らすことでしょう。

 

「どこに?」「どんな?」など、夫婦で話し合って決めるのは楽しいものです。

 

そんななか、結婚を機に自宅を購入するというのも一つの手です。

 

では、新婚で住宅購入するケースでは、どのような有益性があるのでしょうか?

 

やはり、最も目立つプラスの面は「住宅という資産が増える」という点です。

 

賃貸で家賃をいくら払っても、物件があなたの所有物になることはありません。

 

しかしながら、融資を完済すれば、物件は自分たちの財産になります。

 

そのため、無駄な家賃は払いたくない人は、新居購入のメリットが大きいです。

 

新婚時は住宅ローン審査が通りやすい

新婚時は住宅ローンの審査が通りやすいというメリットもあります。

 

もちろん、双方がフルタイムで働いているということを前提になりますが。

 

お子さまができてから、住宅購入を検討する場合を考えてみましょう。

 

お子さんの影響で収入が低くなってしまっているケースも珍しくありません。

 

その点、結婚直後の状態(フルタイム)であれば、審査面では有利といえます。

 

住宅ローン審査については、当サイトの過去記事である「審査基準から甘い銀行まで解説!住宅ローン「事前審査」完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

新婚で家を購入すると経済状況が不安定になりやすい

では、逆に何かデメリットはあるのでしょうか?

 

最大の欠点は、まだライフプランが未定の状態で多額の借金を組むことです。

 

また不明瞭な経済状況で、予算決定や間取りを決めるも問題です。

 

子どもの有無や人数で、必要な間取りは当然異なります。

 

また、ご夫婦で住宅ローンを組んで物件を購入する場合、前提が違います。

 

具体的には今後も共働きという「前提」での予算組みになるでしょう。

 

もし将来子供ができて、仕事を辞めるべき事態になったらどうしますか?

 

住宅ローンを組んだ時と前提が違うので、返済面が不安ですよね。

 

新婚で家を購入すると転勤に対応できない

会社員の場合は、転勤のリスクもあります。

 

住宅購入後に、どちらかが転勤することになったことを想像してみてください。

 

「買ったばかりの家はどうするのか?」とゾッとしてきませんか?

 

仕事をやめて、転勤先についていくとなった場合も大変です。

 

「次の就職先が見つからない」「ローンが支払えない」など困ることになります。

 

ここまでは、「新婚で家を購入するメリット・デメリット」をお伝えしました。

 

新婚で家を購入すると、どんなメリット・デメリットをうけることになるのか、理解していただけたと思います。

 

ただ、新婚が家を安く購入するにはどうすればいいかは、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「新婚が安く家を購入するための方法」について紹介していきます。

 

新婚が安く家を購入するための方法

新婚が安く家を購入するための方法
最初に結論を打ち明けてしまいますが、建て売りの家は概ね安く手に入ります。

 

むしろ、最終的に安く買い求められるのを前提として価格の手配をしています。

 

最初の設定価格で売れたら好運でしょう。

 

また安く購入されても、お客様に感謝をされたらそれはそれでOKだからです。

 

そのため、初期価格を高くし、安く購入されることに最初から備えています。

 

もし新婚で家を購入するなら、最初から安く購入すると腹をくくりましょう。

 

新築の家(いわゆる建て売り)には安く購入しやすいタイプがあります。

 

一方、安く購入しにくい状態の家もあるので注意しなければいけません。

 

それらを見分けることが、効率的に安く家を購入する秘訣といえるでしょう。

 

では一体、何の要素が安く購入できるかどうかを左右しているのでしょうか?

 

実は家が安く買えるかどうかは「タイミング」によって支配されています。

 

安くならないのは「販売直後」で、安く変えるのは「販売から1年前後」です。

 

そのうえでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

新婚が安く家を購入するための方法

  1. 販売してすぐだと家は安く購入できない
  2. 新築から1年の家は安く購入できる可能性大
  3. 売れ残りを感じさせるチラシが入れば大チャンス

 

販売してすぐだと家は安く購入できない

いわゆる建売住宅は、建物が出来上がってから販売するのが通例です。

 

しかしまだ建っていない状態でも、取り引きすることが少なくありません。

 

販売開始前でも購入者がいるほど、注目されているのが建て売りの家です。

 

そんな事例が豊富にあるこの業界では、販売直後に安く買うのは不可能です。

 

上層部からのお達しで、販売直後で値引きできる権利をもつ人はいません。

 

売りに出してすぐの価格の駆け引きは、ほとんど無理と考えてください。

 

新築から1年の家は安く購入できる可能性大

新築の建売物件は、1年間取引出来ないと「中古扱い」と化してしまいます。

 

ずっと売れないでいると「この家は何かある」とイメージされるのです。

 

悪いイメージのせいで、結果的にますます人気が衰えてしまいます。

 

売れ残り物件は、ディーラーとしては少しでも早く捌きたいものです。

 

早く売り切ってしまいたくて、一心不乱になっています。

 

だからこそ、力を尽くして交渉すれば15~20%引きで手にすることは可能です。

 

数百万円もお得に買うことは、不可能ではありません。

 

売れ残りを感じさせるチラシが入れば大チャンス

チラシで「残りあと1戸」などと書かれたのを見たことはないでしょうか?

 

ここまで来ると、もう本気で売れ残ってしまった住宅という見方ができます。

 

ポストに入っていたり、電柱に貼り付けてあったりして見かけるでしょう。

 

このように、よくチラシが入る物件は、ハッキリいってもう末期です。

 

言い換えれば、ビックリするほど売るのに苦戦している物件です。

 

大幅値引きができる絶好の機会といえるでしょう。

 

実際に筆者は500万円~1,000万円の値引きをしている家を何度も見ています。

 

もう1軒、リーズナブルな家が購入できるぐらいの値引きです。

 

このようなセールス末期は、販売から11ヶ月ごろが該当します。

 

ただし、売れ残されていることは、何かがあると疑った方が良いです。

 

何か問題があるから売れ残っているわけなので、十分に注意するべきでしょう。

 

ここまでは、「新婚が安く家を購入するための方法」をお伝えしました。

 

新婚が安く家を購入するには何をすればいいのか、理解していただけたと思います。

 

ただし新婚さんが確実に家を安く購入するための具体的なコツについては、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「新婚さんが家を安く購入できる5つのコツ」について紹介していきます。

 

新婚さんが家を安く購入できる5つのコツ

新婚さんが家を安く購入できる5つのコツ
新婚さんが家を安く入手するには、セールスマンに打ち勝つ必要があります。

 

コツを熟知しているのと知らないのでは、その結果は圧倒的に異なるものです。

 

家を安く購入するコツを抑えれば、納得の契約にもっともっと近づけますよ。

 

新婚で家を購入するなら、この章の内容を参考して、交渉に挑戦しましょう。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

新婚さんが家を安く購入できる5つのコツ

  1. 価格以外に絞って交渉する
  2. 契約直前の値下げは効果大
  3. 過去の成約価格を交渉材料として知っておく
  4. 担当者に冷やかしでないことをアピールする
  5. 契約寸前まで値引きはしない

 

価格以外に絞って交渉する

建て売り住宅を契約する際、設備の変更を頼んだりすることは多いです。

 

また何か追加サービスをつけてもらったりすることもあります。

 

「せっかく家を買うから」と色々と求める人がいますが、これは止めるべきです。

 

建て売りは、業務を最大合理化しているので、低価格で売りに出されています。

 

そのため後からサービスを追加したり、設備の変更を希望するはアウトです。

 

とくに建物に手を加える変更を、ディーラーはとても嫌います。

 

思い通りになるはずの交渉が、コケる原因となるので注意してください。

 

契約直前の値下げは効果大

安く購入するための交渉をするなら、契約直前をねらいましょう。

 

まだ契約の意思も示さないうちに、価格の話をしてしまうのはNGです。

 

「手間暇が掛かる客だ」と思われて、相手にしてもらなくなります。

 

契約のギリギリまでは「都合の良いお客様」として、ふるまいましょう。

 

そして契約時に「価格が下がれば契約する」と切り出すのです。

 

これだけで新婚さんが安く家が購入できる確率が、一気にアップしますよ。

 

過去の成約価格を交渉材料として知っておく

建て売り住宅は、うり二つの物件がいくつか売りに出されるケースがあります。

 

その際、似た住宅がいくらで売れたか知っておけば、交渉が有利になりますよ。

 

例えば、別の建て売り住宅が、200万円安く購入されていたとしましょう。

 

そうなれば、少なくても200万円は引いてもらえるという良い例となります。

 

そして「200万円安く購入できるのでは?」と、ハッキリと伝えてください。

 

これだけで劇的に安く購入できる可能性があがるでしょう。

 

ちなみに似た建て売り住宅が、まったく安く購入されていない場合もあります。

 

そうなれば残念ですが、安く購入したいとしても難しいです。

 

担当者に冷やかしでないことをアピールする

買い入れる意思の見えない「冷やかし客」は、時間を取られるだけの存在です。

 

だからこそ一度冷やかしだと思われてしまうと、もうダメです。

 

自分自身が何をいっても、言うことを聞いてもらえない可能性もあります。

 

そのため、あなたは買うキモチを感じられる客にならないといけません。

 

具体的には「営業にとっての都合の良い客」でいないとだめなのです。

 

少し度を越したくらい、物件への好感をもつ素振りを見せておきましょう。

 

契約寸前まで値引きはしない

値引きをする気まんまんのお客さんは、とても不愉快な客です。

 

だからこそ、値切る気があるそぶりは多少無理してでも、隠してください。

 

「この人は値切るぞ」と印象を持たれた時点でアウトです。

 

安く購入できる確立はガクッと落ちてしまい、結果的に不利になります。

 

何が何でもお金の話は、ギリギリまでしてはダメです。

 

契約間際に予算などのお金の話題をだすようにしてください。

 

ここまでは、「新婚さんが家を安く購入できる5つのコツ」をお伝えしました。

 

新婚さんが家を安く購入するにはどんなコツを駆使すればいいのか、理解していただけたと思います。

 

ただしすべての新婚さんが、家を安く購入できるわけではないのを忘れてはいけません。

 

そこで次は「家を安く購入できそうにない新婚さんのための対処法」について紹介していきます。

 

家を安く購入できそうにない新婚さんのための対処法

家を安く購入できそうにない新婚さんのための対処法
紹介してきた技を使っても、場合によっては通用しないこともやはりあります。

 

そんな悩める新婚さんが使える対処方法を、この章では紹介していきましょう。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

家を安く購入できそうにない新婚さんのための対処法

  1. 値下げしたかった金額までオプションをつけてもらう
  2. 本当に新婚時に買うべきか購入時期を見直してみる
  3. 業者名簿に名前を残して長期的な付き合いにする
  4. 自分で一からローコスト住宅を建てる

 

値下げしたかった金額までオプションをつけてもらう

安く購入するための交渉がダメでも、諦めてはいけません。

 

簡単な追加サービスなら、加えてもらえることがあります。

 

さすがに間取りの変化はおおかたできません。

 

しかしまだ建築中の物件であれば、可能になるかもしれません。

 

もしくは設備のランクを上げてもらえるパーセンテージは十分に高いです。。

 

諦めることなく、オプション追加の希望を言ってみるといいでしょう。

 

しかしすでに作り上げた物件であれば、設備の変更も難しいです。

 

オプションが無理そうなら、仲介手数料を引いてもらいましょう。

 

または何か家財道具を付帯してもらうなどの代替案を出すのもアリです。

 

本当に新婚時に買うべきか購入時期を見直してみる

未完成物件や、売りに出されてばかりの物件であれば、まだ焦って売りません。

 

そのため、安く購入するための交渉に対応しないことは非常に多いです。

 

もしだめなら、ある程度時間をとってもう一度交渉してみましょう。

 

もう新婚時ではなくなっているかもしれませんが、交渉に応じてもらえますよ。

 

業者名簿に名前を残して長期的な付き合いにする

業者は物件を見に来てくれたゲストのリストを残しています。

 

リストを使って、値下げの瞬間にお客様にアナウンスしてくるでしょう。

 

結果的にあなたにとって、非常に都合の良い情報が送られてきます。

 

だからこそ、情報をゲットできるようリストに記しておきましょう。

 

具体的には、住所・氏名・問い合わせ先などを書き込むだけです。

 

業者から手渡しされる記入シートに正確に記入しましょう。

 

たまに問い合わせ先や、住所を書き込むのを嫌がるゲストもいます。

 

しかし嫌がって書かないと口先だけだと判断されるかも知れませんよ?

 

有益な情報も受け取れず、業者に否定的なイメージを与えてしまいます。

 

プライバシーを記入することに抵抗感がある方も、いらっしゃるでしょう。

 

しかし厚待遇で家を購入したいなら、ぐっとこらえて書き込んでください。

 

自分で一からローコスト住宅を建てる

既存の家を安く購入できないなら、あなたの手で安く家を建てましょう。

 

今はローコスト住宅といって、低価格で質の良い新築が建築できます。

 

ローコスト住宅については、当サイトの過去記事である「ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説」にて詳しく解説しております。

 

しかしどの業者なら良い住宅を建てられるかなんて分からないですよね?

 

そんな方に「HOME’Sの一括資料請求サービス」を筆者はオススメしています。

 

予算を入力すれば、希望に沿った金額で建築できる企業が一発でわかります。

 

そのうえで、資料を一気に取り寄せることができますよ。

 

自分の予算範囲内で色々な業者を対比させたいという方には、もってこいです。

 

初心者のために土地探しサポートや、資金計画書作成も無料で行ってくれます。

 

家の知識に疎い新婚さんだからこそ、「HOME’S」のサービスを利用するべきです。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「新婚時の家購入」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「新婚時の家購入」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、新婚で家を購入する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説