新築 平屋

最終更新日:2018年3月30日

後悔しない「新築の平屋」を建てるための知識を全て解説

後悔しない「新築の平屋」を建てるための知識を全て解説
新築の平屋は魅力的な種別ですが、知識がない人にとっては不安な点も多く、なかなか踏み出せない人も多いでしょう。

 

だからこそ、新築の平屋について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「新築の平屋」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・一戸建てとくらべて、新築平屋にかかる価格ってどれくらいなの?
・100%の満足度になる新築平屋にする「間取りの決め方」を教えてほしい
・一戸建ての固定資産税と、新築平屋に課税される税金だとどちらが高くなる?
・「ここなら間違いない」という新築平屋に強い大手ハウスメーカーを知りたい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、新築の平屋を建築しようとしてはいけません。

 

新築の平屋に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望むクオリティにはならないでしょう。

 

せっかく新築の平屋に挑戦するのであれば、自分が納得いったうえで満足いくクオリティになってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「新築の平屋」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「新築の平屋」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「一戸建てより高いって本当?新築平屋にかかる価格を解剖」
  • 「家事効率が上がる?満足度の高い新築平屋にする間取りの決め方」
  • 「一戸建ての固定資産税との違いは?新築平屋に課税される税金」
  • 「お手頃から高級住宅まで解説!新築平屋に強い大手ハウスメーカー3選」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

一戸建てより高いって本当?新築平屋にかかる価格を解剖

一戸建てより高いって本当?新築平屋にかかる価格を解剖
まず解説するのは「一戸建てより高いって本当?新築平屋にかかる価格を解剖」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「一戸建てより高いって本当?新築平屋にかかる価格を解剖」の要点

  1. 基礎面積が一戸建てより広いので平屋の方が高くなりがち
  2. メンテナンス費用に関しては平屋の方が戸建てよりも安くなる
  3. 性質が違うので一戸建てと平屋の費用相場を比較するのは要注意

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

基礎面積が一戸建てより広いので平屋の方が高くなりがち

実は一般的に2階建てより平屋のほうが建築にかかるコストは高くなると言われており、その理由は3つあります。

 

一つめの理由は「平屋と2階建ての構造」の違いで、平屋は横に広い分だけ、広い敷地面積が必要になる点です。

 

住宅を建てる際に重要視すべきなのは、地震に負けない耐震性なので、住宅の基礎の部分をしっかりと作らなければなりません。

 

基礎面積の違いが「平屋のほうが建築にかかるコストは高い」と判断されてしまいがちな1つめの理由です。

 

さらに横に広い平屋を覆うには大きな屋根が絶対に必須なので、2階建てよりも平屋が高くつくと言われる2つめの理由です。

 

また3つ目の理由としては「現代の日本ハウスメーカーは2階建てが主流」になっていることがあげられます。

 

ハウスメーカーでは2階建てを建てるために必要な材料を大量発注しており、その結果としてコストを低減できるのです。

 

逆にハウスメーカーでは平屋用の資材はたっぷりと準備していないため、割高になってしまうということがあります。

 

メンテナンス費用に関しては平屋の方が戸建てよりも安くなる

一方で、平屋のほうが建築費用を安くコントロールされるという考えもあり、顕著な例としては「階段のスペース」です。

 

通常、2階建ては階段とそれに付随するホール用となる空間が必要で、広さにすると4畳から5畳分になります。

 

当たり前の話ですが平屋に2階は無いので、原則的には階段は必要なく、階段スペース分の費用は安くなるでしょう。

 

また2階建て住居は利便性を考慮して、1階はもちろん2階にもトイレなどを設置するので、その分だけ費用も高くなります。

 

平屋の場合は部屋やリビングダイニングを広く設計したとしても、トイレや浴室は1つあれば十分です。

 

なお、ひとつの家に長く住み続けるためには、常日頃からこまめに掃除をしたり、定期的にメンテナンスすることが大切です。

 

外装は雨風にさらされ続けて劣化することは避けられないため、5年10年単位での塗り替えも必要になってきます。

 

修繕する場合、2階建てを建築するケースでは足場を設置することとは避けられず、その分の工賃がかかってしまいます。

 

壁の面積が大きくなるせいか工事期間も長くなり、工期がふえた分だけの人件費もかさんでしまいがちです。

 

一方、平屋であれば定期的な修繕費用もリーズナブルに済ませられますし、普段のお手入れも2階建てより楽にできます。

 

性質が違うので一戸建てと平屋の費用相場を比較するのは要注意

平屋と2階建ての費用相場を知りたい人は多いでしょうが、実際のところ相場を比較するのは少々難しいところです。

 

概算にはなりますが、あえて平屋と2階建て、変わらない条件で建てたケースをイメージして考えてみましょう。

 

仮に平屋の床面積が30坪だとすると、建築にかかるコストが2,000万円の場合、計算すると坪単価は66万円となります。

 

平屋の例を2階建てに置き換えると、階段とそれに伴う空間が5畳分加算されると想定し、床面積は計35坪になります。

 

床面積35坪だと約57万円の坪単価となり、平屋にくらべて2階建てのほうがリーズナブルであることがわかるでしょう。

 

ただし、本来なら平屋と2階建てにおいて、統一された条件(同じ間取り)になることはありません。

 

平屋のほうがどうしても高くなる基礎や屋根にかかるコストなど、2階建てだけが必要になる設備やだって実際にあります。

 

さまざまな要素を総合して考えていくことが不可欠ですが、一番確実なのは信頼できる会社で見積もりを取ることです。

 

信頼できる会社に見積もりや比較を依頼すれば、さまざまなアドバイスとともに相談に乗ってくれるでしょう。

 

ちなみに一戸建ての建設費用については、当サイトの過去記事である「4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

以上、「一戸建てより高いって本当?新築平屋にかかる価格を解剖」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「新築の平屋」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「家事効率が上がる?満足度の高い新築平屋にする間取りの決め方」について、次章では解説していきます。

 

家事効率が上がる?満足度の高い新築平屋にする間取りの決め方

家事効率が上がる?満足度の高い新築平屋にする間取りの決め方
次に解説するのは「家事効率が上がる?満足度の高い新築平屋にする間取りの決め方」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「家事効率が上がる?満足度の高い新築平屋にする間取りの決め方」の要点

  1. 平屋だからこそ生活動線をきちんと考慮しないともったいない
  2. 満足いく平屋の間取りにするなら家事動線をとにかく短くすること
  3. 負担が大きくなる「洗濯に関する生活動線」の設計はとくに要注意

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

平屋だからこそ生活動線をきちんと考慮しないともったいない

平屋の床面積はそのまま工事費の高い基礎工事の面積となってしまうため、間取りを決めるには動線設計を考える必要性があります。

 

必要なスペースをコンパクトにまとめた間取りをプロデュースすることで、生活がしやすくなり、費用も抑えられるでしょう。

 

平屋の動線を成功させるための法則は「短い」であり、実現すれば部屋と部屋の行き来がしやすく、家事がスムーズになります。

 

朝ごはんを作りながら洗濯機を使うなど、具体的に「毎日家事をする流れ」を考えると、おのずと水回り部分が集まります。

 

動線を短くするという注意点を大切にすると、基礎の下に埋め込むことになる「配管の工事」もシンプルになり、工事費の削減を期待できますよ。

 

満足いく平屋の間取りにするなら家事動線をとにかく短くすること

平屋で家事を効率よくこなすためには、とにかくできる限り家事動線を短くすることです。

 

家事に必要なスペースをつなげて作ることで家事をする再の移動時間の短縮になり、家事にかかる時間も短縮できることになります。

 

食材を買ってきて、それを運び、収納するという「料理に関する家事動線」など、日々の生活には多くの動線があります。

 

これらの作業に必要なスペースを、近いスポットに作ることが大切です。

 

負担が大きくなる「洗濯に関する生活動線」の設計はとくに要注意

平屋の動線で中でも大切なのが洗濯に関する動線で、洗濯に関わる作業が多岐にわたるからです。

 

洗濯物を取り出して形を整えて干し、水分が無くなったら取り込み、たたみ、アイロンをかけ、しまうところまでが洗濯です。

 

それぞれの場所が離れていると、それだけ無駄に歩きながら洗濯をこなすことになるので無駄な動線が発生します。

 

洗濯機を置く場所と、バルコニーなどの洗濯物を実際に干す場所の位置関係などにも気を配ってください。

 

また近年人気のウォークスルークロゼットも、平屋の中にあるスペースを有効活用できることから平屋にも適しています。

 

例えば洗面所と寝室を、ウォークスルークロゼットを通じて行くことにすれば、クロゼットを通る間に身支度ができます。

 

さらに玄関とキッチンの間に設ければ、ウォークスルークロゼットをパントリーとして使えるのが魅力です。

 

動線の中にうまく組み込むことで、家事をスイスイとこなしていく助けになるでしょう。

 

以上、「家事効率が上がる?満足度の高い新築平屋にする間取りの決め方」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「新築の平屋」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「一戸建ての固定資産税との違いは?新築平屋に課税される税金」について、次章では解説していきます。

 

一戸建ての固定資産税との違いは?新築平屋に課税される税金

一戸建ての固定資産税との違いは?新築平屋に課税される税金
次に解説するのは「一戸建ての固定資産税との違いは?新築平屋に課税される税金」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「一戸建ての固定資産税との違いは?新築平屋に課税される税金」の要点

  1. 平屋も同じように「固定資産税」「都市計画税」が発生する
  2. 土地に課税される税金は平屋の方が高くなる可能性が高い
  3. 家屋に課税される税金も2階建てより平屋が高くなる可能性が高い

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

平屋も同じように「固定資産税」「都市計画税」が発生する

平屋建てと2階建て、家の構造が違うことが影響して、税金に違いはあるのか気になっている人は多いです。

 

新築平屋を建設するうえで、納税することになる税金といえば「固定資産税」「都市計画税」でしょう。

 

「固定資産税」「都市計画税」ともに、手に入った土地と家にかかる税ですが、平屋建ても2階建ても変わりはありません。

 

土地に課税される税金は平屋の方が高くなる可能性が高い

平屋建ての家と2階建ての家を同じ床面積であれば、どちらの方が納税すべき税金が高いのでしょうか。

 

二つの家が建っている土地の価格も同じとして、仕様上、平屋建ての家の方が土地の面積が広いと仮定して比較してみましょう。

 

まず土地の評価ですが、平屋建ての家を採用すると2階建て戸建てよりも面積が大きいので、評価額は当然変わってきます。

 

つまり、広い土地に建っている平屋建ての方が、残念ながら固定資産税が高いということになるのです。

 

家屋に課税される税金も2階建てより平屋が高くなる可能性が高い

家屋については、同じ床面積であれば、残念ながら2階建てより平屋建てのほうが、坪単価が高くなります。

 

平屋建ての方が家の基礎部分と屋根部分の大きさがどうしても広くなり、基礎部分・屋根部分の広さは建築費に影響します。

 

だからこそ、そのぶん平屋建ての方が2階建ての一戸建てよりも坪単価が高くなるのです。

 

坪単価UPの事実は建物の評価に影響を及ぼすため、平屋建てを採用するケースの方が2階建より評価額がアップする可能性があります。

 

しかしいずれも先に仮定した条件に基づく想定なので、リアルな建築になってくると結果も違ってくるためあくまでも参考程度にしてください。

 

ちなみに固定資産税については、当サイトの過去記事である「日割り計算の精算方法を完全ガイド!不動産売却の「固定資産税」全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

以上、「一戸建ての固定資産税との違いは?新築平屋に課税される税金」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「新築の平屋」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「お手頃から高級住宅まで解説!新築平屋に強い大手ハウスメーカー3選」について、次章では解説していきます。

 

お手頃から高級住宅まで解説!新築平屋に強い大手ハウスメーカー3選

お手頃から高級住宅まで解説!新築平屋に強い大手ハウスメーカー3選
次に解説するのは「お手頃から高級住宅まで解説!新築平屋に強い大手ハウスメーカー3選」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「お手頃から高級住宅まで解説!新築平屋に強い大手ハウスメーカー3選」の要点

  1. 建築費は高いけど断熱仕様の平屋がおすすめの「ダイワハウス」
  2. すこし割高ながらランクダウンも手軽にできる「セキスイハイム」
  3. 質が高くて安い平屋ができる大手ハウスメーカー「トヨタホーム」

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

建築費は高いけど断熱仕様の平屋がおすすめの「ダイワハウス」

ダイワハウスで平屋を建てると坪単価80~90万円ほどかかるので、他のハウスメーカーよりもやや高い価格設定となっています。

 

しかしダイワハウスの進化した技術で、現代的で生活がしやすい平屋を建てられると評判がとても良いのです。

 

また平屋建てで過ごすのは寒いとよく言われていますが、それを考慮してダイワハウスでは断熱仕様の「XEVO」が取り入れられています。

 

「XEVO」は夏は涼しく、冬は暖かく部屋をカバーしてくれる仕組みなので、暖冷房費用が少なく、省エネ効果も期待できます。

 

すこし割高ながらランクダウンも手軽にできる「セキスイハイム」

約40坪の平屋を建てた際の価格は約2,700万円になってくるため、坪単価に換算すると約68万円となり少し割高と言ったところです。

 

しかし大幅に割引がきくことでも有名で、スタンダード価格より最大100万円も値引きできた事例も実際に見たことがあります。

 

さらにそれでも高い思われる家庭に対しては、価格をコントロールするためのランクダウン制度もあるのでぜひ活用してください。

 

そのご家庭に不必要な機能をそぎ落とし、建築や設備の階級のランクダウンをしたいと申し出ても、快く対応してもらえますよ。

 

またセキスイハイムの平屋は「楽の家」と呼称される、「鉄骨系住宅」または「木質系住宅」を選べるプランが有名です。

 

外観もホワイトやブラウンを基調として、高級なイメージあふれる大人なデザインとなっているので外観を気にする人にお勧めです。

 

質が高くて安い平屋ができる大手ハウスメーカー「トヨタホーム」

各ハウスメーカーの坪単価が70万円付近ですが、対するトヨタホームの坪単価は51.4万円でリーズナブルになっています。

 

30坪の平屋建てなら、 約1,600万円での建築を可能にするので、価格として見てもやはりお手頃さを感じます。

 

トヨタホームの平屋の特徴は、伝統的な平屋のアドバンテージを活かしつつ、新たな付加価値をプラスした作りを実現した点です。

 

お手頃価格とは思えない、スペシャルな解放感が味わえ、またテラスやお庭もご家庭好みにカスタマイズが可能です。

 

コスパを求めるなら、価格設定が安いうえで、高級なイメージあふれる暮らしが送れるトヨターホームの物件は理想的といえます。

 

ちなみにほかのハウスメーカーについて知りたい人は、当サイトの過去記事である「ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回紹介できなかったメーカーについても詳しく解説した記事になっているので、企業の比較検討をしたい人は要チェックの記事となっていますよ。

 

以上、「一戸建てより高いって本当?新築平屋にかかる価格を解剖」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「新築の平屋」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「新築の平屋」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【一戸建てより高いって本当?新築平屋にかかる価格を解剖】
・基礎面積が一戸建てより広いので平屋の方が高くなりがち
・メンテナンス費用に関しては平屋の方が戸建てよりも安くなる
・性質が違うので一戸建てと平屋の費用相場を比較するのは要注意

 

【家事効率が上がる?満足度の高い新築平屋にする間取りの決め方】
・平屋だからこそ生活動線をきちんと考慮しないともったいない
・満足いく平屋の間取りにするなら家事動線をとにかく短くすること
・負担が大きくなる「洗濯に関する生活動線」の設計はとくに要注意

 

【一戸建ての固定資産税との違いは?新築平屋に課税される税金】
・平屋も同じように「固定資産税」「都市計画税」が発生する
・土地に課税される税金は平屋の方が高くなる可能性が高い
・家屋に課税される税金も2階建てより平屋が高くなる可能性が高い

 

【お手頃から高級住宅まで解説!新築平屋に強い大手ハウスメーカー3選】
・建築費は高いけど断熱仕様の平屋がおすすめの「ダイワハウス」
・すこし割高ながらランクダウンも手軽にできる「セキスイハイム」
・質が高くて安い平屋ができる大手ハウスメーカー「トヨタホーム」

 

上記に記した知識は、「新築の平屋」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「新築の平屋」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説