マイホーム 相談

最終更新日:2018年4月5日

あなたが知るべき「マイホームの相談」に関する知識を全て解説

あなたが知るべき「マイホームの相談」に関する知識を全て解説
マイホームの相談といえば、知識がない人にとっては非常に重要な要素ですが、相談相手によって得られる情報や自分がどのように動くべきかが変わってきます。

 

だからこそ、マイホームの相談について「誰に相談すればいいのか」「あの人に相談するとどうなるのか」と、いまだに納得いく回答を得られぬまま、ネットで様々なサイトを調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「マイホームの相談」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・銀行で行われるマイホーム相談の特徴ってどんな感じ?
・ファイナンシャルプランナーにマイホーム相談したいのだけど、やっぱり有料?
・両親にはマイホーム相談しない方がいいって、ネットに書いてたけど本当なの?
・マイホーム相談で展示場に行くとき、何に注意すればいい?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、マイホームの相談に着手してはいけません。

 

マイホームの相談に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたにプラスになる結果にはならないでしょう。

 

せっかくマイホームの相談に着手するのであれば、あなたにとってプラスになったうえで、今後のマイホーム取得までの道のりが有利になるようにしたいですよね?

 

そこで今回の記事では「マイホームの相談」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「マイホームの相談」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「銀行で行われるマイホーム相談の特徴」
  • 「ファイナンシャルプランナーのマイホーム相談の特徴」
  • 「両親にマイホーム相談する時の3つのポイント」
  • 「マイホーム相談で展示場に行くときの3つの注意点」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

銀行で行われるマイホーム相談の特徴

銀行で行われるマイホーム相談の特徴ト
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「銀行で行われるマイホーム相談の特徴」の要点

  1. 銀行は各支店の窓口や専用プラザで相談に応じてくれる
  2. 住宅ローン利用に付随する疑問や質問は確実に回答してくれる
  3. 金利についての相談をする時は「絶対的な回答ではない」と考える

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

銀行は各支店の窓口や専用プラザで相談に応じてくれる

店舗を持つ銀行の場合、各支店の窓口や、町の中心に設けられることが多い「住宅ローンプラザ」でマイホーム相談に応じています。

 

金融機関というと平日の昼間にしか窓口がオープンしていない、というイメージが強いかもしれませんが、ウィークデーの夜や休日も対応しているところも多いです。

 

基本的に住宅ローンに関することならば、あますところなく聞けて、「審査手順や必要書類など手続き」「自分の借り入れ可能金額や金利など返済額に関すること」「住宅ローンの種類や借り方の詳細」などを相談できます。

 

住宅ローン利用に付随する疑問や質問は確実に回答してくれる

手続きや事務的なことをレクチャーしてくれるだけでなく、返済計画のシミュレーションも実施してもらうこともできます。

 

また「夫婦で借り入れするにはいかなる方法が最高なのか」「返済が苦しい時はどうすればいいのか」など、よくある住宅ローンに関する疑問や質問に幅広く対応してくれるでしょう。

 

なお店舗を持たないネット銀行の場合は、専用のテレビ電話を活用した対面に近い相談ができる本格的な特別店舗もあり、「住宅ローンプラザ」という名称で運営している銀行も多いです。

 

店舗を持ち合わせている銀行と比較するとユーザビリティは劣るかもしれませんが、住宅ローン全般について色々と相談できるという点は変わりません。

 

金利についての相談をする時は「絶対的な回答ではない」と考える

住宅ローンの専門家と言える金融機関ですが、気を付けておきたいポイントもあります。

 

金利に関しては融資実行時点の金利が取り扱われますし、審査によっても適用金利は変わってきますので、マイホーム相談での説明や試算は絶対的なものではないことを覚えておきましょう。

 

この章で解説した知識については、当サイトの過去記事である「初心者必見!「住宅ローン相談」に行くまえに知っておくべき全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

これまで解説した知識よりも、もう一歩踏み込んだ記事になっているので、新たな知識を得ることができるでしょう。

 

以上、「銀行で行われるマイホーム相談の特徴」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「マイホームの相談」をうまく行う上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

次章ではあなたに「マイホームの相談」をより上手にしてもらうために、「ファイナンシャルプランナーのマイホーム相談の特徴」について詳しく解説していきます。

 

ファイナンシャルプランナーのマイホーム相談の特徴

ファイナンシャルプランナーのマイホーム相談の特徴
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「ファイナンシャルプランナーのマイホーム相談の特徴」の要点

  1. アドバイスだけで生計を立てるプロに相談すると5万円はかかる
  2. 不要な提案を受けることなく相談だけに集中できる
  3. 各業者とつながりがないので具体的な手続きは自分ですることになる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

アドバイスだけで生計を立てるプロに相談すると5万円はかかる

特定の金融機関に所属せず、またどの銀行や信販会社の代理店などもせず、アドバイスだけで生計を立てているファイナンシャルプランナーに相談する場合、相談料金は無料の場合はなく、ほぼ間違いなく有料になります。

 

何かの商品を販売しないということで、カウンセリング料金は5万円以上のところが多いうえ、中には融資することになった住宅ローンの借入額×1%、物件購入価格の1%と設定しているところもあります。

 

不要な提案を受けることなく相談だけに集中できる

相談するメリットはいらない保険やローン商品などの提案を受けることがないので、セールスを受けることなく安心して相談できる点です。

 

講師業や執筆などで儲けを出しているせいか、わざわざいらない保険を売ったりして稼ぐ必要性がない人たちなので、当たり前といえば当たり前でしょう。

 

彼らはほとんどのケースにおいて、経験も豊富にあるので、相談料が無料のファイナンシャルプランナーと比較するといいアドバイスをもらえますよ。

 

各業者とつながりがないので具体的な手続きは自分ですることになる

専業のファイナンシャルプランナーは保険やローン商品などの金融商品を仲介していないため、各種コストなどを試算できるようなツールは持っておらず、できたとしてもネット上で試算できる情報に限ります。

 

そのため、相談した結果マイホームに付随する保険を見直して新たに加入する必要が出たら、別の保険をハンドリングしているところへ出向いて、見直し内容を説明し、手続きをしなければいけません。

 

またローンについてもローンの直接な手続きについては銀行に連絡し、具体的なアドバイスはファイナンシャルプランナーにもらうという二度手間になります。

 

つまり、どうすればいいかはファイナンシャルプランナーにアドバイスを貰い、その結果を保険代理店や銀行に言い聞かせて手続きしてもらうという具合になるので少々面倒な流れを踏むことになるでしょう。

 

以上、「ファイナンシャルプランナーのマイホーム相談の特徴」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「マイホームの相談」をうまく行う上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

次章では「マイホームの相談」の中でも、もっともハードルが高いであろう、「両親にマイホーム相談する時」について詳しく解説していきます。

 

両親にマイホーム相談する時の3つのポイント

両親にマイホーム相談する時の3つのポイント
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「両親にマイホーム相談する時の3つのポイント」の要点

  1. 相談せずに事後報告で済ませるのはやめておいた方が良い
  2. 親心から色々と口出しされることを考慮して相談する
  3. 両親が家相について口出しする場合も大変ながらも対処できる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

相談せずに事後報告で済ませるのはやめておいた方が良い

これまでの両親とのコミュニケーションや結びつきによって、マイホーム相談後の流れは大いに変わってきます。

 

例えば「両親が同居を望んでいるのかどうか」、あるいは一番の核心的な問題点として「どちらの親のマイホームがより近いのか」が挙げられます。

 

家を購入する意思を親に相談すれば絶対に反対されるに違いない思っているのであれば、余計な相談は一切せずに事後報告で終えておきたいでしょう。

 

ネットで見ていても「援助してくれないのにイヤごとばかり言うので相談せず事後報告で良い」といった声が極めて多いのですが、果たしてそうでしょうか?

 

両親に相談をしても、アドバイスははっきり言って30年~35年前の古い知識になるので、現在とは僅かばかり異なる事もあります。

 

また、2世帯住宅を実は希望していたなんてびっくりするような言葉が出てくる可能性だって十分にあるでしょう。

 

そうした場合、事後報告で「ここに家を建築した」と伝えることになりますが、数十年後には介護が原因で何十キロもの距離を往復する可能性だって出てきます。

 

こうなると後悔することになるので、やはり事後相談ではなく「そろそろ家を購入しようと思っている」と先駆けて計画を伝えておくべきでしょう。

 

親心から色々と口出しすることを考慮して相談する

我が子が人生で一番高いショッピングをしようとしているならば、失敗しないよう後悔しないよう知らず知らず色々口出ししてしまうのも親心です。

 

親切からの口出しだと分かってはいるけれど、こちらが求めていない時に親心が押し寄せてくるとさすがに鬱陶しくなることでしょう。

 

口出しの内容にもよるのですが、1つの例としては、ハウスメーカーに対しての口出しの場合は、実際に親とともに住宅展示場やモデルハウスを見てもらって、自分達の気持ちを伝えてみましょう。

 

両親が家相について口出しする場合も大変ながらも対処できる

家の方角など家相について口出しをしてくるケースになると少々大変ですが、「お祓いを受けるならどこが一番いい選択なの?」などと具体的なアドバイスを聞いてみてください。

 

間取りについて突っ込みをされたくないのであれば、「転居後の家具の配置はどう気を付けたら良いのか」と親が口出ししてくるであろう「矛先」を少々修正してみることをおすすめします。

 

以上、「両親にマイホーム相談する時の3つのポイント」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「マイホームの相談」をうまく行う上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

次章では「マイホームの相談」に関してあなたに知ってもらうべく、「マイホーム相談で展示場に行くときの注意点」について詳しく解説していきます。

 

マイホーム相談で展示場に行くときの3つの注意点

マイホーム相談で展示場に行くときの3つの注意点
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「マイホーム相談で展示場に行くときの3つの注意点」の要点

  1. 住宅展示場への相談は知識がない状態で行くのはやめておいた方がいい
  2. 知識がない状態で相談をすれば営業マンのテクニックに翻弄される
  3. 質問・相談から営業につなげていくセールスマンが多いので要注意

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

住宅展示場への相談は知識がない状態で行くのはやめておいた方がいい

はっきり言って、最初の相談相手として住宅展示場へマイホーム相談に行くのはおすすめできません。

 

その理由は、住宅展示場は何の予備知識も持ち合わせてない人が、相談のために足を運ぶにはリスクが高すぎるからです。

 

何の予備知識もない状態で住宅展示場に足を運ぶと、冷静なマイホーム計画を組み立てることは極めて難しいです。

 

知識がない状態で相談をすれば営業マンのテクニックに翻弄される

住宅展示場へ行くと10社以上の魅力的な住宅が並んでおり、マイホーム相談をしようとしても、聞き取り調査をされてから家を案内されつつ営業されます。

 

その結果「なんだかよくわからないうちに自然と契約した」なんて方が大勢いますが、何も事前の知識をつけていない状態で家を見て相談をすれば、その会社が良く見えきて当たり前なのです。

 

そして「家の事もよく分からないし、予算も丁度良さそうな感じだからここで良いか」となってしまう確率が高まってしまいます。

 

質問・相談から営業につなげていく営業が多いので要注意

「そんなわけないだろう」と思う人も多いかもしれませんが、住宅展示場に入っている規模の会社のセールスパーソンはしっかり教育を受けていることが多いです。

 

教育がしっかりしている会社であれば、最初のマイホーム相談から家を契約するまでの流れを徹底的にトレーニングしており、質問にはこう答えると言ったいろんなシチュエーションも徹底的に叩き込まれます。

 

そんな訓練された営業マンに、純粋無垢な人がマイホームの相談を持ちかけると、回答・説明された住宅が素晴らしいモノのように、どうしても見えやすくなってしまいます。

 

その結果、相談どころかさらに一歩すすんで、見積もり内容も家の事もよく分からずに契約、さらには不必要なオプションが積み重なって予算を見て驚愕する、という結末になってしまうのです。

 

以上、「銀行で行われるマイホーム相談の特徴」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「マイホームの相談」をうまく行う上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「マイホームの相談」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【銀行で行われるマイホーム相談の特徴】
・銀行は各支店の窓口や専用プラザで相談に応じてくれる
・住宅ローン利用に付随する疑問や質問は確実に回答してくれる
・金利についての相談をする時は「絶対的な回答ではない」と考える

 

【ファイナンシャルプランナーのマイホーム相談の特徴】
・アドバイスだけで生計を立てるプロに相談すると5万円はかかる
・不要な提案を受けることなく相談だけに集中できる
・各業者とつながりがないので具体的な手続きは自分ですることになる

 

【両親にマイホーム相談する時の3つのポイント】
・相談せずに事後報告で済ませるのはやめておいた方が良い
・親心から色々と口出しされることを考慮して相談する
・両親が家相について口出しする場合も大変ながらも対処できる

 

【マイホーム相談で展示場に行くときの3つの注意点】
・住宅展示場への相談は知識がない状態で行くのはやめておいた方がいい
・知識がない状態で相談をすれば営業マンのテクニックに翻弄される
・質問・相談から営業につなげていくセールスマンが多いので要注意

 

上記に記した知識は、「マイホームの相談」をうまく実施するうえで、絶対に必要な知識のため、必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「マイホームの相談」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド