家購入 土地

最終更新日:2018年3月26日

「家建築のための土地購入」に関する知識を全て解説

「家建築のための土地購入」に関する知識を全て解説
家建築のための土地購入といえば、知識がない人にとっては非常に厄介で、ミスを招きやすいポイントとなるでしょう。

 

だからこそ、家建築のための土地購入について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「家建築のための土地購入」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・そもそも家建築のための土地購入に必要な費用ってどれくらい?
・購入する前に、良い土地の見つけ方を知っておきたい
・プロに家建築のための土地を安く購入するコツを教えてほしい
・家建築のための土地購入をするなら、何に注意すればいい?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、「家建築のための土地購入」に挑戦しようとしてはいけません。

 

失敗しない土地購入のために必要な知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく家建築のための土地購入に挑戦するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく土地を手に入れたいですよね?

 

そこで今回の記事では「家建築のための土地購入」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「家建築のための土地購入」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「自己資金が必要?家建築のための土地購入に必要な費用」
  • 「購入する前に知るべき家建築のための良い土地の見つけ方」
  • 「絶対に交渉すべし!家建築のための土地を安く購入する3つのコツ」
  • 「地盤や境界に要注意!家建築のための土地購入3つの注意点」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

自己資金が必要?家建築のための土地購入に必要な費用

自己資金が必要?家建築のための土地購入に必要な費用
まず解説するのは「自己資金が必要?家建築のための土地購入に必要な費用」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「自己資金が必要?家建築のための土地購入に必要な費用」の要点

  1. 手付金として物件価格の10%は用意しないといけない
  2. 場合によっては中間金として引き渡し前に多額の現金が必要
  3. 印紙税や仲介手数料・各種手数料の存在も忘れない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

手付金として物件価格の10%は用意しないといけない

売買契約時に支払う「手付金」は、売買にかかるコストの一部となるお金で、金額は代金の10%程度のケースが多いです。

 

売主と買主との話し合いで金額は変更され、契約から引き渡しの間に買主の都合で中止するなら手付金は返ってきません。

 

逆に売主からキャンセルされるケースになると、手付金の2倍の金額が支払われる仕組みになっています。

 

ちなみに手付金については、当サイトの過去記事である「売買契約の手付金解除とは何が違う?不動産売却のクーリングオフを解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

場合によっては中間金として引き渡し前に多額の現金が必要

引き渡し直前に行う残金決済には、売買コストから手付金を引いた金額を指定された売主の口座に振り込むのが一般的です。

 

このうち住宅ローンを借りて支払う分は、銀行や信販会社から直接振り込んでもらうこともできます。

 

金融機関には、ローンを申し込む前に必ず「残りの金額決済の期日までに振り込んでもらえるか」確認しておくべきです。

 

ちなみに売主との話し合いにより、取引きする前の所定の時期に、代金の一部を「中間金」として支払うケースもあります。

 

印紙税や仲介手数料・各種手数料の存在も忘れない

住宅ローンの審査を受け借入額などが決定したら、金融機関と住宅ローン契約(金銭消費貸借契約)を結ぶ仕組みです。

 

契約時に必須になるのがローン契約書に貼り付ける印紙代で、残金決済時には仲介手数料を所定の口座に振り込みます。

 

また土地取得から物件引き渡しまでの「つなぎ融資」が必要な住宅ローンの場合は、利子は当然のこと、や手数料も必要です。

 

ちなみにつなぎ融資については、当サイトの過去記事である「不動産売却の「つなぎ融資」とは?最低限おさえておくべき基礎知識を解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

以上、「自己資金が必要?家建築のための土地購入に必要な費用」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家建築のための土地購入」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「購入する前に知るべき家建築のための良い土地の見つけ方」について、次章では解説していきます。

 

購入する前に知るべき家建築のための良い土地の見つけ方

購入する前に知るべき家建築のための良い土地の見つけ方
次に解説するのは「購入する前に知るべき家建築のための良い土地の見つけ方」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「購入する前に知るべき家建築のための良い土地の見つけ方」の要点

  1. 大手から地場の業者まで多様な業者にコンタクトをとる
  2. なかなか売れない「建築条件付き土地」は狙い目
  3. 優先順位を決めないと満足いく土地はいつまでも出てこない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

大手から地場の業者まで多様な業者にコンタクトをとる

不動産業者が土地を売りたいお客さんをたくさん持つのであれば、直接良い情報をもらえるかもしれません。

 

大手企業の名を借りたフランチャイズ業者や古くから営業する地元の不動産業者など、種別を変えて回ってみましょう。

 

多すぎると中にはしつこい営業もあり、ひどい目に遭う事になるのでほどほどにしておくのがベストです。

 

なかなか売れない「建築条件付き土地」は狙い目

希望の土地に「建築条件付き」という、決定づけられた建築業者で建てなければならないという条件が付いていたりします。

 

通常は難しいですが、なかなか売れない土地のケースでは、交渉が可能な場合もありますので、ダメ元で交渉してみましょう。

 

優先順位を決めないと満足いく土地はいつまでも出てこない

一般的に誰もがほしいと思う土地はそんなに簡単には出回りませんので、少し視野を広げて、譲歩することも必要かもしれません。

 

優先順位を決めて妥協点を探っていけば、プランニング一つでオリジナリティあふれる家が出来上がることも可能です。

 

以上、「購入する前に知るべき家建築のための良い土地の見つけ方」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家建築のための土地購入」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「絶対に交渉すべし!家建築のための土地を安く購入する3つのコツ」について、次章では解説していきます。

 

絶対に交渉すべし!家建築のための土地を安く購入する3つのコツ

絶対に交渉すべし!家建築のための土地を安く購入する3つのコツ
次に解説するのは「絶対に交渉すべし!家建築のための土地を安く購入する3つのコツ」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「絶対に交渉すべし!家建築のための土地を安く購入する3つのコツ」の要点

  1. どんな土地でも「指値交渉」をすることを忘れない
  2. あまり高すぎる値引き額だと相手にされないので要注意
  3. 長期間売れていない土地はカンタンに値引きできる可能性大

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

どんな土地でも「指値交渉」をすることを忘れない

指値交渉とはいわゆる値下げ交渉のことで、「●●万円なら買います」というような交渉であり、必ず行うべきことです。

 

自社物件ならば不動産業者さんに直接オーダーするか、担当の住宅メーカーの営業マンに行ってもらうように依頼してください。

 

住宅メーカー営業マンは、土地まで頼み込んだら「契約してくれる可能性が高いのではないか」とあなたの味方になります。

 

具体的には「土地を決めるところまで関わることを可能になるのであれば、契約まで行くはずだ」という期待をもつのです。

 

味方である第三者を挟むことで売り手とバイヤー間での不和も無くなりますので、基本的には依頼することをお勧めします。

 

あまり高すぎる値引き額だと相手にされないので要注意

交渉価格はあまりにも不可能な価格を差し出すとまともに対応しないので、落とし所よりも少し低い額を提示しましょう。

 

端数がある場合は端数切りが落とし所になる事例が多いので、端数切りマイナス100万円くらいがベストラインです。

 

例えば3,480万円の土地であれば3,300万円で駆け引きをして3,400万円で落ち着く、というケースが多いです。

 

長期間売れていない土地はカンタンに値引きできる可能性大

不動産情報には公開年月日が記載されており、いつまでも売れてないなら、大幅な交渉をしても上手くいくかもしれません。

 

地主さんの気持ちになれば分かることで、困っているところに買い手が見つかれば安くても売ってしまいたくなるのです。

 

また交渉は価格だけではなく、古家が佇んでいる状態であれば「解体された更地の状態で引き渡し」という交渉にもできます。

 

さらに建築条件が付いている場合は「金銭を払うことなく建築条件外してくれたら買います」等の交渉が可能になってきます。

 

以上、「絶対に交渉すべし!家建築のための土地を安く購入する3つのコツ」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家建築のための土地購入」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「地盤や境界に要注意!家建築のための土地購入3つの注意点」について、次章では解説していきます。

 

地盤や境界に要注意!家建築のための土地購入3つの注意点

地盤や境界に要注意!家建築のための土地購入3つの注意点
次に解説するのは「地盤や境界に要注意!家建築のための土地購入3つの注意点」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「地盤や境界に要注意!家建築のための土地購入3つの注意点」の要点

  1. 土地を購入する前に事前の地盤チェックは絶対に忘れない
  2. 浸水被害や土壌汚染履歴を役所の土木課で確認する
  3. 境界がハッキリしていない土地は事前に測量しておく

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

土地を購入する前に事前の地盤チェックは絶対に忘れない

地震に強い家にするには建物の耐震スペックだけでなく、すべての下地・ベースとなる「家を支える地盤」も重要です。

 

建築前に地盤調査を行うのが一般的ですが、申し込み前の土地の場合は、役所に聞けば地質や地震時の揺れやすさがわかります。

 

具体的には最寄りの役所の土木建築課に行って質問すれば、液状化の可能性、浸水の可能性などの目安がわかりますよ。

 

浸水被害や土壌汚染履歴を役所の土木課で確認する

近くに川があり、低地にある土地は大雨で浸水する危険性があるため、過去の浸水履歴は各市町村役場で確認しましょう。

 

また、過去に工場などがあった土地のケースでは、土壌汚染調査の有無とその結果を不動産仲介会社に必ず確認しておくべきです。

 

境界がハッキリしていない土地は事前に測量しておく

土地を購入するなら、敷地の四隅などに打ち込まれている隣地との境界を意味する「境界標」があるかを確認しておきましょう。

 

ただし土地によっては境界標がキチンと明確になっていないので、境界が曖昧な場合は、きちんと測量をすることでトラブル防止になります。

 

以上、「自己資金が必要?家建築のための土地購入に必要な費用」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家建築のための土地購入」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「家建築のための土地購入」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【自己資金が必要?家建築のための土地購入に必要な費用】
・手付金として物件価格の10%は用意しないといけない
・場合によっては中間金として引き渡し前に多額の現金が必要
・印紙税や仲介手数料・各種手数料の存在も忘れない

 

【購入する前に知るべき家建築のための良い土地の見つけ方】
・大手から地場の業者まで多様な業者にコンタクトをとる
・なかなか売れない「建築条件付き土地」は狙い目
・優先順位を決めないと満足いく土地はいつまでも出てこない

 

【絶対に交渉すべし!家建築のための土地を安く購入する3つのコツ】
・どんな土地でも「指値交渉」をすることを忘れない
・あまり高すぎる値引き額だと相手にされないので要注意
・長期間売れていない土地はカンタンに値引きできる可能性大

 

【地盤や境界に要注意!家建築のための土地購入3つの注意点】
・土地を購入する前に事前の地盤チェックは絶対に忘れない
・浸水被害や土壌汚染履歴を役所の土木課で確認する
・境界がハッキリしていない土地は事前に測量しておく

 

上記に記した知識は、「家建築のための土地購入」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「家建築のための土地購入」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説