家購入 注意

最終更新日:2018年3月27日

事前に知るべき「家購入の注意点」を完全ガイド

事前に知るべき「家購入の注意点」を完全ガイド
家購入の注意点といえば、知識がない人にとっては非常に重要なポイントですが、不安を煽る要素でもあるでしょう。

 

だからこそ、家購入の注意点について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「家購入の注意点」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・頭金なしで家を購入する場合の注意点を知っておきたい
・家を購入するタイミングで注意すべきポイントは変わる?
・中古の家を購入する際の注意点をプロに教えて欲しい
・新築の家を購入する際の注意点って何がある?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、家の購入に挑戦しようとしてはいけません。

 

家購入の注意点に対する理解が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく家購入に挑戦するのであれば、自分が納得いった物件で、満足いく金額で購入したいですよね?

 

そこで今回の記事では「家購入の注意点」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「家購入の注意点」に関する知識はすべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「自己破産を招く?頭金なしで家を購入する場合の注意点」
  • 「出産と入学では違う?家を購入するタイミングで変わる注意点」
  • 「故障履歴が重要?中古の家を購入する際の3つの注意点」
  • 「絶対に満足できない?新築の家を購入する際の3つの注意点」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

自己破産を招く?頭金なしで家を購入する場合の注意点

自己破産を招く?頭金なしで家を購入する場合の注意点
まず解説するのは「自己破産を招く?頭金なしで家を購入する場合の注意点」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「自己破産を招く?頭金なしで家を購入する場合の注意点」の要点

  1. 頭金が少ないほど住宅ローン残高が売却価格を上回ってしまう
  2. 頭金なしだとローン返済が破綻して自己破産になるかもしれない
  3. 頭金がないよりもある方が安心した返済が可能になる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

頭金が少ないほど住宅ローン残高が売却価格を上回ってしまう

住宅ローンを返済することができなくなれば、せっかく手に入れた家を処分しなければならなくなります。

 

このとき、住宅ローンの残高以上の金額であなたの家が売れれば問題はないですが、中古市場ではそれが難しいケースが多いです。

 

とくに新築住宅を購入したときには、さほど使用年数が経っていなくても、2割以上の値下がりを考えなければなりません。

 

購入時の頭金が少なければ少ないほど、販売する価格よりも住宅ローン残高のほうが多い状態が長く続くので要注意です。

 

頭金なしだとローン返済が破綻して自己破産になるかもしれない

いざ住宅ローンの返済ができなくなり滞納がしばらくの間続くと、金融機関に対して保証会社が代位弁済をします。

 

そして、保証会社から任意売却そうでなければ、不動産競売による処分を迫られることが一般的です。

 

どちらの場合でも売却価格と住宅ローン残りの金額との差額は借金として残り、自己破産しなければ返済義務が付いて回ります。

 

任意売却すれば毎月の返済を少額にすることも出来ますが、家を失ったうえに借金の返済を続けるのは苦痛になるでしょう。

 

頭金がないよりもある方が安心した返済が可能になる

住宅ローン破綻の場合でなくても、頭金ゼロで手に入れると売却が難しくなることに変わりはありません。

 

住替えようとしても、価格が住宅ローン残高を上回らないときには、その差額を現金で支払わなければ売却は不可能です。

 

将来的に住替えや買換えを考えるのであれば、なおのこと少しでも多くの頭金を用意して購入することが必要になります。

 

この章で解説した知識については、当サイトの過去記事である「家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに詳しく解説した記事になっているのでここまで解説してきた内容が、より一層理解できることでしょう。

 

以上、「自己破産を招く?頭金なしで家を購入する場合の注意点」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家購入の注意点」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「出産と入学では違う?家を購入するタイミングで変わる注意点」について、次章では解説していきます。

 

出産と入学では違う?家を購入するタイミングで変わる注意点

出産と入学では違う?家を購入するタイミングで変わる注意点
次に解説するのは「出産と入学では違う?家を購入するタイミングで変わる注意点」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「出産と入学では違う?家を購入するタイミングで変わる注意点」の要点

  1. 出産後に家を購入するなら周辺環境は要チェック
  2. 子供の入園・入学のタイミングで買う時は完済時の年齢に要注意
  3. 定年退職後に買うなら破綻のない「綿密な返済計画」を立てる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

出産後に家を購入するなら周辺環境は要チェック

家を買うタイミングで最も多いタイミングが「子どもが産まれたとき」で、「子育てのしやすい家かどうか?」が重要になります。

 

子どもの成長に合わせて、幼稚園や小学校はどちらへ通わせるかを考えた上で、周辺環境は安全なのか調べておきましょう。

 

また妊娠中に住宅購入や引越しを実施するなら、当然ながらカラダに負担がかかることも考慮に入れておくべきでしょう。

 

子供の入園・入学のタイミングで買う時は完済時の年齢に要注意

購入のタイミングで2番目に多いのが、我が子が幼稚園・保育園に入園するとき、あるいは小学校への入学するときです。

 

特に子どもが小学校に通い始めてからの不動産の入手は、転校になるため、入園や入学時期は確実に意識すべきところです。

 

また早いタイミングで家を買った世帯と見比べると、住宅ローンの支払い開始が遅くなってしまうのも覚えておきましょう。

 

30代で子どもを持った場合、幼稚園に入るタイミングでは、ローンを返済する世帯主が40代を超えることも考えられます。

 

世帯主の年齢が高くなると、住宅ローンで貸してもらえる金額が少なくなるので、さらに十分な貯蓄が必要になるでしょう。

 

定年退職後に買うなら破綻のない「綿密な返済計画」を立てる

近年増加しているのが、定年退職を済ませた後に夫婦2人になってから家を買うパターンです。

 

今まで貯めたお金と退職金を合算してキャッシュで家を買い、老後に安心かつ快適な住まいで生活をするのです。

 

ただ定年退職後に住宅を購入するケースになると、老後資金のバランスに注意しなければなりません。

 

「終の住まい」はあるけれど、老後の生活に使う経費がなく、余裕のない生活が続いてしまうのは現実的ではないです。

 

年金がいくらくらい貰えて、月々でどの程度の支払いがあるのかをしっかり計算し、計画的な老後を過ごしたいところです。

 

以上、「出産と入学では違う?家を購入するタイミングで変わる注意点」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家購入の注意点」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「故障履歴が重要?中古の家を購入する際の3つの注意点」について、次章では解説していきます。

 

故障履歴が重要?中古の家を購入する際の3つの注意点

故障履歴が重要?中古の家を購入する際の3つの注意点
次に解説するのは「故障履歴が重要?中古の家を購入する際の3つの注意点」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「故障履歴が重要?中古の家を購入する際の3つの注意点」の要点

  1. 中古住宅を購入するなら物件に関する「あらゆる情報」を集める
  2. 現在の故障から過去の故障履歴までキッチリと把握しておく
  3. 場合によっては建築士などを使って物件状況を調べる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

中古住宅を購入するなら物件に関する「あらゆる情報」を集める

中古住宅を購入する場合、経年劣化による各種パフォーマンスの低下もあれば、個別の傷みや故障・不具合もありえます。

 

だからこそ現在買おうとしている中古住宅の「実際の姿」については、できる限り情報を入手することが大切です。

 

現在の故障から過去の故障履歴までキッチリと把握しておく

故障や不具合がない情報よりも、むしろ今日の時点での故障や不具合や、過去の履歴に及ぶまでの情報を入手するのが重要です。

 

予め情報を得られれば、納得のうえでの購入に関するジャッジができ、予めリフォームの見積りにも反映することができますよ。

 

場合によっては建築士などを使って物件状況を調べる

中古住宅への不安は、故障・不具合があるかないかよりも、情報量の少なさによるところが大きいです。

 

そのため建築士などの専門家と連携して、住まいの状態を把握したうえでの住宅の購入が賢い選択といえるでしょう。

 

しかしながら、中古住宅には見えない部分も多数あるため、情報提供に積極的な売り主であっても、限界があります。

 

建物に不具合があった場合の対応などを、契約成立前によく確認することが大切です。

 

以上、「故障履歴が重要?中古の家を購入する際の3つの注意点」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家購入の注意点」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「絶対に満足できない?新築の家を購入する際の3つの注意点」について、次章では解説していきます。

 

絶対に満足できない?新築の家を購入する際の3つの注意点

絶対に満足できない?新築の家を購入する際の3つの注意点
次に解説するのは「絶対に満足できない?新築の家を購入する際の3つの注意点」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「絶対に満足できない?新築の家を購入する際の3つの注意点」の要点

  1. 建売新築で100%満足いく物件と出会うのは絶対に不可能
  2. 満足いく物件にしたいなら自分の「テコ入れ」を前提とする
  3. 建売は安く買えることが多いので資産としての費用対効果は高い

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

建売新築で100%満足いく物件と出会うのは絶対に不可能

建売住宅は間取りが既に決まっているため、あなたにとって100%納得できる間取りに出会うことはできません。

 

とくに売れ残っている物件は、間取りや設備などなにかしら問題があることが多いでしょう。

 

だからこそ、デメリットを少しのお金を投入して改善することで、安いのに理想的な物件を購入できます。

 

満足いく物件にしたいなら自分の「テコ入れ」を前提とする

間取りと同様に、外観もなかなかしっくりとくる物件に出会うことがありません。

 

しかし外観の場合、家の前にトレンディな仕切り壁を立てるなど、アクセントを入れることで印象はガラリと変わります。

 

外観も自分で工夫することを考慮して、手にすることができる物件の幅を広げるのをオススメします。

 

建売は安く買えることが多いので資産としての費用対効果は高い

建売住宅のメリットは、資産価値を発揮しやすいことで、建売住宅を選べば、必然的に費用対効果の高い家を購入できます。

 

建売住宅の場合、不動産会社が格安で土地を買い入れている場合もあり、土地の価格を抑えても利益が出るでしょう。

 

そのため、購入者にとっては嬉しいプライスとなり、価値のある土地を購入することも比較的容易になっています。

 

以上、「自己破産を招く?頭金なしで家を購入する場合の注意点」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家購入の注意点」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「家購入の注意点」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【自己破産を招く?頭金なしで家を購入する場合の注意点】
・頭金が少ないほど住宅ローン残高が売却価格を上回ってしまう
・頭金なしだとローン返済が破綻して自己破産になるかもしれない
・頭金がないよりもある方が安心した返済が可能になる

 

【出産と入学では違う?家を購入するタイミングで変わる注意点】
・出産後に家を購入するなら周辺環境は要チェック
・子供の入園・入学のタイミングで買う時は完済時の年齢に要注意
・定年退職後に買うなら破綻のない「綿密な返済計画」を立てる

 

【故障履歴が重要?中古の家を購入する際の3つの注意点】
・中古住宅を購入するなら物件に関する「あらゆる情報」を集める
・現在の故障から過去の故障履歴までキッチリと把握しておく
・場合によっては建築士などを使って物件状況を調べる

 

【絶対に満足できない?新築の家を購入する際の3つの注意点】
・建売新築で100%満足いく物件と出会うのは絶対に不可能
・満足いく物件にしたいなら自分の「テコ入れ」を前提とする
・建売は安く買えることが多いので資産としての費用対効果は高い

 

上記に記した知識は、「家購入の注意点」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「家購入の注意点」の知識をうまく使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説