家購入 迷う

最終更新日:2018年2月6日

「家の購入を迷う人」に対して必要な知識を全て解説

「家の購入を迷う人」に対して必要な知識を全て解説
家を購入すべきかどうか迷う人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・賃貸との違いがよく分からなくて、家を購入するか迷う・・・
・家の購入で迷っているけど、なかなか決断できない
・迷いを吹っ切るほどの良い家が見つかる方法はないだろうか・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、家の購入に挑戦しようとしてはいけません。

 

迷いを払拭するための知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかく家を購入するのであれば、自分が納得いったうえで、満足いくマイホームになってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では、家の購入を迷う人が持つ疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたのような「家の購入を迷う人」が知るべき知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「家を購入するか迷う人が知るべき賃貸との比較」
  • 「家の購入で迷うときの上手な決断方法」
  • 「購入を迷う人が知るべき低価格で質の良い家の手に入れ方」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

家を購入するか迷う人が知るべき賃貸との比較

家を購入するか迷う人が知るべき賃貸との比較
まず紹介するのは「家を購入するか迷う人が知るべき賃貸との比較」です。

 

夢のマイホームという言葉、一度は聞いたことがあるでしょう。

 

それほど、多くの人が家を持ちたいという夢を持っています。

 

しかし、家を建てるのは、人生で一番大きな買い物です。

 

多額のお金が掛かり、時には経済状況を一変させることもあるでしょう。

 

人生を揺るがす多額のお金で、家を建てる必要があるのか迷っていませんか?

 

そこでこの章では賃貸を比較しながら、家を持つメリットをみていきます。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

家を購入するか迷う人が知るべき賃貸との比較

  1. 家購入における一番のメリットは「満足」と「安心」
  2. 家購入のデメリットは引っ越しができないこと
  3. 生涯的に支払う総額は賃貸の方が多い
  4. 長期間住むのであれば持ち家がお得になる

 

家購入における一番のメリットは「満足」と「安心」

持ち家の一番のメリットは、一生涯過ごすことができるマイホームを入手することです。

 

マイホームには大きな幸福感と、住む場所の保持・持続という大きな安心があります。

 

自分の家だから、家族の成長にあわせて間取りを変更するのもカンタンです。

 

好みにあった内装に変更するのもOKで、基本的に自由にリフォーム可能です。

 

あなた専用書斎や、みんなのリビングなど理想のライフスタイルを実現できます。

 

持ち家があることは、お金を借りたいときなど社会的な信用にも繋がります。

 

また持ち家に住まなくても、賃貸住宅で貸すなど有効活用できるのも魅力です。

 

家購入のデメリットは引っ越しができないこと

持ち家の一番のデメリットは、家族構成が変わることに対応できないことです。

 

ライフスタイルが変わったりしても、簡単に住み替えができません。

 

自由にリフォームができても、転勤や住環境の変化へ対応するのは難しいです。

 

住み替えの売却は、手に入れた金額との差異が出るなどの問題要因が出ます。

 

住み替えについては、当サイトの過去記事である「住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

生涯的に支払う総額は賃貸の方が多い

多くの人が「家が欲しい」と思っているにも関わらず、購入に踏み切れません。

 

おそらく生涯で支払うお金のことが、気になっているからではないでしょうか。

 

不安を消すためには、実際の支払い総額を知りましょう。

 

実際の支払い総額を知るには、ローンシミュレーションを使うのが一番です。

 

月々の支払い金額から試算すると、家賃と比較対照しやすいでしょう。

 

賃貸料は完済そのものがないため、限りなく支払いが付いて回ります。

 

しかし持ち家の場合は完済すれば、自分の資産になります。

 

結果的に、後の支払いからは開放されるでしょう。

 

ただ持ち家の優位性を納得するには、もっと「対比」させなければいけません。

 

賃貸料を払い続けた場合の支払総額と、ローン支払い総額を比べてみましょう。

 

同等規模の物件であれば、結果的に賃貸での支払い総額が上回ってしまいます。

 

シミュレーションを使っても、同じ結果が出るのではないでしょうか。

 

修繕費や税金も長く住むと圧縮される

持ち家には固定資産税の支払いや、修繕費などの負担があります。

 

しかし長く住めば、生涯支払い総額は少なくてすみます。

 

ローンの返済で気になるのは、あなた自身になにかあったときだけです。

 

多額のローンが残るというシチュエーションは、なんとしても避けたいものでしょう。

 

しかし住宅ローンには、団体信用生命保険(団信)があるので心配無用です。

 

ローンの返済者に万一の事があっても、保険適用でローンがチャラになります。

 

団体信用保険については、「3大疾病保障付き家の購入を大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

長期間住むのであれば持ち家がお得になる

持ち家と賃貸についての比較をすると、どちらも長所とデメリットがあります。

 

しかし引越しを繰り返すような状況でない限り、持ち家が勝るでしょう。

 

金銭・資産・満足度からみて、長く住めば住むほど持ち家がお得といえます。

 

ただ、最終的に持ち家のメリットは「持ち家を手に入れた満足」に尽きます。

 

自分の家があり、家族の成長を見守れるという幸せは、代えがたいものです。

 

転勤が多く定住出来ないという方にも、「分譲賃貸」として貸し出す方法もあります。

 

資産として存在するものを持っておくことは、後々の安心にもなるでしょう。

 

ここまでは、「家を購入するか迷う人が知るべき賃貸との比較」をお伝えしました。

 

家の購入と賃貸を比較すれば、最終的には購入がお得になると、理解していただけたと思います。

 

ただし、まだまだ腑に落ちておらず、悩んで決断できていないのではないでしょうか。

 

そこで次は「家の購入で迷うときの上手な決断方法」について紹介していきます。

 

家の購入で迷うときの上手な決断方法

家の購入で迷うときの上手な決断方法
不動産購入で購入するかどうかの判断は、結果的に直感で決まります。

 

安さ、周辺環境、何かしらの問題、不動産屋の相性も関わってくるでしょう。

 

しかし結果的に決断を下すのはあなたの意思です。満足するためには絶対に必要です。

 

そこでこの章では、家の購入で重要になる「決断方法」について紹介していきましょう

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

家の購入で迷うときの上手な直感との付き合い方

  1. 即決できないのは当たり前
  2. 専門家の意見と直感どちらを信じればいいのか
  3. 煽りと焦りに負けては損する
  4. 直感を信じて心底納得できる家を選ぶべし

 

即決できないのは当たり前

不動産ではなくて洋服や小物であったら、簡単に購入出来るでしょう。

 

しかし家の購入となると、話は大幅に変わってきます。

 

高い買い物ですから、物件を見てその場で即決という訳にはいきません。

 

筆者の経験上、たまに即決するタイプがいました。しかしごく希な存在です。

 

大抵の場合、一生に一度のお買い物なので、慎重に決めたいと思っています。

 

最近は超・低金利時代で、1%を下回る金利が続いています。

 

利息を払う分が少ないことから、「いつかは」と検討している人もいるでしょう。

 

しかし、初めて家を購入する人にとっては、どうしても慎重になります。

 

ましてや中古物件の場合は、リスクが伴うので簡単に決めれないでしょう。

 

専門家の意見と直感どちらを信じればいいのか

専門家の意見を取り入れる程、頭で考えてしまいがちです。

 

専門家の意見によって、気持ちが左右されることも多いでしょう。

 

気が付くと、物件見て何を感じ、どう思ったか忘れてしまいます。

 

特に中古物件に関しては、100%理想の中古物件に巡り合うのは不可能です。

 

そこで、妥協をするためにプロの意見が必要です。

 

しかし、プロの意見は所詮妥協するための材料でしかありません。

 

どこまで納得しようと頑張っても拒絶してしまうでしょう。

 

無理矢理納得して購入しても、後で大きな後悔がまっています。

 

煽りと焦りに負けては損する

結局、家の購入に関して、理想の条件を求めるなら予算次第です。

 

予算をどれほど使えるか、このポイントに限ります。

 

予算が少なければ、少なからず妥協する必要があるでしょう。

 

妥協が許せる限度内であれば、問題ないです。

 

無理して妥協すると、買った後、我慢した点が後々引っかかって後悔しかねません。

 

ハッキリいって絶対にイエスだと言えないなら、それはノーと同義です。

 

目の前に突如として、それなりの物件が現れたら、焦ります。

 

「チャンスを今逃したらもう二度とないかも」という気持ちに陥りがちです。

 

そんな時に不動産屋から、不本意に煽られたらどうしますか?

 

「早い者勝ちです」と焦るような言葉を掛けられてしまうのです。

 

今このチャンスを逃したら、もう後がないって気持ちになるでしょう。

 

しかし焦りに負けてはダメです。チャンスはこれだけではありません。

 

もしかしたら、もう少し待てば、理想的な家に巡り合うかも知れませんよ?

 

直感を信じて心底納得できる家を選ぶべし

あなたの過去を振り返ってみてください。

 

心底納得できる決断は、「これだ!」という直感から、行動していませんか?

 

タイミングもよく、何の問題もなくして、楽々手に入れているはずです。

 

就職活動や進路を決めたり、ましてはスマホ選びなどでも経験あるでしょう。

 

不動産は高い買い物ですので、購入失敗が許されません。

 

失敗したら、すぐに売れば良いと言った簡単なものではないのです。

 

だからこそ、不動産屋からの「煽り」なんて気にしてはいけません。

 

直感に基づいたあなた意志で、マイホームを買うかどうか選べば良いのです。

 

少しでも「?」と思ったり、迷いがあればきっぱりとやめる選択をしましょう。

 

ここまでは、「家の購入で迷うときの上手な決断方法」をお伝えしました。

 

家の購入で迷うとき、どんな考え方をもって決断すればいいのか、理解していただけたと思います。

 

ただ「迷いを吹っ切るほどの良い家が見つかる方法はないだろうか」と考えているのではないでしょうか。

 

そこで次は「購入を迷う人が知るべき低価格で質の良い家の手に入れ方」について紹介していきます。

 

購入を迷う人が知るべき低価格で質の良い家の手に入れ方

購入を迷う人が知るべき低価格で質の良い家の手に入れ方
購入を迷う要因の一つは「予算」と「理想」のギャップです。

 

ギャップのせいで迷うなら「ローコスト住宅」を選択してみてはどうでしょう。

 

低価格で建つローコスト住宅は、ギャップを埋める選択肢として最適です。

 

しかし、価格を低くできる仕組みや、良い点・悪い点の理解は必須です。

 

ローコスト住宅の注意点などを知らないと、100%満足はできません。

 

すぐに飛びつく前に、ローコスト住宅に関する基礎知識を学んでおきましょう。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

押さえておくべきローコスト住宅の必須知識

  1. ローコスト住宅のメリット・デメリット
  2. ローコスト住宅を採用する際の注意点
  3. 知っておくべきローコスト住宅の失敗例
  4. 質の良いローコスト住宅を建築できる会社を見つける方法

 

ちなみにローコスト住宅については、当サイトの過去記事である「ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説」にて詳しく解説しております。

 

ローコスト住宅を深掘りしたい人は、上記の記事を先に見るのもアリですよ。

 

ローコスト住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅の定義は、ハウスメーカーや工務店によって異なります。

 

大まかにいえば、「低価格で品質やデザインなどが良い家」といえるでしょう。

 

そんなローコスト住宅の評価できるポイントや悪いところを一気にまとめてみます。

 

ローコスト住宅のメリット

なんと言っても価格が安いのは最大のメリットでしょう。

 

また低価格なのにデザインや設備をある程度好みのものを選べるのも魅力です。

 

さらに工期が短く済む場合が多く、家づくりに関わるのもアドバンテージです。

 

ローコスト住宅のデメリット

低価格の仕方ないですが、標準仕様なので間取りや外観がシンプルになります。

 

また標準仕様のグレードを嫌がった場合、追加料金がかさむのも問題でしょう。

 

さらに施工管理などに不安がある会社もわずかながら存在します。

 

なぜローコスト住宅は安いのか

住宅建設のコストを下げるためには、いくつかのポイントがあります。

 

まずは、形や間取りをシンプルにし、壁や窓、ドアなどを極力減らすことです。

 

手間や費用がかかってしまう、和室をなくすと費用を削減することが可能です。

 

施主側が要望の見直しをして、ある程度の妥協をすれば安くなるでしょう。

 

工夫することで、コストを抑えることができるのである種の面白みも出ます。

 

また、住宅企業側の努力によって、安い価格を実現しているケースもあります。

 

規格住宅として、使用する建材を大量に発注す、安価で仕入れているのです。

 

結果的に同じ建物の繰り返しなので、品質を落とさずに人件費を落とせます。

 

このように企業努力と工夫にて低価格になるのが、ローコスト住宅なのです。

 

ローコスト住宅を採用する際の注意点

ローコスト住宅で失敗しないためには、コツがあります。

 

標準仕様として、どんな工事や設備が含むのかをきちんと確認することです。

 

標準仕様の間取りがシンプル過ぎるのも注意しなければいけません。

 

耐震性や断熱性など、住宅性能が十分でない可能性が大です。

 

不十分を補うために、オプション追加が多くなってしまうでしょう。

 

最終的にはローコスト住宅でなくなってしまう可能性も、十分にありえます。

 

また工事中に自ら現場に足を運んで施工をチェックするのも必要です。

 

悪質な業者によっては、こっそり「手抜き」しているかもしれません。

 

このように満足いく家に仕上げるには、施主自らが積極的に動くのが重要です。

 

知っておくべきローコスト住宅の失敗例

ローコストとはいえ、大金が動くのは間違いありません。

 

失敗したくないのであれば、事前に失敗例は押さえておきましょう。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

知っておくべきローコスト住宅の失敗例

  1. 狭くしすぎて生活しにくい
  2. 部屋数が少なすぎて窮屈
  3. 客間がなくて接客しにくい
  4. オープンスペースのトイレにした
  5. 吹き抜けのせいで光熱費がかさむ
  6. 安いクロスにしたら掃除が大変になった

 

狭くしすぎて生活しにくい

土地面積の都合などで、コンパクトな家を建ててしまうこともあるでしょう。

 

コンパクトすぎると、引っ越しで冷蔵庫などの搬入に苦労します。

 

さらにリビングが狭いので来客があると人でいっぱいになってしまうでしょう。

 

このようにコンパクトが原因で、窮屈な思いをされているケースが多いです。

 

部屋数が少なすぎて窮屈

小さな家にするので、子ども部屋を作らなかったという人は多いです。

 

しかし「やはり作っておけばよかった」というご家庭も少なくありません。

 

最近は子どもをリビングで勉強をさせるご家庭も多いです。

 

そのせいか、あえて子ども部屋を作らないというご家庭もよく見られます。

 

しかし、お子さんが年頃になってくると状況が変わってくるのです。

 

プライベートな時間を確保したいと思うようになり、部屋数が足りません。

 

結果的に部屋数を少なくしたことを、後悔するご家族が生じてしまっています。

 

客間がなくて接客しにくい

家が小さくしたいので、客間は作らないという判断をする人は多いです。

 

しかし「やっぱり作っておけばよかった」と、後で後悔する人も多数います。

 

「宿泊する来客は多くないから」と思っていても、状況はかわるもの。

 

新居なので、たまに泊まりに来る親類や友人は少なくないのです。

 

その際、就寝スペースがないと、不便に感じてしまうでしょう。

 

そこまで広くしなくてもよいので、客間は用意しておいたほうがベターです。

 

オープンスペースのトイレにした

小さな家で個室を多くしてしまうと、仕切りで圧迫感を感じてしまいます。

 

そのため、洗面所とトイレをオープンスペースにする家が多くなっています。

 

具体的にはトイレの個室を作らないという設計にするのです。

 

しかし実際に住み始めてみると、住みにくさが際立ちます。

 

家族の誰かがトイレにいると、洗面所を使えません。

 

家族みんなが水回りを要する忙しい朝は、かなり不便になってしまうでしょう。

 

来客時も抵抗を感じる人も多いので、トイレは個室を設けたほうがベターです。

 

吹き抜けのせいで光熱費がかさむ

吹き抜けを作ることで、上階の床を作らなくて済みます。

 

コストを抑制できる上に、開放感を有しているので採用する人は多いです。

 

しかし吹き抜けにすることで、冷暖房の効果が激減するのをご存じですか?

 

光熱費がかさみ、結果的にコストダウンにつながらない実例は多いです。

 

また、吹き抜けにすることで、下階の声が上階に響くもの問題です。

 

夜間の生活に気を使わなければならないので、住みにくさが際立ちます。

 

安いクロスにしたら掃除が大変になった

コストダウンを目的とし、壁をビニールクロスにしたという事例は多いです。

 

しかし生活する上で汚れがつきやすく、掃除が大変になってしまいます。

 

時間が経過するごとに、クロスのつなぎ目が目立ち、見た目が悪くなります。

 

後悔したくないなら、クロスの選択は慎重に行ったほうがよいでしょう。

 

質の良いローコスト住宅を建築できる会社を見つける方法

うまく設計すればローコスト住宅は、家の購入を迷う人にぴったりの住宅です

 

良質な業者にであえば、あなたが100%満足いく家ができるでしょう。

 

しかしどの業者なら良い住宅を建てられるかなんて、分からないですよね?

 

そんな方に「HOME’Sの一括資料請求サービス」を筆者はオススメしています。

 

予算を入力すれば、希望に沿った金額で建築できる企業が一発でわかります。

 

そのうえで、資料を一気に取り寄せできますよ。

 

なるべく複数の業者を色々と対比させたいという方には、もってこいです。

 

初心者のために土地探しサポートや、資金計画書作成も無料で行ってくれます。

 

お得に理想の家を手に入れたいなら、「HOME’S」のサービスがお勧めです。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、家の購入を迷う人にむけて、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、迷いを払拭するための知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今、家の購入を迷うのであれば、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説