家購入 値切り

「家の購入における値切り」を完全ガイド

最終更新日:2018年2月6日
「家の購入における値切り」を完全ガイド
「家の購入における値切り」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・家の購入で利用できる値切りテクニックを教えて欲しい
・自分が狙っている物件は、値切りができるだろうか・・・
・家の購入で値切りできなかった時の対処方法が知りたい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、「値切り」に挑戦しようとしてはいけません。

 

家の購入における値切りに必要な知識が足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかく家の購入で値切りに挑戦するのであれば、自分が納得いく結果になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「家の購入における値切り」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知るべき「家の購入における値切り」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「家の購入で利用できる値切りテクニック7選」
  • 「家の購入で値切りできなかった時の4つの対処法」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

家の購入で利用できる値切りテクニック7選

家の購入で利用できる値切りテクニック7選
まず紹介するのは「家の購入で利用できる値切りテクニック7選」です。

 

せっかく家を買うのであれば、やはり安く買いたいですよね。

 

この章では元・不動産業者の筆者が、家の値引き交渉術を伝授しましょう。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

家の購入で利用できる値切りテクニック7選

  1. 3月になると大幅な値切りが可能になる
  2. なぜ買うのかハッキリと伝えれば値切りできる
  3. ローン事前審査を通しておくと有利になる
  4. 現金一括で値切りできるケースもある
  5. 不動産業者相手でも通用する心理テクニックがある
  6. モデルルームで使用した家は値切りしやすい
  7. 不動産業者の「焦らし」は本気にしない

なお今回の値切りテクニックは、新築物件に使える技となっています。

 

中古住宅にも使えるテクニックではありますが、若干の応用が必要です。

 

もし中古住宅を狙っているのであれば、当サイトの過去記事である「不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

安くて良い中古住宅を手に入れる方法について、より理解できることでしょう。

 

3月になると大幅な値切りが可能になる

3月末は多くの企業が決算日です。当然ながら不動産業界も同じです。

 

「在庫処分だ」「売れるだけ売るべし」と、どの会社も焦っている時期といえるでしょう。

 

各セールス万にきついノルマが課せられて、会社をあげて非常に落ち着きのない時期です。

 

開発業者は建物が出来上がって数ヶ月以内に、建築費用を全額支払う必要があります。

 

万が一売れ残りが見られると、売れ残りの分はコスト費用が入ってきません。

 

足りない分を借り入れしてまで、建設費を収めなくてはいけないのです。

 

自分で資金を集められない開発業者は、銀行からの借金が必要になります。

 

しかし売れ残りがあるままでは、銀行に対するメンツもたちません。

 

もしかすると次の融資は渋られて、あらたな分譲計画が頓挫する可能性も。

 

だからこそ、なんとかして完成するまでに売りたいと思っています。

 

焦った営業マンはカンタンに値引きしてくれる

焦った営業マンはカンタンに値引きしてくれる
不動産のプロである業者が、焦るとどうなるでしょうか。

 

「高いままでは売れないなら、安くしよう」と一辺倒になります。

 

安くしてでも在庫をなくして、利益に計上したいと考えます。

 

焦っている時期こそが、企業にとって大切な決算時期です。

 

売れないと、営業マンの営業成績にも響いてきます。給料も下がるでしょう。

 

このように3月はケタ違いに、焦っている業者さんが多い時期です。

 

3月になるだけで、大幅な値引きが期待できるといっても過言ではないです。

 

3月に買うべきでない完成物件とは

1月から3月にかけて、新聞の不動産の折込チラシが異様に増えます。

 

年末なんてまったく入らなかったのに、年が明けると一変します。

 

日曜日になると、ほとんどが不動産のチラシであふれ返っているでしょう。

 

そんな時、目に付くのが「3月完成予定」「即入居可」と書かれたチラシです。

 

上記のフレーズがデカデカと載っている物件は、買うのはやめましょう。

 

売れないのは理由があるので、住環境に何かしらの問題があるかもしれません。

 

また決算期に合わせるために、突貫工事で作った可能性だって考えられます。

 

昨今、性能評価が重要視されているので、あまり見かけるケースではないです。

 

しかし家を作るのは、職人さんという人間です。ミスもありえます。

 

大量生産しているうえに、上に焦らされると、欠陥が出るリスクも高まります。

 

念のため、リスクを避けるために内装等は、しっかりとチェックしましょう。

 

実際に筆者は3月完成物件で、手抜きがある物件をたくさん見てきています。

 

工事期間が短いのにも関わらず、3月に完成する物件は要注意です。

 

なぜ買うのかハッキリと伝えれば値切りできる

「親の近くにどうしても住みたい」「子供が進学だから場所を決めたい」

 

上記のような家を買う目的を、はっきりと営業担当に伝えてみましょう。

 

業者は顧客に飢えているので、明確に買う意思がある人を優遇します。

 

不動産業者は「買わない人を相手にしているヒマなんてない」と考えています。

 

だからこそ買う意志を見せれば、業者も本気を見せてくれるでしょう。

 

ローン事前審査を通しておくと有利になる

金銭的に問題ない人であることを、業者にアピールしておきましょう。

 

事前にローンの仮審査を通しておくのが、もっともわかりやすいアピールです。

 

また源泉徴収票、住民票、印鑑証明をそろえておくのもいいでしょう。

 

「買う気満々です!」という態度を、間接的に業者に見せつけられます。

 

書類調達はちょっとお金がかかりますが、値引き額に比べたら安いものです。

 

「ローン通過済み」といえば、営業マンの顔色が一瞬で変わります。

 

業者も本気になるので、値切りがしやすい関係性になりますよ。

 

住宅ローン仮審査については、当サイトの過去記事である「審査基準から甘い銀行まで解説!住宅ローン「事前審査」完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

現金一括で値切りできるケースもある

買う気があるアピールの一環として、「現金購入」も効果的です。

 

出来る方がなかなかいないからこそ、業者にとってはインパクト大です。

 

「すぐに買える人だ」と思われ、さらに値引きをしやすくなります。

 

また全額キャッシュでなくてもOKです。

 

頭金を多く用意できた場合でも、不動産業者は本気になってくれますよ。

 

有利に話を進めたいなら、しっかりと貯金はしておくようにしましょう。

 

不動産業者相手でも通用する心理テクニックがある

不動産は様々な心理テクニックがあります。素人には難しいと思うでしょう。

 

しかし不動産業者も人間です。心理テクニックは普通に通用します。

 

最も簡単な心理テクニックは、「良い客」を演出することです。

 

「値引きしろ」「早く安く買いたい」なんて気持ちを前面に出してはダメです。

 

こんな高圧的なお客さんに、果たして家を売りたいと思うでしょうか?

 

自分が売る方だったら、やっぱりイヤになってしまいますよね。

 

「買う意志がある」「買える信用力もある」とアピールするだけでいいのです。

 

やたら高圧的にならずに、業者にとって魅力的な自分になることが大事です。

 

不動産業者に「あなたに買って欲しい」と思わせるよう努力しましょう。

 

営業を手玉にとる心理テクニック

「営業さんも、色々大変ですよね」と言って、相手を油断させましょう。

 

油断させた後に、値引き交渉開始です。

 

最初は「500万円引きしてください」と、強気の値段を言ってみるのです。

 

営業は「それはちょっと無理です」と、値段提示にびっくりするでしょう。

 

その後に「では300万円引きなら、前向きに検討します」と言います。

 

これだけに値引きが成功するケースも多いです。ぜひ真似しましょう。

 

もし応じなかったら「競合物件を買うからいいです」と突き放してください。

 

一度断られても、また値下げを許可される可能性大です。

 

今回紹介した心理テクニック以外にも、たくさんのテクが紹介されていますよ。

 

一度の値切りで諦めてはダメ

1度の交渉で、諦めていけません。何度も会ったりしてみることも、大事です。

 

人によっては家の価格以外にも、仲介手数料まで下げるケースもあります。

 

粘るだけでここまで結果が変わるのですから、最後まで諦めてはいけません。

 

値引き交渉術は、相手に好意を持たせるための心理テクニックです。

 

不動産業者を味方にさせたら、もうこっちのものです。

 

追うより追われるようにさせる、心理テクニックを身につけて実戦しましょう。

 

モデルルームで使用した家は値切りしやすい

モデルルームで使用した家は値切りしやすい
値引き交渉術も大切なのですが、値引きされやすい住居を狙うのも重要です。

 

値引きされやすい住宅の例として、「元・モデルルーム物件」が挙げられます。

 

チラシをみていて「家具付き物件」と書いた広告がでてきたらチャンスです。

 

家具付き物件はモデルルームに使っていた物件と同義になります

 

家具付き物件がでてきたら、かなり売り急いでいるサインといえるでしょう。

 

通常、完成物件をセールスする時は、モデルルーム使用にした住まいは販売しません。

 

モデルルームは、ビジュアルが良い間取りの住まいを採用します。

 

最初にモデルルームを見せて、他の住戸を販売するのが営業手法といえます。

 

つまり見栄えもよくて、売りやすいモデルルーム住戸を販売するのは異常です。

 

残り数戸という段階なら普通ですが、まだ残っている状態なら大チャンスです。

 

間違いなく焦っている証拠なので、早めにアプローチしてみましょう。

 

不動産業者の「焦らし」は本気にしない

不動産業者は「焦らし」のプロでもあります。

 

「今買わなきゃ・・」と、よく焦らしてきます。

 

値段ばかりに頭がいってしまうと、焦らし行為が刺さってしまうでしょう。

 

周りがどんどん見えなくなり、正常な判断ができません。

 

誰しも家の購入に必死だった時は、周りがまったく見えなくなります。

 

仕方がないといえば仕方ないですが、業者はそこを巧妙についてくるでしょう。

 

「今買わないとマズイ」と、高い値段でも感覚がマヒしてしまいます。

 

感覚がマヒしてしまうと、思わず高値づかみをするリスクが出ます。

 

欠陥住宅をつかんでしまうリスクだって高まるでしょう。

 

売れ残りこそ「焦らし」のプロが来る

売れ残りの物件ほど、焦らしのプロが担当になります。

 

思いきって購入されるのも大事ですが、悩んだ時は買わずに賃貸のままでいいのです。

 

買って後に「不満だから売りたい」なんて、なかなか実現できません。

 

しかも焦らされて無理に買った家ですから、余計に売れないでしょう。

 

焦らし行為は巧妙なので、回避するのは大変だとは思います。

 

しかし大切なことは、自分の意思をきちんと持っている事です。

 

小手先のテクニックに、ゼッタイに目を奪われないようにして下さい。

 

上手な「焦らし」に対抗するには

不動産業者に焦らされたら、1度距離を置いてみて下さい。

 

「あの焦りは何だったんだろう」と、冷静になれるはずです。

 

大切な資金と家族を守れるのは、冷静になったあなただけです。

 

深呼吸して冷静になりましょう。そして本当に必要なのか再考します。

 

焦らしなんて使わなくても売れる物件は、世の中にたくさんいます。

 

「焦らされた物件イコール売れない物件」と考えてもいいでしょう。

 

「こんなに焦らしてくるのだから余程うれないのだな」と冷静に捉えましょう。

 

そもそもそんなに焦らしてくるなら、ろくな業者ではありません。

 

もっとしっかりとした信頼のおける不動産業者を担当にしましょう。

 

会社の選び方については、当サイトの過去記事である「大手か地場か分かる!不動産売却業者の選び方5つのポイントを解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

売主側目線で解説した記事ですが、買主側も参考になる内容となっていますよ。

 

ここまでは、「家の購入で利用できる値切りテクニック7選」をお伝えしました。

 

家の購入で利用できる具体的な値切りテクニックについて、理解していただけたと思います。

 

ただし、誰もが家の購入の値切りに成功するわけではありません。失敗したときの対処法も必要です。

 

そこで次は「家の購入で値切りできなかった時の4つの対処法」について紹介していきます。

 

家の購入で値切りできなかった時の4つの対処法

家の購入で値切りできなかった時の4つの対処法
紹介してきたコツを自分なりに使っても、ダメだという人もいるでしょう。

 

物件の条件によっては、プライスダウンしてもらえないことも多々あります。

 

そこで、この章では値切りが失敗した時に使える対処方法を紹介します。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

家の購入で値切りできなかった時の4つの対処法

  1. 値切りの代わりにオプションを要求する
  2. 値切りに有利な時期に購入する
  3. あえて業者の「見込み客」になる
  4. 元から低価格な「ローコスト住宅」を建てる

 

値切りの代わりにオプションを要求する

値切りのための交渉がダメでも、オプションなら話は別です。

 

簡単な追加サービスなら、値切りの代わりに加えてもらえることがあります。

 

間取りの変化はさすがにできないことが多いでしょう。

 

しかしまだ建築中の物件であれば、間取り変更も可能になるかもしれません。

 

間取り変更は無理でも、設備のランクが上がる可能性は十分にあります。

 

値切りがダメでも諦めずに、駆け引きしてみるといいでしょう。

 

ちなみにすでに作り上げた物件であれば、設備の変更も難しいです。

 

完成物件の場合は、仲介手数料を引いてもらうのがお勧めです。

 

また何か家財道具を、付帯してもらうなどの代替案もいいでしょう。

 

ちなみに仲介手数料については、当サイトの過去記事である「基礎知識から値引きまで!不動産売却のプロ監修「仲介手数料」完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

売主側目線で解説した記事ですが、買主側も参考になる内容となっていますよ。

 

値切りに有利な時期に購入する

まだ出来上がってない物件や、売りに出されて間もない物件は要注意です。

 

将来的なチャンスがあるので、不動産業者側も焦って売りません。

 

そのため、安く購入するための交渉に対応しないことは非常に多いです。

 

もしだめなら、ある程度時間をとってもう一度交渉しましょう。

 

先述した3月付近に交渉すると、値切りに応じてもらえやすくなりますよ。

 

あえて業者の「見込み客」になる

業者は物件を見に来たり、アンケートをした人のリストを残しています。

 

作成したリストを使って、値下げの瞬間をアナウンスしてくるのです。

 

また何らかのイベントをするケースでも、リスト経由でアナウンスします。

 

結果的にあなたにとって、都合の良い情報が送られるのは間違いありません。

 

情報をゲットできるよう、リストに「見込み客」として名を残しましょう。

 

業者の見込み客になるには

では企業の「見込み客」になるには、具体的に何をすればいいのでしょうか。

 

具体的には住所・氏名などを、手渡しされる記入シートに書きこむだけです。

 

しかし、問い合わせ先や住所を書き込むのがイヤな人もいるでしょう。

 

書かないのも当然アリですが、書かないと口先だけだと判断されます。

 

有益な情報を受け取れないだけでなく、業者に否定的印象ももたれます。

 

プライバシー情報を記入することに、抵抗感がある方もいるとは思います。

 

しかし厚待遇になりたいのであれば、ぐっとこらえて書き込むべきです。

 

元から低価格な「ローコスト住宅」を建てる

家を値切りして購入できそうにないなら、最後の手段を使いましょう。

 

つまり、あなたの手で安く家を建ててしまうのです。

 

今はローコスト住宅といって、低価格で質の良い新築が建築できます。

 

ローコスト住宅については、当サイトの過去記事である「ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説」にて詳しく解説しております。

 

しかしどの業者なら質の良い住宅を建てられるか、分からないですよね?

 

もしオーダーする住宅会社が不明瞭なら、筆者おすすめ「HOME’Sの一括資料請求サービス」を利用してみて下さい。

 

自分の予算を入力するだけで、利用可能な便利なサービスです。

 

希望金額で建築できる企業の資料を、一気に取り寄せることができますよ。

 

自分の予算範囲内で色々な業者を対比させたいなら、最適のサービスです。

 

初心者向けに土地探しサポートや、資金計画書作成も無料でしてくれますよ。

 

「HOME’S」の一括資料請求サービスを上手に利用して、予算以内での住宅づくりを目指しましょう。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「家の購入における値切り」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「家の購入における値切り」に関する知識は、全て網羅できているのでご安心を。

 

今後、家の値切りに挑戦する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド