家 相場

最終更新日:2018年2月8日

「家の相場」に関する知識を全て解説

「家の相場」に関する知識を全て解説
「家の相場」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・家を購入する前に、注文住宅の相場を調べておきたい
・いくら払えば、どんな家が建つのか知りたい
・有名ハウスメーカーが造る家って、どれくらいなのだろうか・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、家の建築・購入に挑戦しようとしてはいけません。

 

家の相場に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかく家の購入・建築に挑戦するのであれば、自分が納得いった金額で、満足いく質になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「家の相場」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「家の相場」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「家を購入する前に知るべき注文住宅相場の調べ方」
  • 「どんな家が建つのか相場別に解説」
  • 「有名ハウスメーカーが造る家の相場」

についてしっかりと理解できていることでしょう。

 

ちなみに「ハウスメーカーの相場が早く知りたい!」という人は、「有名ハウスメーカーが造る家の相場」をチェックしてください。

 

家を購入する前に知るべき注文住宅相場の調べ方

家を購入する前に知るべき注文住宅相場の調べ方
まず紹介するのは「家を購入する前に知るべき注文住宅相場の調べ方」です。

 

注文住宅の新築を考える際、住宅の性能や外観はもちろん大事です。

 

しかしそもそも注文住宅は、総額でいくらかかるのかと疑問に思いませんか?

 

この章では、相場の調べ方や調べる際の注意点等を紹介していきます。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

家を購入する前に知るべき注文住宅相場の調べ方

  1. 本体価格以外にも費用はかかる
  2. ハウスメーカーが出す坪単価の仕組みに要注意
  3. 住宅産業新聞やネットで相場を検索するのが一番効率的
  4. 展示場に行くとリアルな額がわかる
  5. 個別にかかる費用も展示場で教えてもらえる

 

本体価格以外にも費用はかかる

世にいう坪単価は、建物本体の価格だけとなっています。

 

ガス配管工事等な他の工事費用が、含まれていないのが普通です。

 

しかしによっては、その他工事費が含まれる場合があるので注意してください。

 

そんな中、ハウスメーカー注文住宅の坪単価を調べるのはわりと簡単です。

 

ハウスメーカーの坪単価は本体価格のみなので、惑わされません。

 

CMやチラシな広告で、坪単価が分かるハウスメーカーも多いです。

 

ちなみに本体価格以外で必要な費用については、当サイトの過去記事である「4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド」にて詳しく解説しております。

 

今回の記事を理解する上で重要情報なので、ぜひ一緒にチェックしてください。

 

ハウスメーカーが出す坪単価の仕組みに要注意

ハウスメーカーや工務店の坪単価は、できるだけ安くみせています。

 

お得感で呼び込めるように、工夫されているのです。

 

その代わり、建築に必要か判別のつかない項目を費用から除外しています。

 

本来なら設計費や確認申請費など、必ずかかる費用もあるので注意すべきです。

 

会社によって、どの費用を含んでいるのかまばらなので事前確認は重要です。

 

住宅産業新聞やネットで相場を検索するのが一番効率的

住宅産業新聞では、大手10社ハウスメーカーの坪単価を後悔しています。

 

発表される坪単価は家が建った費用ですので、相場を調べるには役に立ちます。

 

またネットにて、ハウスメーカーで家を建てた生の声を調べることも可能です。

 

少し調べればすぐに有名なメーカーの金額は、すべて分かるでしょう。

 

しかし実際の建築費用とは、隔たりが出る場合もあるので要注意です。

 

展示場に行くとリアルな額がわかる

注文住宅の建築を検討するなら、ネットでの口コミは参考程度にしてください。

 

代わりといっては何ですが、展示場に足を運んでみるのをおすすめします。

 

なぜなら同じ40坪の建物を建てるにしても、間取りで差が出るからです。

 

さらにキッチンな住宅設備、内装によっても差が出てしまいます。

 

特に注文住宅は、好きに設備を変えるのが一つの特徴です。

 

キッチン・お風呂・クロス材や柱、壁の強度等、検討する材料は多いです。

 

だからこそ、こだわればこだわるほど高くなってしまうでしょう。

 

また注文住宅は当然土地の費用も必要なので、総額で考える必要があります。

 

個別にかかる費用も展示場で教えてもらえる

土地を購入して新築する場合もあれば、既存の土地に建築する場合もあります。

 

しかし地盤次第では、地盤改良費費用がかかる可能性があるのをお忘れなく。

 

さらに駐車場やお庭をつくる外構費をこだわれば、相当な額になります。

 

土地の形によっては、崖規制によって基礎を強化しなければなりません。

 

3階建てにしないと、うまく間取りがつくれないもあるでしょう。

 

そんなときこそ、いくつかの展示場を見学してみるべきです。

 

知識と経験が感じられるアドバイスを期待できる担当者が必ず存在します。

 

ここまでは、「家を購入する前に知るべき注文住宅相場の調べ方」をお伝えしました。

 

注文住宅の相場を調べるなら、どんな方法を使うべきなのか、理解していただけたと思います。

 

ただし、どれだけ金額をかければ、どんな家が建てられるのかは、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「どんな家が建つのか相場別に解説」について紹介していきます。

 

どんな家が建つのか相場別に解説

どんな家が建つのか相場別に解説
間取りや設備、インテリア等を自分で選んでいくのが注文住宅です。

 

予算に合わせて、何に資金投入するかの「やりくり」ができるのが魅力です。

 

しかし、いくらで家が建築できるのかが掴まなければ、無意味といえます。

 

自分の予算が満足できる家を建てられる金額なのか、わからないでしょう。

 

どんなグレードの設備を選べばいいのかも、イメージできないはずです。

 

そこでこの章では建築費の価格帯別に、どんな家が建つのかまとめてみました。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

どんな家が建つのか相場別に解説

  1. 相場1,000万円台はシンプルで最低限の機能をもつ家
  2. 相場2,000万円台は上手な予算配分で希望が叶えられる家
  3. 相場3,000万円台は一般的なニーズは全て叶う家
  4. 相場4,000万円台は全ての希望が叶えられる家

 

ちなみに各価格帯で家が建てられるかは、ハウスメーカーによって異なります。

 

詳細は依頼先のハウスメーカーの担当者や、モデルハウスで確認してください。

 

また当然ながら、各価格帯には土地取得費は含まれないので注意しましょう。

 

相場1,000万円台はシンプルで最低限の機能をもつ家

「予算はないけど、早く家を持ちたい」という人に選ばれる価格帯です。

 

建築費は、家の形に左右されるケースが多いです。

 

だからこそ、この価格は長方形や正方形のシンプルな家になります。

 

材料費の単価が高い外壁材等は、使う量が多いほど材料費がかさみます。

 

L字型、中庭を建物で囲んだ「ロ」の字型の家は絶対に無理です。

 

出窓を多くしたり、外壁を凹ませてベランダを設けるのも無理でしょう。

 

オウトツのある外観は、同じ床面積でも家屋の表面積が多くなります。

 

当然ながら、材料費も足場代も高くなるでしょう。

 

このように複雑なデザインは、施工の手間もかかり、人件費も増えます。

 

コスト要素をなくして、建築費を低く抑えたのが1,000万円台の家です。

 

多くの場合、四角の外観で、1階と2階の床面積が同じになるでしょう。

 

屋根は本を伏せたような形の山形の切妻屋根が一般的です。

 

もしくは傾斜が1面の片流れの屋根が、コストが低いので採用されます。

 

また1,000万円台の家は、内装も単価が安いです。

 

塗り壁に比べて、施工日数もスピーディーなビニール製のクロスを主に使います。

 

間取りもシンプルなので、そこまでクロスを使わなくて済むでしょう。

 

凝った作りは不可能

あまり凝った間取りや無垢材は1,000万円では不可能です。

 

合板や集成材ではなく、丸太から切り出した木材はあきらめましょう。

 

漆喰(消石灰を糊等と水で練った塗料)も1,000万円では不可能です。

 

しかしシンプルな空間だからこそ、どんなテイストの家具でも合わせられます。

 

カーテンやソファカバー等を変えるだけで、部屋の雰囲気が変わります。

 

1,000万円の家にするなら、これらをメリットとして捕えられるかどうかが重要です。

 

ハウスメーカーによっては、複数のプランを用意しています。

 

家族構成やライフスタイル、年代に個別の基本設計プランがあります。

 

そのため設計にかかる日数を削減するのも、不可能ではありません。

 

また標準仕様の設備や内装材、外壁材等を大量仕入れするのが特徴です。

 

そのためにコストを抑えたり、設計から施工まで自社内で行います。

 

結果的に中間マージンを省け、価格を1,000万円台に抑えられるでしょう。

 

つまり、性能を落とした結果の1,000万円台ではないのが特徴です。

 

性能は保ったままで、手頃な価格で建築するのも不可能ではありません。

 

低価格で質の良い住宅の代表例と言えば、ローコスト住宅です。

 

ローコスト住宅については、当サイトの過去記事である「ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説」にて詳しく解説しております。

 

相場2,000万円台は上手な予算配分で希望が叶えられる家

2,000万円台で家が建てられるかは、どこにお金をかけるかが重要です。

 

1,000万円台に比べれば、予算に余裕はあるでしょう。

 

せっかくの注文住宅だからと、家づくりへの希望が出て来やすいです。

 

希望をガシガシ盛り込んで、予算超えになる価格帯です。

 

予算内に収めようとすると、希望しているすべての条件を盛り込めないでしょう。

 

しかし内装は安価にして、システムバスは豪華にするのは可能です。

 

ミストサウナの機能もあるグレードの高い風呂にするのもできるでしょう。

 

このように予算配分を工夫することによって、夢を実現できるのです。

 

上手な予算配分で満足いく家にできる

家を建てると、建築費以外にも家具を買い替えるお金がかかります。

 

建築費の予算が2,000万円台の人は、建築費以外も要注意です。

 

家にかかわるコスト全体で、予算配分を考えてるようにしてください。

 

例えば、内装にコストをかけずに、自然素材家具を入れるのはありです。

 

家具の買い替えはせずに、他の設備にお金を回すのもオススメです。

 

具体的には今の家具をそのまま使い、家具購入費を圧縮します。

 

その上でドアや窓にいいグレードのものを採用するのです。

 

相場3,000万円台は一般的なニーズは全て叶う家

3,000万円台の家は、3,000万円前半までは建物の広さも平均的になるでしょう。

 

建てられる価格帯が3,000万円後半になると状況は一変します。

 

平均よりも設備や建築資材のグレードアップさせたりするのが簡単です。

 

家の大きさを広げたりするのが、可能な価格帯といえるでしょう。

 

3,000万円台でも、さすがにすべての希望は実現できません。

 

しかし好きなデザインや間取り、憧れの設備等をいくつか導入可能です。

 

3,000万円台で建てるなら、予算によってメリハリをつけるのが重要です。

 

お金をかけるところ、抑えるところのバランスをとるといいでしょう。

 

壁は部屋によっては、ビニルクロスと漆喰な自然素材を使い分けます。

 

外観デザインに凝りたいなら、内装材だけは安めにすると良いでしょう。

 

LDKの床には無垢材を使い、他の部屋はクッションフロアにすべきです。

 

クッション性のあるシート状の床材は、やはり高めになります。

 

このように、家の中で何を、どこを重視するかを考えるが必要なのです。

 

予算の中でできる・できないを選ぶため、打ち合わせは難航します。

 

プランを決めるまでの時間が、かなりかかるのがこの価格帯です。

 

迷ったり話し合ったりする時間も、非常に多くなってくるでしょう。

 

ただあなたがどんな生活を望むのか、考えるよい機会にもなるはずです。

 

相場4,000万円台は全ての希望が叶えられる家

延床面積30坪~40坪程度の注文住宅は、もう別格です。

 

建築価格4,000万円台にはなりますが、予算に余裕のあるので自由です。

 

家へのこだわりの強い人が、4,000万円になりがちといえます。

 

希望を全てプランに盛り込んでいくと、4,000万円以上になる傾向があります。

 

つまり4,000万円台の家は、様々なプランが実現可能な価格帯なのです。

 

中庭のある「ロ」の字型や「コ」の字型の家も、実現可能になるでしょう。

 

凹凸が多く、外壁面積が多くなるプランも楽々実現可能です。

 

室内の素材もコストがかさむ漆喰など自然素材を、ふんだんに使えます。

 

建築費4,000万円台は、予算内に抑えるのを考える必要がありません。

 

ある程度自由にしても、予算内の家をプランニングができる価格帯です。

 

玄関から廊下、LDKまで同じ無垢材のフローリングにしても大丈夫です。

 

空間の一体感と高級感を出したりしても予算が残ります。

 

吹抜け等施工にコストがかかるプランも、取り入れやすくなるでしょう。

 

このように、家を建築するうえでのプランバリエーションも多くなります。

 

150万円~180万円の高価格帯のシステムバスを設置するのもありです。

 

100万円程度かかる無垢材のウッドデッキを作るのも難しくありません。

 

ここまでは、「どんな家が建つのか相場別に解説」をお伝えしました。

 

相場や予算ごとに変わってくる家のグレードついて、理解していただけたと思います。

 

ただし、有名ハウスメーカーの具体的な相場(坪単価)については、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「有名ハウスメーカーが造る家の相場」について紹介していきます。

 

有名ハウスメーカーが造る家の相場

有名ハウスメーカーが造る家の相場
注文住宅の依頼先を検討するなら、各社の坪単価は知っておきたいもの。

 

そこで代表的ハウスメーカーの坪単価を、下記の表にまとめてみました。

 

ちなみに表記してある坪単価は、公表されている坪単価を採用しています。

 

坪単価を公表していないメーカーについては、問合わせによって作成しました。

 

ネットで検索するのがめんどくさい人は、ぜひご参考ください。

ハウスメーカー名 坪単価の目安
アイフルホーム 25~55万円
アエラホーム 20~50万円
アキュラホーム 35~50万円
イシンホーム 40~55万円
一条工務店 55~70万円
クレバリーホーム 30~50万円
住友不動産 38~80万円
住友林業 40~80万円
積水ハウス 50~80万円
セキスイハイム 65~75万円
大成建設ハウジング 75~85万円
ダイワハウス 40~80万円
タマホーム 24.8~60万円
東急ホームズ 50~100万円
トヨタホーム 40~70万円
パナホーム 50~80万円
へーベルハウス 65~90万円
ミサワホーム 65~75万円
三井ホーム 55~80万円
三菱地所ホーム 60~90万円
ヤマダエスバイエル 55~65万円
ヤマト住建 40~60万円
ユニバーサルホーム 40~50万円
レオハウス 23.8万円~


以上が主要ハウスメーカーの坪単価の目安となっています。

 

坪単価をよく比較して、あなたにぴったりの企業を選択しましょう。

 

希望予算から最高のハウスメーカーを見つけるには

上記の表をご覧になって、どんな感想をもたれたでしょうか?

 

「思った以上に多いハウスメーカーの種類に驚いた」

 

「そこまで坪単価に開きがないので、一社に絞り込むのは大変そう」

 

「どのハウスメーカーにすればいいか、余計迷ってしまった」

 

上記のように思われたのではないでしょうか。

 

元・業者である筆者すら、普通に比較しても絞り込むのは難しいと思います。

 

やはり一社一社を比較して、最適なメーカーを選び出すのが王道でしょう。

 

しかしハウスメーカーは、非常に数が多いです。

 

そのうえ、各ハウスメーカーは価格帯の違う商プランを用意しています、

 

ひとつひとつ検討していては、時間と労力がかかってしまうでしょう。

 

さらに、坪単価は家を建築できる大体の目安です。

 

最終的に支払う金額とは異なってくるでしょう。

 

もっと言えば、建てる人の要望に合わせて坪単価は変動します。

 

坪単価から会社を選ぶと、希望予算をオーバーするのもあり得ます。

 

複数のハウスメーカーから同じ予算のプランを出してもらう

では希望予算から、効率良く会社を見つける方法は無いのでしょうか。

 

結論から言いますと、やはり「複数社の比較」しかありません。

 

複数の業者から、同一価格プランを比較するのがベストです。

 

例えばですが、予算を2,000万円程度で考えているとしましょう。

 

まずは各ハウスメーカーから、2,000万円でプランを提案してもらいます。

 

その中から、最も良いプランを提案したハウスメーカーを選ぶのです。

 

上記の方法でハウスメーカーを選ぶと、非常に効率的かつ効果的です。

 

価格が同一なので、各社の特徴やプランを比較しやすくなるでしょう。

 

その上、プランの作成は、土地や諸費用な金額も考慮してくれます。

 

同じ予算プランを提案してもらうので、予算をオーバーがありません。

 

あなたにピッタリの計画通りの家づくりができますよ。

 

何より、最良の提案をするハウスメーカーが見つかるのが魅力です。

 

同じ出費で、より良い家を建てられる未来を掴むことができるでしょう。

 

効率的に複数のハウスメーカーからプランを出してもらうには

具体的な方法は、「HOME’Sの注文住宅サービス」を利用すると簡単に実践可能です。

 

「HOME’S」は、希望予算や要望を入力するだけでOKなサービスです。

 

地域のハウスメーカーや工務店から、一括でプラン提案が受けられます。

 

家にいながら簡単に提案依頼ができるサービスとなっています。

 

効率良く情報を集めながら、多くのハウスメーカーを比較できますよ。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「家の相場」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「家の相場」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、家を建築したり、購入したりする機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説