新築 間取り

最終更新日:2018年4月5日

「新築住宅の間取り」に関する知識を全て解説

「新築住宅の間取り」に関する知識を全て解説
新築住宅の間取りといえば、知識がない人でもとっつきやすい要素ですが、いざ真剣に考えるとなると様々な不安を伴うポイントとなるでしょう。

 

だからこそ、新築住宅の間取りについて、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「新築住宅の間取り」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・失敗しない新築間取りの決め方のコツを知りたい
・新築に採用すべきオススメ間取りプランって何がある?
・新築間取りで後悔しないためには、何に注意すればいい?
・素人でもできる「風水を活用した新築間取りの考え方」を教えてほしい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、新築住宅の間取りを決めようとしてはいけません。

 

新築住宅の間取りを制作するうえで必要な知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む間取りはできないでしょう。

 

せっかく新築住宅に挑戦するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく間取りになってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「新築住宅の間取り」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「新築住宅の間取り」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「失敗しない新築間取りの決め方のコツ」
  • 「新築に入れるべきオススメ間取りプラン」
  • 「新築間取りで後悔した失敗例から学ぶ3つの注意点」
  • 「風水を活用した新築間取りの考え方」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

失敗しない新築間取りの決め方のコツ

失敗しない新築間取りの決め方のコツ
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「失敗しない新築間取りの決め方のコツ」の要点

  1. 「こんな家がいい!」という強い動機が理想の間取り作成には必要
  2. 「その場所がなぜ必要なのか」を明確にしてコストをできるだけ削減する
  3. 「なんとなく」「かっこいい」で間取りは決めてはいけない

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

「こんな家がいい!」という強い動機が理想の間取り作成には必要

新築でも予算が、制限があるのですから、思い通りになんてなりませんし、予算が潤沢にあったつもりになって理想の新築・注文住宅の間取りを考えたとしても、何も浮かばなかったりするものです。

 

なぜかというとよくある「子どもが生まれたことが原因で今住んでいる賃貸マンションが手狭になったから」などの都合では、新築の注文住宅を建てる動機としては弱いのです。

 

「仕方がないから」という考えではなく、「こうしたい!」という強い動機が必要で、その動機をもとに間取りを決めていくようにしましょう。

 

「その場所がなぜ必要なのか」を明確にしてコストをできるだけ削減する

間取りを決めるのに、各社の住宅展示場へ足を運んだり、住宅雑誌に目を通したり、「こんな間取りにしたい」とスクラップしても、あなたが100パーセント満足できる間取りには絶対になってくれません。

 

例えばダウンフロアのリビングは、見栄えの良いかっこいい間取りですが、なぜダウンフロアなのかが明白になっていないと、いたずらにコストを支払うだけになるでしょう。

 

自由度が高い注文住宅ならば、なおさら「その場所がなぜ必要なのか」という気持ちから、「こんなデザインにしよう」というのを明確にしなくてはいけません。

 

「なんとなく」「かっこいい」で間取りは決めてはいけない

間取りの決め方は、動機や何をしたいかと根本的なところからさかのぼってやっていくことが一番です。

 

予算が底なしにあるわけではないので、深く考える事をやめてしまい「かっこいいから」「なんとなくいいから」とあっさりとした間取りの決め方をしていても、理想の注文住宅にはなりません。

 

以上、「失敗しない新築間取りの決め方のコツ」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「新築住宅の間取り」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

次章ではあなたに「新築住宅の間取り」をより深く知ってもらうために、「新築に入れるべきオススメ間取りプラン」について詳しく解説していきます。

 

新築に入れるべきオススメ間取りプラン

新築に入れるべきオススメ間取りプラン
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「新築に入れるべきオススメ間取りプラン」の要点

  1. 常温保存できるなら何でも収納することができる「パントリー」が便利
  2. 「シューズクローク」のおかげで靴を履いたまま収納スペースに入れる
  3. 「ウォークインクローゼット」があれば寝室に行かずに着替えること可能

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

常温保存できるなら何でも収納することができる「パントリー」が便利

パントリーとは食料料品などのリザーブ品を収納できるスペースで、最近ではパントリーを大胆にもキッチン内に設ける家庭が増えてきています。

 

常温で保存できる食料品を置くことを可能にするため、冷蔵庫の中に必要なものだけを入れることが可能になります。

 

なお、場所を取る大きなゴミなども気にすることなく置けるため、キッチンをスッキリさせたい方に高い支持を得ているのです。

 

キッチンは、整理整頓をしないと、食べ物や調理器具などで煩雑な印象になりがちですが、モノがあふれかえるような場合でも、このような収納スペースがあると大変便利になります。

 

また、リサイクルゴミなども気軽に置ける仕様なので、キッチンに不要なものを置かなくて済みます。

 

大量の食品が必要になる大人数のファミリーの場合、パントリーを設けると整理整頓が楽になるため、料理やショッピングのストレスがなくなるのも魅力です。

 

「シューズクローク」のおかげで靴を履いたまま収納スペースに入れる

家族が多くなると、靴などを置く場所に面倒なので、玄関にウォークインの収納スペースを設けると効果的です。

 

靴を履いたまま歩いて入ることを可能にするほどの収納スペースになるため、靴はもちろんのこと、ビッグサイズの傘やベビーカーなどであったとしても簡単にしまうことが可能になります。

 

また、子供の自転車や外で使うオモチャなども、簡単に出し入れすることができます。

 

このように、毎日利用する玄関にトランクスペースを確保することで、便利さと綺麗さを求めることが達成できるでしょう。

 

「ウォークインクローゼット」があれば寝室に行かずに着替えること可能

賃貸アパートやマンションは一戸建てとは異なって、間取りが限られているため、収納スペースに頭を抱えがちですが、特にその中でも、多くの方が困るのが服の収納です。

 

中でもウォークインクローゼットにすると、通常のクローゼットとは違って広いので、クローゼット内で着替えることが可能になります。

 

そのまま更衣をすることができるため、衣料がリビングなどの第三者に見える場所に散乱することがありません。

 

また家族共用のウォークインクローゼットを玄関近くに設けると、帰ってきたらすぐに着替えることができ、タンスなどの収納家具も不要になります。

 

また、寝室の近くではなく、浴室や洗面所、リビングの近くに位置する場所に設けるのもアリで、そうなればわざわざ寝室に行かなくてもクローゼットを利用できるため、手軽に着替えることができます。

 

さらにクローゼットがよく利用する部屋周辺に設置すると、洗濯物を畳んですぐにしまえることが叶うようになり、家事が効率的になるでしょう。

 

ちなみに最新の間取り動向について知りたい人は、当サイトの過去記事である「どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

これまで解説した知識よりも、もう一歩踏み込んだ記事になっているので、新たな知識を得ることができるでしょう。

 

以上、「新築に入れるべきオススメ間取りプラン」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「新築住宅の間取り」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

次章では「新築住宅の間取り」をもっと深くあなたに知ってもらうために、「新築間取りで後悔した失敗例から学ぶ注意点」について詳しく解説していきます。

 

新築間取りで後悔した失敗例から学ぶ3つの注意点

新築間取りで後悔した失敗例から学ぶ3つの注意点
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「新築間取りで後悔した失敗例から学ぶ3つの注意点」の要点

  1. 収納スペースを設置する場所はあなたの「使用頻度」を参考にする
  2. 注文住宅は「自由」なのでコンセント設置を見落としてしまいがち
  3. おしゃれを追求すると冷暖房は効きにくく光熱費は高くなる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

収納スペースを設置する場所はあなたの「使用頻度」を参考にする

生活するうえで重要な収納スペースですが、どの程度の面積を必要とするのか、改めて考えてみると見当がつかない人もいるのではないでしょうか。

 

収納スペースを決める際に大切なのは、あなたの家庭で必要な「収納量」と「どこにスペースを取るか」です。

 

すべての荷物を1つの場所にしまえれば一番イメージを描きやすいでしょうが、土地の形や大きさ、家族構成等の要素によって、複数の場所に分けて作ります。

 

収納スペースの場所決めは、使用頻度を参考にするとわかりやすく、よく使うのは部屋に備え付けの収納に入れ、日々の使用頻度が低くて使わないのは納戸や屋根裏、などと考えてみてください。

 

収納する場所は衣服、キッチン用品、文房具など、あらかじめカテゴリー分けしておくとさらに収納場所を組み立てやすくなります。

 

また、各部屋に収納スペースをセッティングするよりも、広めのウォークインクローゼットを作って一家そろって共有するほうがスペースの節約になるでしょう。

 

注文住宅は「自由」なのでコンセント設置を見落としてしまいがち

注文住宅は好きなように建てられる性質をもつからこそ、さまざまなことを見落としてしまいがちで、特に「コンセントの配置」も見落としがちなので、コンセントの配置は設計段階に検討しましょう。

 

家の間取りを考えながら、生活動線、家具家電のロケーションを想像し、どこにコンセントがあれば便利なのかをキッチリと予想し、図面に家具の位置やコンセントの配置などを図面に書いておくと失敗が少ないです。

 

すべての部屋に設置することは自明のことですが、廊下や階段の踊り場、玄関なども見落とさないようにしてください。

 

料理が好きな人は、キッチン周りにあるコンセントの場所は多めのほうがいいかもしれません。

 

ミキサーやジューサー、電子レンジ、食洗機など、挙げればきりがないほどキッチン家電は意外に多いものですが、もし毎回コンセントを抜き差ししながら料理をするとなれば、手間がかかって大変です。

 

だからこそ、コンセントの配置をきちんと考えることは、快適に過ごせるライフスタイルを実現するために欠かせないことだといえます。

 

おしゃれを追求すると冷暖房は効きにくく光熱費は高くなる

見た目はオシャレですてきでも、利用しがたい間取りは考えものです。

 

たとえば、狭い敷地でも空間が広く感じられるスキップフロアは、まるで中2階のようなスペースでお子さんたちもよろこぶ構造です。

 

しかし、部屋全体が広くなりすぎるため、冷暖房効率は残念ながら劣悪になり、光熱費は高くなる傾向になるので、高齢者と一緒に住む家庭ではとくに危険といえます。

 

また外からの目線を気にして1階ではなく2階に、大きなリビングをつくる家庭も少なくありません。

 

もしリビングを二階作れば、将来年齢を重ねたときに2階に行くのが大変になることと、逆に1階に人が居着くことがなくなるので防犯面で気をつけたいところです。

 

なお天窓をつけると昼間の採光が手に入れられるうえ、オシャレな雰囲気を醸し出してくれますが、屋根の部分にセッティングしてあるので掃除が大変なことは想像に難くないです。

 

北側の天窓だとカビが生えやすいというマイナスポイントもあり、オシャレな間取りにするあまり、使いやすさが悪くなったり不便になったりしないように気をつけましょう。

 

以上、「新築間取りで後悔した失敗例から学ぶ3つの注意点」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「新築住宅の間取り」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

次章では「新築住宅の間取り」に関してあなたにもっと理解してもらうべく、「風水を活用した新築間取りの考え方」について詳しく解説していきます。

 

風水を活用した新築間取りの考え方

風水を活用した新築間取りの考え方
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「風水を活用した新築間取りの考え方」の要点

  1. 間取り決めにおける風水は「より良く生活するための知恵」と捉える
  2. 風水を考慮する時に最も重視される要素は「鬼門」と「裏鬼門」
  3. 「吉の位置」に配置して「鬼門・裏鬼門」には配置しないのが基本

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

間取り決めにおける風水は「より良く生活するための知恵」と捉える

中国で発展した風水は、地理や自然科学などの複数要素をベースにした環境学で「運気アップ」という捉え方が強い風水ですが、本質としては「より良く生活するための知恵」です。

 

一方、日本には古来より伝わる「家相学」というような考え方があり、日本の風土事情や天気などの要素を考慮して家の住み心地を考えたものです。

 

日本では間取りを決める際、中国の環境学ともいえる「風水」と日本の家相学を合わせて考えることが大半ともいえるので、もはや日本独自に発達した風水といえます。

 

ただ、より良く暮らすためのものに使われるという点では、風水も家相も狙うところは一緒です。

 

覚えておきたいのが、風水から見て良いポイントは「明るい」「風通しが良い」間取りだということで、それらの他にも各部屋が清潔で片付いていると良い運気を呼び込むことができます。

 

風水を考慮する時に最も重視される要素は「鬼門」と「裏鬼門」

日本では古くから、家を建てる時は「鬼門」や「裏鬼門」を回避することが一般的で、鬼門と裏鬼門は家相を意識した間取りを考える時に最も重視されるものです。

 

家の中心から見て北東にあたる方角が鬼門となり、鬼門は邪気が入る方角と考えられていますが、それとは逆に自然神が入ってくるのも北東です。

 

鬼門は吉凶の影響が大きく、部屋の用途によっては、回避したほうがいいものがあるといえるでしょう。

 

家相学では、玄関やお風呂などのスポットを鬼門にセッティングするのを避けるのが一般的ですが、いまどきの狭い住宅事情では、そこまでこだわるのが難しいというのが実情です。

 

また方角でいうと、家の中心からチェックして南西にあるのが裏鬼門で、鬼門と反対側にあたります。

 

鬼門同様に邪気が入ってくるスポットでありながら、自然神が去っていく方角でもあります。

 

鬼門と裏鬼門は明るく清潔に保つことが肝要なので、トイレやお風呂場などの水回りや玄関が鬼門や裏鬼門になってしまう間取り設計は避けたほうが良いでしょう。

 

一方、風水で重視するのは気の流れで、とくに重要なのは「良い気が玄関から入ること」であり、入ってきた「気」が家中を巡るのが良い間取りです。

 

なお、風水の間取りでも吉凶の方角がダイレクトに影響しますが、この場合の方角は、生年月日などに影響をもたらすため、人によって異なります。

 

「吉の位置」に配置して「鬼門・裏鬼門」には配置しないのが基本

風水の吉・凶の方位は、個人の本命卦(いわゆる「吉方位」)を割り出すことでわかります。

 

家族で住む家の場合、基本になるのは、世帯主となる方の本命卦なので、本格的な風水にこだわる人は視野に入れてみてください。

 

ただ、日本では家相学による鬼門・裏鬼門の方をどちらかというと気にすることが多いため、風水と家相の双方の特徴や考え方を参考にして間取りを決めていくと良いでしょう。

 

まず良い気が入ってくるとされるエントランスですが、風水的な間取りでは最も重要な場所で、風水の吉のロケーションに置くのがベターで、当然ながら鬼門や裏鬼門には置かないのが基本です。

 

ただ、道路の位置や隣の家との関係などを通じても玄関の最適な間取りは変わるので、無理のない範囲で良いポジショニングにしたいものです。

 

理想的な位置でない場合でも、良い気を家の中に流していくために、常に明るく清潔に保つように気を付けましょう。

 

つぎにリビングですが、家族仲のカギを握る場所なので、居心地の良さを重視するのが良いです。

 

気の流れを考えると、玄関からリビング経由でそれぞれの部屋へ行ける「動線」になるのがベストで、風水の考え方においては吉の方角に配置し、自然光が入る間取りが理想です。

 

最後に寝室ですが、健康を左右するロケーションなので吉の方角が良いですが、寝室自体の位置よりもベッドの位置に注意すべきであり、ベッドを吉の方角に置くよう意識しましょう。

 

ただ寝室を西に置くと夏は寝苦しくなってしまい、北に置くと冬寒いので快適に過ごす工夫も要求されます。

 

また寝室を階段の真下に置くと、音が耳についてしまいよく眠れなくなるので、このようなロケーションは避けましょう。

 

以上、「失敗しない新築間取りの決め方のコツ」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「新築住宅の間取り」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「新築住宅の間取り」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【失敗しない新築間取りの決め方のコツ】
・「こんな家がいい!」という強い動機が理想の間取り作成には必要
・「その場所がなぜ必要なのか」を明確にしてコストをできるだけ削減する
・「なんとなく」「かっこいい」で間取りは決めてはいけない

 

【新築に入れるべきオススメ間取りプラン】
・常温保存できるなら何でも収納することができる「パントリー」が便利
・「シューズクローク」のおかげで靴を履いたまま収納スペースに入れる
・「ウォークインクローゼット」があれば寝室に行かずに着替えること可能

 

【新築間取りで後悔した失敗例から学ぶ3つの注意点】
・収納スペースを設置する場所はあなたの「使用頻度」を参考にする
・注文住宅は「自由」なのでコンセント設置を見落としてしまいがち
・おしゃれを追求すると冷暖房は効きにくく光熱費は高くなる

 

【風水を活用した新築間取りの考え方】
・間取り決めにおける風水は「より良く生活するための知恵」と捉える
・風水を考慮する時に最も重視される要素は「鬼門」と「裏鬼門」
・「吉の位置」に配置して「鬼門・裏鬼門」には配置しないのが基本

 

上記に記した知識は、「新築住宅の間取り」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「新築住宅の間取り」に関する知識を使って、素敵な間取りを制作してもらえれば幸いです。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説