家 カタログ

最終更新日:2018年4月1日

「家のカタログ」を使いこなすための知識を完全ガイド

「家のカタログ」を使いこなすための知識を完全ガイド
家のカタログといえば、知識がない人にとっては助けとなるツールですが、きちんと使いこなしている人はあまりいません。

 

使いこなせていない事実を自覚しているのか、家のカタログについて納得いく知識を得られず調べ続ける人は多いです。

 

具体的には「家のカタログ」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・注文住宅建築に使われる「家のカタログ」の必要性とメリットを知っておきたい
・家のカタログを見て間取りを決める時の注意点を、不動産のプロに教えてほしい
・絶対におさえておくべきカタログを発行しているハウスメーカーはどこなの?
・どうすれば効率的に手に入るのか、家のカタログを集める方法を知っておきたい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、家のカタログを請求しようとしてはいけません。

 

家のカタログを使いこなすための知識が圧倒的に足りていないので、このままでは有益な活用にはならないでしょう。

 

せっかく家のカタログに活用するのであれば、あなたにとってプラスになるような「有意義な使い方」をしたいですよね?

 

そこで今回の記事では「家のカタログ」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「家のカタログ」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「注文住宅建築には必須?家のカタログの必要性とメリット」
  • 「そのまま採用はダメ?家のカタログを見て間取りを決める時の注意点」
  • 「絶対におさえておくべき会社はどこ?見ておくべき家のカタログ3選」
  • 「どうすれば効率的に手に入る?家のカタログを集める3つの方法」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

注文住宅建築には必須?家のカタログの必要性とメリット

注文住宅建築には必須?家のカタログの必要性とメリット
まず解説するのは「注文住宅建築には必須?家のカタログの必要性とメリット」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「注文住宅建築には必須?家のカタログの必要性とメリット」の要点

  1. カタログなら効率的に情報収集できるうえにイメージも持ちやすい
  2. カタログを見れば最新の住宅トレンドをカンタンに把握できる
  3. 住宅建築にもっとも重要な「比較」がカタログで効率的にできる

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

カタログなら効率的に情報収集できるうえにイメージも持ちやすい

注文住宅で失敗しないためには、最も適した方法なのは多くの住宅会社を訪問することです。

 

できるだけ多くの会社を比べ、担当者を対比させてみることで、本当に良い担当者が見えてきます。

 

しかし複数の会社を回るのは、行く先々でセールスを受けるため精神的に疲れてしまいますし、時間や交通費もかかるでしょう。

 

そこでオススメしたいのが、カタログを効果的に利用する方法で、カタログを活用すると、イメージを持ちやすくなります。

 

カタログには写真付きでわかりやすく事例がピックアップされているので、イメージを促進できるのが最大のメリットです。

 

また建築価格が隠すことなくきちんと記載しているのも多く、満足いく住宅建築を実現するための情報も集められます。

 

床や扉などの色やインテリアとの組み合わせや、リアルの現場で設備を使用しているイメージ、建物にかかる費用もわかります。

 

聞くだけではわからないことも多いので、わかりやすくこれらをイメージできるカタログは本当に参考になりますよ。

 

カタログを見れば最新の住宅トレンドをカンタンに把握できる

時代とともに家のトレンドもどんどん移り変わっていくもので、特に畳からフローリングへの移行は大きなトレンドの変化です。

 

昔の家は畳が主流でしたが、現在の床は当然のようにフローリングになり、畳の部屋が無い家もかなり多くなってきました。

 

最近だと、質を担保したまま建築価格を限界まで落としたローコスト住宅なんかはトレンドの1つですね。

 

このように、住宅にも流行りがあり、その中でもとくに大手ハウスメーカーのカタログを見ると、トレンドが一発でわかります。

 

だからこそ、流行にのった家を建てるためには、人気ハウスメーカーが発行するカタログに目を通すことは必要不可欠です。

 

ちなみにローコスト住宅については、当サイトの過去記事である「ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

人気のローコスト住宅について、もう一歩踏み込んだ記事になっているので、新たな知識を得ることができるでしょう。

 

住宅建築にもっとも重要な「比較」がカタログで効率的にできる

良い住宅会社や担当者を見極めるためには、比べてみることが大切ですが、何社も訪問するのはとても大変で面倒です。

 

しかしカタログを見れば、先に会社だけを照らし合わせ、2~3社ほどをピックアップしてから足を運ぶことができます。

 

そのおかげで、営業される心の疲労・時間・行き帰りの交通費の3要素を大きく減らすことができるでしょう。

 

カタログにはその会社の考え方や価格が書き表されていますので、予算内で注文住宅が建てられる会社を選抜してください。

 

以上、「注文住宅建築には必須?家のカタログの必要性とメリット」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家のカタログ」を使いこなす上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「そのまま採用はダメ?家のカタログを見て間取りを決める時の注意点」について、次章では解説していきます。

 

そのまま採用はダメ?家のカタログを見て間取りを決める時の注意点

そのまま採用はダメ?家のカタログを見て間取りを決める時の注意点
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「そのまま採用はダメ?家のカタログを見て間取りを決める時の注意点」の要点

  1. 自分のライフスタイルに合った「導線」になっているかチェックする
  2. 「収納は足りているか」「どこに家具を配置するのか」は必ずチェック
  3. 机上の空論ではなく「リアルな生活」を意識した間取りを採用する

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

自分のライフスタイルに合った「導線」になっているかチェックする

絶対に意識したいのは「導線」で、あなたはもちろんのこと、家族が朝起きてから、夜寝るまでにどこで何をするかをイメージしてください。

 

毎日必ず通る導線に合わせた間取りに設計されているのが理想で、家事における一連の流れを意識することが大切です。

 

キッチンならば冷蔵庫・シンク・コンロの配置が、毎日の家族の生活パターンにフィットしているか考慮して決めます。

 

またトイレの位置にも気を配りたいところで、もしもトイレがリビングやから見えたら、落ち着いて利用することができません。

 

さらに、複数階の場合、階段の位置を考えながらセレクトする必要があり、子ども部屋を二階に作る時にも導線意識が大切です。

 

子どもが成長し思春期になると、自室に入り浸ることが多くなり家族の会話が減ってしまうかもしれません。

 

だからこそ、リビングに階段を作るなど、何が何でも家族と顔を合わせる導線の工夫をしていく必要が出てきます。

 

「収納は足りているか」「どこに家具を配置するのか」は必ずチェック

家を建てる時は、限られたスペースの中で、出来るだけ居住空間を増やしたいと思うのが普通でしょう。

 

しかし、部屋を広く取りすぎて、収納スペースが減少してきてしまわないように注意が必要です。

 

結局、ものが部屋にあふれてしまい、どんなときも散らかった落ち着かない部屋になってしまう可能性があるからです。

 

また、どこに家具を配置するか想像しつつ、具体的な間取りを決めることも大切になってきます。

 

実際の家具の大きさを測って、図面にピッタリの縮尺で色紙などに書き込み、切り取って図面上に配置場所を考えてみましょう。

 

何も置いてないと広く感じる部屋でも、リアルに家具を配置すると、思ったより狭く感じることがあります。

 

また家電や家具を買い替えた時に、「実は入らなかった」という可能性があるので、ゆとりをもった配置を心がけておくと良いでしょう。

 

机上の空論ではなく「リアルな生活」を意識した間取りを採用する

吹き抜けは憧れるかもしれませんが、暖房のお世話になる場合、なかなか部屋が温まらず電気代が多くかかってしまいます。

 

もし吹き抜けを作るなら、高気密・高断熱になるための資材やサッシ、床暖房を設置するなどの対策が必要でしょう。

 

また天井に付けた電球の交換や、掃除にも手間暇が掛かり、解放感がありすぎて逆に落ち着かなくない声も多いです。

 

このように、吹き抜けだけでなく、あなた自身がずっと心地よく住むことができるかをよく考えて決定すると良いでしょう。

 

見た目も大事ですが、実用性も考えて間取りを取り決めていくことで、将来も後悔のない家にしていくことができますよ。

 

以上、「そのまま採用はダメ?家のカタログを見て間取りを決める時の注意点」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家のカタログ」を使いこなす上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「絶対におさえておくべき会社はどこ?見ておくべき家のカタログ3選」について、次章では解説していきます。

 

絶対におさえておくべき会社はどこ?見ておくべき家のカタログ3選

絶対におさえておくべき会社はどこ?見ておくべき家のカタログ3選
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「絶対におさえておくべき会社はどこ?見ておくべき家のカタログ3選」の要点

  1. バラエティ豊かな資料が無料で手に入る「積水ハウス」
  2. ファミリー層向けの住宅事情を無料で詳しく紹介する「ヘーベルハウス」
  3. 写真集や具体的な実例が無料で手に入る「三井ホーム」

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

バラエティ豊かな資料が無料で手に入る「積水ハウス」

シャーウッドに代表される木造住宅と「ISシリーズ」を筆頭とする鉄骨住宅を扱っているのが「積水ハウス」です。

 

住宅メーカーの最大手のというだけあり、資料の内容が多種多様で豊かなのが特徴のカタログとなっています。

 

インテリアやエクステリアはもちろん、シンプルで理解しやすい税制の冊子も無料で請求できますよ。

 

実例集も相当な数があるので、満足いく間取りを作りあげていくのにとても参考になります。

 

ファミリー層向けの住宅事情を無料で詳しく紹介する「ヘーベルハウス」

いかなる災害にも強い鉄筋構造に大きな信頼を寄せられているのが「へーベルハウス」です。

 

へーベルハウスの資料冊子は、子供が複数人いる家庭であれば読んでおきたい住宅事情が数多く取り揃えられています。

 

またインテリア冊子も参考になるスタイルが山ほどあり、参考になる事例が本当に多く掲載されているのでオススメです。

 

ちなみにヘーベルハウスについては、当サイトの過去記事である「どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

ヘーベルハウスについて、もう一歩踏み込んだ記事になっているので、新たな知識を得ることができるでしょう。

 

写真集や具体的な実例が無料で手に入る「三井ホーム」

ツーバイフォー工法を主軸とし高級住宅メーカーだと評価をうけている三井ホームは、何種もの魅力的なカタログを発行中です。

 

「外観・インテリア実例集」として、品質と魅力的なシルエットをこだわりぬいた84棟の美しい外観を写真集にしてくれています。

 

また「初めてご請求カタログセット」は、三井ホームならでは特徴や性能、実例など初心者向けの情報をトータルに案内します。

 

さらに独自の木造壁構法や、三井ホームの注文住宅を支える技術をわかりやすく紹介してくれるので助かりますよ。

 

なお三井ホームは「3階建住宅カタログセット」も提供しており、3階建てのデザイン実例を紹介する珍しいカタログです。

 

ちなみに「ほかのハウスメーカーについて知りたい」「どんなメーカーがあるの?」と思う人もいるでしょう。

 

ハウスメーカーについにもっと知りたいなら、当サイトの過去記事である「ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回紹介できなかったメーカーについても詳しく解説した記事になっているので、企業の比較検討をしたい人は要チェックの記事となっていますよ。

 

以上、「絶対におさえておくべき会社はどこ?見ておくべき家のカタログ3選」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家のカタログ」を使いこなす上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「どうすれば効率的に手に入る?家のカタログを集める3つの方法」について、次章では解説していきます。

 

どうすれば効率的に手に入る?家のカタログを集める3つの方法

どうすれば効率的に手に入る?家のカタログを集める3つの方法
この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「どうすれば効率的に手に入る?家のカタログを集める3つの方法」の要点

  1. 住宅展示場でのカタログ入手やアンケート記入などで時間がかかる
  2. ハウスメーカーのサイトから請求すると営業電話がくる可能性あり
  3. 最も効率的かつ面倒ではないのは「一括カタログ請求サイト」の利用

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

住宅展示場でのカタログ入手やアンケート記入などで時間がかかる

一番シンプルにカタログをもらえるのは、各地で開催されている住宅展示場に直接行ってカタログを手に入れる方法です。

 

ところが「カタログだけをもらう」というのは非常に難しいのが実情なので、あらかじめ覚悟しておかないといけません。

 

住宅展示場に足を運ぶと、個人情報の記入など、どんなに頑張っても約1~2時間程度かかって、カタログがもらえるのが現実です。

 

あまりにも時間かかり過ぎてしまうし、セールスパーソンと顔合わせをしてしまうことで、後日メールや電話が来ることも必須です。

 

また「この日までなら何パーセント割引」という契約期限や焦りを誘発する条件などもあるので、じっくり住宅メーカーの比較ができないのです。

 

だからこそ、各社ハウスメーカーのカタログだけをゲットしたいという方には、住宅展示場でのカタログ獲得はオススメしません。

 

ハウスメーカーのサイトから請求すると営業電話がくる可能性あり

「とりあえずカタログだけが欲しい!」という方は、各社のホームページを通じて請求している方も多いと思います。

 

「名前」「住所」「電話番号」の他に、「今の時点での住まいや世帯情報」を入力しなければいけません。

 

さらには「希望の住宅や予算」などなど記入欄が山ほどあり、これを一つ一つ各社HPから取り寄せる形になります。

 

インターネット経由なら自宅できて便利だと思ったものの、実際にチャレンジしてみるとかなり時間がかかって面倒です。

 

しかもネットで請求した場合でも、セールスパーソンから電話がかかってきたり、場合によっては自宅まで挨拶に来たりします。

 

カタログ請求の時点で、がっつりと営業を受けるというのは「ちょっと違う」と思う人も多いのではないでしょうか。

 

最も効率的かつ面倒ではないのは「一括カタログ請求サイト」の利用

一括で複数社のカタログをまとめてゲットできるウェブサービスは非常に便利で、まとめて住宅メーカーのカタログを請求できます。

 

とくに住宅メーカーのカタログをまとめてオーダーできる「HOME’S一括カタログ請求」は使い勝手がいいですよ。

 

各社ごとに個人情報を入力することなく、「HOME’S一括カタログ請求」経由で目当てのカタログをサクッと請求できます。

 

もちろんカタログを取り寄せるだけなので無料ですし、がっつりと営業を受けることもないのが魅力です。

 

運営している「HOME’S(ホームズ)」はCMでもおなじみの人気住宅情報サイトなので、安心して利用できるのも利点です。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

以上、「注文住宅建築には必須?家のカタログの必要性とメリット」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「家のカタログ」を使いこなす上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

まとめ

以上、「家のカタログ」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【注文住宅建築には必須?家のカタログの必要性とメリット】
・カタログなら効率的に情報収集できるうえにイメージも持ちやすい
・カタログを見れば最新の住宅トレンドをカンタンに把握できる
・住宅建築にもっとも重要な「比較」がカタログで効率的にできる

 

【そのまま採用はダメ?家のカタログを見て間取りを決める時の注意点】
・自分のライフスタイルに合った「導線」になっているかチェックする
・「収納は足りているか」「どこに家具を配置するのか」は必ずチェック
・机上の空論ではなく「リアルな生活」を意識した間取りを採用する

 

【絶対におさえておくべき会社はどこ?見ておくべき家のカタログ3選】
・バラエティ豊かな資料が無料で手に入る「積水ハウス」
・ファミリー層向けの住宅事情を無料で詳しく紹介する「ヘーベルハウス」
・写真集や具体的な実例が無料で手に入る「三井ホーム」

 

【どうすれば効率的に手に入る?家のカタログを集める3つの方法】
・住宅展示場でのカタログ入手やアンケート記入などで時間がかかる
・ハウスメーカーのサイトから請求すると営業電話がくる可能性あり
・最も効率的かつ面倒ではないのは「一括カタログ請求サイト」の利用

 

上記に記した知識は、「家のカタログ」を使いこなすうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「家のカタログ」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説