家 人気

最終更新日:2018年3月30日

「人気の家の仕様」に関する知識を全て解説

「人気の家の仕様」に関する知識を全て解説
人気の家の仕様といえば、知識がない人こそ不明瞭になりがちな要素で、なかなか把握できない要素となるでしょう。

 

だからこそ、人気の家の仕様について、いまだに納得いく回答を得られぬまま、調べている人は本当に多いです。

 

具体的には「人気の家の仕様」に関して、下記に示すような不安や疑問を解決すべく情報収集しています。

 

あなたも以下に示す内容と、同じような疑問や不安をもっていませんか?

・今の人気の間取りって何?どんな部屋を採用しているの?
・ハズレがない「人気の定番デザイン」を教えてほしい・・・
・自分の家に「人気の外観」を採用する前に知っておくべき知識とは?
・人気の家を建てられるのはどこの会社なのか知っておきたい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、注文住宅の建築に着手しようとしてはいけません。

 

人気の家の仕様に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないでしょう。

 

せっかく注文住宅に挑戦するのであれば、自分が納得いったうえで満足いく家になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「人気の家の仕様」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「人気の家の仕様」に関する知識はすべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「家にリビングダイニングは必須?人気の間取りの歴史と最新動向」
  • 「古くなっても格好いい家とは?人気の定番デザイン3選」
  • 「見栄えだけではダメ?家に人気の外観を採用する前に知るべき注意点」
  • 「人気の家を建てられるのはどこの会社?おすすめハウスメーカー3選」

上記の知識について、しっかりと理解できていることでしょう。

 

ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

家にリビングダイニングは必須?人気の間取りの歴史と最新動向

家にリビングダイニングは必須?人気の間取りの歴史と最新動向
まず解説するのは「リビングダイニングは必須?人気の間取りの歴史と最新動向」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「リビングダイニングは必須?人気の間取りの歴史と最新動向」の要点

  1. 今も昔もリビングダイニングがある間取りは非常に人気
  2. 一部屋あたりの大きい間取りを採用するのが最近のトレンド
  3. 「とりあえずの畳部屋」を採用して後悔している人は非常に多い

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

今も昔もリビングダイニングがある間取りは非常に人気

リビングルームは間取りのメインであり、昔から食事専用のルームがあることが一種のステータスでした。

 

キッチンは独立し、ダイニングルームやリビングからだとキッチンの中までは見ることが出来ない作りになっています。

 

リビングとダイニングが融合し、キッチンは別々になっているものの、料理しながらリビングを見渡すことができます。

 

リビングには高級感の象徴なので、コーナーに大型のソファーを置くなどの間取りがステータスでした。

 

近年はリビングダイニングキッチンの間取りが全体の大多数を占めており、もはや定番と言っても過言ではない間取りです。

 

リビングダイニングの間取りは今でも人気で、大多数の間取りがリビングダイニングと言っても過言ではありません。

 

一部屋あたりの大きさが大きい間取りを採用するのが最近のトレンド

延べ床面積は1970年代から現在まで、年々大きくなってきており、敷地面積も同様です。

 

昔に比べて、敷地面積は大きくなっているのが現状ですが、注目すべきは部屋数で、実は近年減少しているのが実情です。

 

延床面積が増大し、部屋数が減少したことからわかるように、一部屋あたりの面積が大きくなった、もしくは庭が大きくなっています。

 

一部屋あたりの大きさが増えているのが最近のトレンドであり、特にリビングルームが大きい間取りが人気となっています。

 

「とりあえずの畳部屋」を採用して後悔している人は非常に多い

畳部屋はリビングに併設された6畳前後の和室で、うまく活用できない部屋として業界では有名です。

 

実際に「子供の遊び場にしようと思ったけど意外と使わない」「子供たちはリビングの方でよく遊ぶ」という声が多いです。

 

または「押し入れの収納が取り出しづらい」「満足いくレベルまで使いこなせない」困っている人が絶えません。

 

日本人の畳部屋の最高の使い方は「新しい畳」「シンプルな空間」「最小限の家具」で、まさに日本人が求める畳部屋です。

 

住宅写真くらいまでクオリティを高めれば、大切なゲストを出迎えする空間として使えるでしょうが、現実的ではありません。

 

畳部屋の目的はこたつ等のイメージや漠然とした「これから先の需要」ではなく、趣味のお茶や応接室等、明確な目的が必要です。

 

以上、「リビングダイニングは必須?人気の間取りの歴史と最新動向」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「人気の家の仕様」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「古くなっても格好いい家とは?人気の定番デザイン3選」について、次章では解説していきます。

 

古くなっても格好いい家とは?人気の定番デザイン3選

古くなっても格好いい家とは?人気の定番デザイン3選
次に解説するのは「古くなっても格好いい家とは?人気の定番デザイン3選」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「古くなっても格好いい家とは?人気の定番デザイン3選」の要点

  1. 移り変わる趣味嗜好に翻弄されない「奇抜でないデザイン」が定番
  2. 古くなっても美しい家はイメージが統一されたデザインを採用している
  3. 左右対称の「シンメトリーデザイン」のマイホームが定番かつ人気

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

移り変わる趣味嗜好に翻弄されない「奇抜でないデザイン」が定番

今のマイホームを求める人にとって、人気の家のデザインは第一に「奇抜なデザインではないこと」です。

 

もちろん、外観デザインの好みは個人差がありますから、自分の好きなものを取り入れたいという人もいるでしょう。

 

しかし多くの人に長く愛されデザインは、標準的なデザインでなければならず、奇抜なものや目立つのは時流ではないのです。

 

また、好みというものは時代や年齢によって推移していくもので、若いときと年をとったときでは違います。

 

若いときには個性的なものが好きな人であっても、年齢を重ねていくと人は今までと違った要素が良いと思うのです。

 

長い目で見たら、外観は定番のデザインの家のほうが、時代が移り変わろうとも多くの人から支持を受けられるものです。

 

古くなっても美しい家はイメージが統一されたデザインを採用している

今のマイホームを求める人にとって、人気の家のデザインは第二に「全体のイメージが統一されていること」です。

 

さまざまなデザイン要素を混在させて全体をうまく両方ともをとけ合わせるのは、難しいものです。

 

モダン調と和風の融合等、エッジの効いたデザインコンセプトが自分の好みだとしても、なかなかまとまりを得られません。

 

たくさんの要素を盛り込むより、シンプルなフォルムに少ない装飾でアクセントをつけるほうが、統一感が生まれます。

 

そして、統一されていれば築年数に影響されることなく、古くなっても美しいと評価されるため人気のデザインとなっているのです。

 

左右対称の「シンメトリーデザイン」のマイホームが定番かつ人気

今のマイホームを求める人にとって、人気のデザインの第三としては「全体のバランスが考えられていること」です。

 

外観を眺めたとき、開口部やバルコニーのポジショニング、屋根形状、配色など、建物全体のバランスがとれていることが必要です。

 

わかりやすい例としては、「対象」の意味を表す「シンメトリー」のマイホームが挙げられます。

 

必ずしもシンメトリーにしたほうがいいというわけではないのですが、間取りを考えるときは意識すべきです。

 

また外観がどうなるのか、立面図も認識しながら、プランニングをすすめていく必要があります。

 

色はもちろんですが窓のサイズを統一したり、セッティングを整えるなど、ちょっとした配慮で、外観を美しくすることが可能です。

 

古い建築物を見て、建物は古くても「見た目がいい」と思えたら、間違いなくこれらの要件が備わっています。

 

新築した当初だけでなく、数十年後のあなた自身が愛せるような外観が、必然的に人気デザインとなっているのです。

 

以上、「古くなっても格好いい家とは?人気の定番デザイン3選」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「人気の家の仕様」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「見栄えだけではダメ?家に人気の外観を採用する前に知るべき注意点」について、次章では解説していきます。

 

見栄えだけではダメ?家に人気の外観を採用する前に知るべき注意点

見栄えだけではダメ?家に人気の外観を採用する前に知るべき注意点
次に解説するのは「見栄えだけではダメ?家に人気の外観を採用する前に知るべき注意点」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「見栄えだけではダメ?家に人気の外観を採用する前に知るべき注意点」の要点

  1. 人気度だけを意識せず防犯面やプライバシーを考慮した外観を採用する
  2. ご近所にある家との調和を意識した外観にしないといけない
  3. デザインだけでなくメンテナンス性についても意識しておく

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

人気度だけを意識せず防犯面やプライバシーを考慮した外観を採用する

家の外観を決める要素として、窓の種類やポジショニングはとても重要ですが、単なる外観だけではだめです。

 

防犯面とプライバシー面も考慮したうえで、窓のポジショニングを決めるようにしましょう。

 

まず空き巣被害の問題を考えなければならず、よくある空き巣被害の大半は、窓をこじ開けられての侵入が原因です。

 

自分好みの外観にするために窓を沢山セッティングしてしまうと、空き巣の被害に合うリスクが高くなります。

 

更にプライバシーの問題を考えると、色んなところに窓をセッティングできるわけではありません。

 

もし所有している敷地が広く、となり近所との距離が遠い場合は、周囲からの視線を気にすることがないです。

 

だからこそ比較的に、あなたの気に入るように自由に窓の配置を考えることができるでしょう。

 

その一方で、隣家との距離が近いケースや人通りがよく見られる道路に窓が面している場合は、外からの視線が気になりますよね。

 

特に隣家の窓に対向する形で窓をセッティングししまうと、せっかく窓を設置したのに開けることを躊躇することになります。

 

ご近所にある家との調和を意識した外観にしないといけない

外壁や屋根などの外観の色を選ぶ際は、周りに配置している家との調和を考えることも大切です。

 

住宅街などを歩いていると、外壁の色はおのおのの家で様々ですが、街全体として調和があるのがよくわかるはずです。

 

自分の好きな色や奇抜な色を選ぶのも選択肢として存在しますが、あまりにも目立つ色にしてしまうのはいけません。

 

周囲の家との調和を乱すことになるのが目にみえているのが、避けた方がよい選択肢と言っても過言ではないです。

 

また外観を決めるのは外壁だけでなく、屋根やバルコニー・ベランダの色も考えて決めると、家全体の印象がよくなるでしょう。

 

デザインだけでなくメンテナンス性についても意識しておく

窓や外壁の種類にもよりますが、一戸建てを買い付けた場合は長期的なメンテナンスや修繕が欠かせません。

 

特に外壁は、常に紫外線や雨風の影響をいつも被っているので、カビやコケが生えてきます。

 

さらにコーキングやシーリングに見られる「クラック」「色あせ」など、細々したトラブルが頻発してくるのです。

 

外壁は建物自体を長持ちさせていくのであれば、極めて重要な役割を担っています。

 

外壁の種類や施工状況にもよりますが、長くても5年ごとに点検をし、不具合については部分的な補修を行うようにしましょう。

 

以上、「見栄えだけではダメ?家に人気の外観を採用する前に知るべき注意点」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「人気の家の仕様」を理解する上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

 

ただし、あなたが持っている疑問や不安を払拭するために知っておくべき知識は、この限りではありません。

 

同じく重要な知識である「人気の家を建てられるのはどこの会社?おすすめハウスメーカー3選」について、次章では解説していきます。

 

人気の家を建てられるのはどこの会社?おすすめハウスメーカー3選

人気の家を建てられるのはどこの会社?おすすめハウスメーカー3選
次に解説するのは「人気の家を建てられるのはどこの会社?おすすめハウスメーカー3選」です。

 

この章で絶対に理解していただきたい要点をまとめておくと、以下の通りになります。

「人気の家を建てられるのはどこの会社?おすすめハウスメーカー3選」の要点

  1. ディーラーごとのブレはあるものの一定の評判があるのが「ミサワホーム」
  2. 住みやすさと光熱費削減を考えるなら「セキスイハイム」がベスト
  3. 業界最高水準の建築費に見合う精度が期待できる「ヘーベルハウス」

ではそれぞれの内容を、次項より詳しく解説していきましょう。

 

ディーラーごとのブレはあるものの一定の評判があるのが「ミサワホーム」

中二階に実現させた抜群の収納力

「蔵のある家」シリーズが大ヒットをだしたことが記憶に新しく、魅力的な商品で評判のミサワホーム。

 

グッドデザイン賞の「蔵のある家」は、中二階(1階と2階の間)に大収納を生み出すことで、収納力を50%以上もアップしました。

 

特許が切れた途端に他社も似たような商品をセールスするようになりましたが、ミサワホームの商品力は今も定評があります。

 

耐久性などにすぐれた家

ミサワホームでよく耳にするのは「南極でも持ち堪えてくれる家」で、南極・昭和基地の建物の9割はミサワホームの建設です。

 

厳しい環境の中でも力を発揮する断熱性はもちろんのこと、気密性・耐久性にも優れた家づくりに特徴があります。

 

先の震災でも、地震や津波に耐えたミサワ製の一戸建てが口コミで話題になり、ミサワの全住宅が政府認定の家だと知れ渡りました。

 

ブレのあるディーラー性を採用

ミサワホームはディーラー制をとっていて、ミサワの本社は商品開発と宣伝が主要で、施工などは各ディーラーに委託されています。

 

そのため、代理店によって価格や営業力、出来上がり具合などに差があるというのが一般的なミサホワームの口コミ評価です。

 

逆に言えば、いいディーラーに出会えれば安く完成できたり、理想の家に近づけるチャンスもあります。

 

住みやすさと光熱費削減を考えるなら「セキスイハイム」がベスト

エコ住宅に定評があるセキスイ

環境に優しいエコ住宅が人気で、不況に悶え苦しむ住宅業界の中で、ひときわ目立つのがセキスイハイムの好調ぶりです。

 

人気の秘密は、太陽光発電やオール電化をミックスさせた高気密・高断熱のエコ住宅です。

 

エアコンなしで暮らせて、光熱費ゼロにとどまらず、光熱費黒字の家庭も増加しているという口コミもよくみられます。

 

電力消費を最低限にできるシステムを搭載

セキスイハイムユーザーの90%以上が取り入れるというのが、安い深夜の電力を利用して床下に熱を蓄積するシステムです。

 

床から部屋全体を管理する「あったかハイム」がそのシステムであり、電力消費を最小限に抑えてくれます。

 

システムを採用すれば、廊下やトイレ・浴室など、家の至るところにまでやわらかな暖かさが広がりますよ。

 

品質にばらつきがないユニット工法

セキスイハイムの評判のよさは、強引なセールス行為がないことと、家の構造としてのバツグンの安定感があります。

 

自社工場でほぼほぼ完成済のユニットで建築できることから、品質にバラつきの出やすい工務店任せのメーカーと違います。

 

品質や仕上がりにブレがなく、精密に仕上げた住宅を短期間で建てることができます。

 

その反面、設計の自由度が低く自分仕様にすることが難しいという短所もあるので注意が必要です。

 

ちなみにセキスイハイムを利用する際、建材や設備などの変更をしたい時は、事前に交渉が必要となります。

 

業界最高水準の建築費に見合う精度が期待できる「ヘーベルハウス」

頑丈な家ならお任せ

旭化成ホームズが運営する「ヘーベルハウス」は、ほかのハウスメーカーにくらべて長寿住宅が最大の特徴です。

 

安心の長寿住宅にするために地震エネルギーを吸収する仕組みを採用しており、国交省認定の耐火構造で万一の火事も安全です。

 

どんな環境でもしっかり守ってくれる「頑丈なマイホーム」を求める人にとって、ヘーベルハウスは向いていると言えます。

 

最高レベルの建築費は伊達ではない

業界トップレベルの質の高いメーカーとして評判のヘーベルハウスは、高い質を担保するせいか、坪単価目安が70万円と料金も業界トップクラスです。

 

そのかわりに独自の「60年点検システム」を採用することによって、入居後30年間はメンテナンス費が無料になっています。

 

その後も有料にはなりますが、定期メンテナンスを実施するので、基本性能と資産価値を60年先までキープできますよ。

 

充実したサポート体制が用意されていますので、工事開始時は高い出費になっても、長い目で見ればコスパ良好という声も多数あります。

 

品質もアウターも最高レベル

ヘーベルハウスは顧客へのサポートの厚さでも高い評価を得ており、大きな震災があると一軒一軒回る、というのは有名な話です。

 

強引な営業もなく、長いおつきあいができる「実力を備えた会社」というイメージが浸透しています。

 

金額が高いだけあって,ほかのハウスメーカーと比べても商品提案力も高く、全体的に安定感のあるメーカーといえます。

 

ちなみにほかのハウスメーカーについて知りたい人は、当サイトの過去記事である「ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

今回紹介できなかったメーカーについても詳しく解説した記事になっているので、企業の比較検討をしたい人は要チェックの記事となっていますよ。

 

以上、「リビングダイニングは必須?人気の間取りの歴史と最新動向」について解説してきました。

 

この章で解説した知識は「人気の家の仕様」を知る上で重要な知識なので、忘れないようにしてください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「人気の家の仕様」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

改めて、ここまで解説してきた知識の要点を、以下にまとめてみました。

 

今回の記事でどんな知識を得ることができたのかという「総決算」になるので、ぜひチェックをお願いします。

 

今回の記事のまとめ

【リビングダイニングは必須?人気の間取りの歴史と最新動向】
・今も昔もリビングダイニングがある間取りは非常に人気
・一部屋あたりの大きい間取りを採用するのが最近のトレンド
・「とりあえずの畳部屋」を採用して後悔している人は非常に多い

 

【古くなっても格好いい家とは?人気の定番デザイン3選】
・移り変わる趣味嗜好に翻弄されない「奇抜でないデザイン」が定番
・古くなっても美しい家はイメージが統一されたデザインを採用している
・左右対称の「シンメトリーデザイン」のマイホームが定番かつ人気

 

【見栄えだけではダメ?家に人気の外観を採用する前に知るべき注意点】
・人気度だけを意識せず防犯面やプライバシーを考慮した外観を採用する
・ご近所にある家との調和を意識した外観にしないといけない
・デザインだけでなくメンテナンス性についても意識しておく

 

【人気の家を建てられるのはどこの会社?おすすめハウスメーカー3選】
・ディーラーごとのブレはあるものの一定の評判があるのが「ミサワホーム」
・住みやすさと光熱費削減を考えるなら「セキスイハイム」がベスト
・業界最高水準の建築費に見合う精度が期待できる「ヘーベルハウス」

 

上記に記した知識は、「人気の家の仕様」を理解するうえで、絶対に必要な知識のため必ず吸収しておくべきです。

 

逆に解説してきた知識さえ押さえておけば、今回のテーマであなたが疑問や不安を抱く必要はもうないでしょう。

 

あなたにとって必要な知識は、すべて網羅できているので安心して大丈夫ですよ。

 

今回テーマにした「人気の家の仕様」に関する知識を使って、今後に活かしてもらえれば幸いです。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説