家購入 頭金 目安

最終更新日:2018年2月6日

「家の購入に必要な頭金の目安」を完全解説

「家の購入に必要な頭金の目安」を完全解説
「家の購入に必要な頭金の目安」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・家を購入する時に必要な頭金の目安を知りたい
・目安の金額まで、家購入の頭金を貯めるにはどうすればいい?
・なかなか貯まらないので、頭金なしで買うつもりだけど大丈夫?

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、家を購入しようとしてはいけません。

 

家の購入に必要な頭金の目安が理解できていないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかく家を購入するのであれば、自分が納得いく家で、安心して支払える返済額になってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「家の購入に必要な頭金の目安」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知るべき「家の購入に必要な頭金の目安」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「家を購入する時に必要な頭金の目安」
  • 「目安の金額まで家購入の頭金を貯める6つのポイント」
  • 「目安まで貯まらない人の頭金なしの住宅購入の注意点」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

家を購入する時に必要な頭金の目安

家を購入する時に必要な頭金の目安
まず紹介するのは「家を購入する時に必要な頭金の目安」です。

 

マイホームの買い入れには、住宅ローンにお世話になる人がほとんどです。

 

単純に家が高い値段で、お金を用意できないから借り入れする人がほとんどでしょう。

 

昨今の住宅ローンの金利は、本当に低く魅力的な商品となっています。

 

だからこそ、現金で購入できるけどあえて借りる人も多いです。

 

ただしいずれのケースでも、家の購入額を全ての金額を貸し付けされるわけではないです。

 

「頭金」と言って、相応の金額は手持ちの現金で確保する必要があります。

 

では、頭金はいくら用意すれば良いのでしょうか?

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

家を購入する時に必要な頭金の目安

  1. 購入金額の1~2割用意するのが頭金の目安
  2. 自分の返済能力から頭金を決めるのもアリ

 

購入金額の1~2割用意するのが頭金の目安

一般的に頭金の目安は、物件購入額の2割です。

 

もちろんこの限りではなく、あくまでも参考程度で20%が理想なのです。

 

なぜ2割なのかというと、昔からの住宅ローン事情を影響しています。

 

昔は頭金を20%用意できなければ、ローン契約が難しかった事情があります。

 

つまり申込み条件に組み込まれていたので仕方なく、という背景があるのです。

 

もし2割用意できない人は、物件購入額の1割が目安となるでしょう。

 

実は頭金10%にも理由があります。

 

実はフラット35など一定の銀行では、頭金10%を入れるとお得になるのです。

 

具体的には、頭金を10%用意すると金利が低くなるという特典が発生します。

 

頭金を10%以上準備できれば、借入利率でプラスになります。

 

裏を返せば、頭金が10%以下だと借入利率において不利になるのです。

 

ただし、金利が高くなっても良いのであれば、頭金は関係ありません。

 

フラット35の住宅ローンは、頭金10%以下で融資は可能となっています。

 

フラット35については、当サイトの過去記事である「フラット35でお馴染み!モーゲージ方式の住宅ローンを徹底解説」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

自分の返済能力から頭金を決めるのもアリ

住宅ローンを購入する場合は、頭金だけ考えてもダメです。

 

その後の「あなた自身の返済能力や返済プラン」も考えることが重要になります。

 

頭金なしでもローン利用できますが、その後の返済が厳しくなればマズイです。

 

家計を超えた支払い金額だと、生活するうえでは厳しいですよね。

 

家を手にいれても、住宅ローン返済が生活費を圧迫したら無意味です。

 

マイホームのせいで家計が苦しくなってしまっては、本末転倒です。

 

返済能力を踏まえた住宅ローンの目安として「返済比率」があります。

 

頭金の額が決まる「返済比率」とは

年収に対する1年間の返済額割合(返済比率)が、低ければ低いほどよいです。

 

「1年間の返済額」には自動車ローンやカードローンも含めて計算しましょう。

 

返済比率は、民間の銀行で20%~25%以下です。

 

フラット35では、30%~35%以下が設定されています。

 

特にフラット35は、年間給与400万円に達しない人は返済比率30%以下になります。

 

また年収400万円以上の人なら、返済比率35%以下になる規定です。

 

つまり年収が400万円以下の場合、少し厳し目に見られるのです。

 

実は返済比率が2割~3割の範囲に落ち着くのは、理由があります。

 

「賃貸家賃の目安は月収の3割」という定説に関連しているのです。

 

ただし、筆者としては返済比率30%だと、家計の負担が小さくないと考えます。

 

だからこそ、やはり返済比率は20%台に抑えておくのがベストでしょう。

 

返済比率については、当サイトの過去記事である「基礎知識からまで目安まで徹底解説!住宅ローン「返済比率」の全知識」にて詳しく解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

ここまでは、「家を購入する時に必要な頭金の目安」をお伝えしました。

 

家を購入する時にどれくらいの頭金を用意しておけばいいのか、理解していただけたと思います。

 

ただし、目安の金額までどうやって貯めればいいのかは、まだわからないでしょう。

 

そこで次は「目安の金額まで家購入の頭金を貯める6つのポイント」について紹介していきます。

 

目安の金額まで家購入の頭金を貯める6つのポイント

目安の金額まで家購入の頭金を貯める6つのポイント
今手元にあるお金だけでは、マイホームが買えない場合もあるでしょう。

 

また親御さんからの資金援助等も難しい人もいるはず。

 

こうなると、もう自分で貯金していくしかありません。

 

では、実際どのようにお叶えを貯めけばいいのでしょうか。

 

そこでこの章では、サクサクとお金を貯めていくポイントをお伝えします。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

目安の金額まで家購入の頭金を貯める6つのポイント

  1. お金が貯まらない「悪いクセ」を意識する
  2. 「まず使う」のではなく「まず貯める」
  3. 天引きによる貯金が一番確実
  4. 保険の積み立ては「貯金」ではない
  5. 生命保険の見直しでお金が生まれる
  6. 頭金のためにクレジットカードは使わない

 

お金が貯まらない「悪いクセ」を意識する

お金の貯め方は、学校等ではサッパリ教えてくれない知識です。

 

そのため、どうしても自己流になってしまうでしょう。

 

そのせいか、お金がなかなか貯まらないという人には共通点があります。

 

共通点とは、「先にお金を使い、残ったお金を貯めるつもり」だということです。

 

給料が入れば、家賃を・保険料を払ったうえで、携帯電話代を払います。

 

そのほかにも、食費やいろいろなものに使うでしょう。

 

全てを払ったうえで、残ったお金を貯めるので、お金が貯まらないわけです。

 

例えば5万円を貯めようとしているとしましょう。

 

頑張って5万円を残そうとするわけですが、実際には5万円も残りません。

 

かなりの強い意思がない限り、色々と使ったあとに5万円を残すのは大変です。

 

なかなかお金を貯まらない人には共通次項として、後回しの傾向が見られます。

 

「まず使う」のではなく「まず貯める」

ではお金が貯まるようにするには、どうすればいいのでしょうか。

 

カンタンにいえば、お金の流れを逆にすれば状況は改善されるでしょう。

 

つまり、入ってきたお金を使い、残ったお金を貯めようとするのではダメです。

 

お金が入ればまず貯めて、残ったお金を使うとお金は貯まっていくのです。

 

ただ、やはり手元にお金があると、どうしても使ってしまいがちになります。

 

入ってきた収入から、貯金分を取り分けるのは、なかなか難しいでしょう。

 

そのため自動的かつ強制的に、取り分けるのが、お金を貯める一番の方法です。

 

具体的には「天引きでの貯金」を実施するのです。

 

天引きによる貯金が一番確実

天引きの貯金というと、一番よく知られて使いやすいものが財形貯蓄です。

 

職場に財形制度があれば使え、給料が手元に至る前に、天引きしてくれます。

 

財形貯蓄では、毎月一定金額を先に給料から天引きして貯蓄してくれます。

 

気づかぬうちに天引きされるので、抵抗感なく貯蓄できるでしょう。

 

自然にお金が貯まっていくので、細かいことが気にする必要もありません。

 

保険の積み立ては「貯金」ではない

天引きという仕組みは、財形貯蓄や定期預金以外にもあります。

 

代表的な例といえば「保険」でしょう。

 

お金が貯まる保険商品に、毎月保険料としてお金を積み建てる方法があります。

 

しかし、家のために貯金をするなら、利用すべきではありません。

 

なぜなら、3年や5年で解約することを想定していないからです。

 

積み立て保険は、払った金額以下になって返ってくることがほとんどです。

 

せっかく積み立てのお金が減るのでは、貯金として意味がありません。

 

そのため保険を使っての貯金は、絶対にしないようにしてください。

 

生命保険の見直しでお金が生まれる

保険の見直しは手間がかからずに、一番大きな効果が得られる節約方法です

 

食費の節約や光熱費の節約にしても、やり続けなければ元の出費に戻ります。

 

しかし保険の見直しは、一度行ってしまえば効果がずっと出続けます。

 

そのため、保険の見直しは効率がいいのです。

 

食費や光熱費を月々1万円減らそうと思っても、なかなか難しいことです。

 

一方、保険の場合には、見直しで保険料を月々1万円減らすことは簡単です。

 

もちろん、月々の保険料が全体で5,000円ほどだという場合は例外になります。

 

ある程度金額が多くないと、効果は見込めないでしょう。

 

例えば夫婦で数万円、家族全員で数万円ほど払っているならOKです。

 

現在支払っている保険料を1万円程度減らすことがすぐにできるでしょう。

 

なぜなら、マイホームには団体信用生命保険があるからです。

 

団体信用生命保険は「生命保険」なので、二重で掛けることになります。

 

ローンの返済者に万一の事があっても、保険適用でローンがチャラになります。

 

団体信用生命保険を利用するマイホーム購入では生命保険は削っていいのです。

 

その分早くマイホームを買えますし、もっといい土地やグレードを買えます。

 

団体信用保険については、「3大疾病保障付き家の購入を大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

頭金のためにクレジットカードは使わない

クレジットカードを使えば、現金で払うよりもポイントが貯まります。

 

貯まったポイントで買い物できたり、現金に変換できるので便利でしょう。

 

しかし実は大抵の場合、クレジットカードを使うことで出費が増えるのです。

 

クレジットカードでお金を払うときには、お金を払っている感覚がありません。

 

その場で手元のお金が減らないので、お金を払った感覚を持てないのです。

 

払う感覚がないと無意識のうちに、気が大きくなります。

 

結果的についつい使い過ぎる人が多くなるでしょう。

 

実際にクレカを使う人なら、一度は使いすぎる感覚を味わったことがあるはず。

 

ポイントが付くからといっても、実際にはポイントぶん以上の買い物をします。

 

シンプルにいえば、クレカのせいで「無駄使い」していることが多いのです。

 

そのため基本的にクレジットカードを使わない方が、お金は貯まりやすいです。

 

試しに、1ヶ月間クレジットカードを使うのをやめてみてください。

 

買い物は全部現金、ネットでものを買う時は全部代引きにするのです。

 

出費が劇的に減っていくことに気がつくことでしょう。

 

ここまでは、「目安の金額まで家購入の頭金を貯める6つのポイント」をお伝えしました。

 

目安の金額まで家購入の頭金を貯める具体的な方法について、分かっていただけたと思います。

 

ただし、場合によっては貯金が難しいということもあるでしょう。

 

そこで次は「目安まで貯まらない人の頭金なしの住宅購入の注意点」について紹介していきます。

 

目安まで貯まらない人の頭金なしの住宅購入の注意点

目安まで貯まらない人の頭金なしの住宅購入の注意点
ここまで紹介してきた方法を駆使しても、頭金が貯まらない人もいるでしょう。

 

貯まらないなら頭金なしで、家を購入するしか方法は残されていません。

 

しかし頭金なしで住宅ローンを組んでも大丈夫なのでしょうか?

 

基本的には月々の返済が滞らなければ、頭金なしでローンを組んでもOKです。

 

もちろん、金融機関の審査に通ることが前提ですが。

 

最近は、「頭金なしで家が買える」とアピールする広告をたくさん見かけます。

 

実際に頭金なしでも家を購入できる環境ですが、それでも注意は必要です。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

目安まで貯まらない人の頭金なしの住宅購入の注意点

  1. 資産価値の下がらない家を購入すべき
  2. ローンの支払いが家賃と一緒とは考えてはダメ
  3. 諸経費支払い用の現金だけは確保する

 

資産価値の下がらない家を購入すべき

新築住宅を購入する場合、なるべく資産価値が下がらない物件を選びましょう。

 

将来、価値が下がらずに売却できそうな物件であれば、なんとかなります。

 

最悪、返済に困る場合があっても、売却すれば住宅ローンを返済可能でしょう。

 

また新築に比べ、ロープライスで資産価値が下がりにくい中古住宅を選択するのもアリです。

 

中古物件はとっくに、資産価値がある程度ダウンしています。

 

そのため、買い入れ後に資産価値が一気に値下がりする可能性は低くて安心です。

 

銀行の対応と手付金に要注意

ただし、中古住宅を頭金なしで買い入れるケースでは、少しばかり注意事項があります。

 

まず、銀行が担保価値をどうジャッジするかが問題です。

 

場合によっては、全額のローンがおりないかもしれません。

 

他にも、中古住宅購入には手付金が必要です。

 

手付金は、売主と買主との間で金額が決められます。

 

しかし一般的には物件価格の10%~20%程度と決まっています。

 

売主が手付金の減額に応じてもらえないと、現金を用意しなければなりません。

 

ローンの支払いが家賃と一緒とは考えてはダメ

住宅ローンの支払いを、家賃と一緒くたにしてはダメです。

 

「家賃代で返済ができる」という言葉を鵜呑みにすると、痛い目にあいますよ。

 

実は家賃を前提にした資金計画には、大きな落とし穴があります。

 

住宅購入後には、今までの家賃にはかからなかったお金が発生するのです。

 

具体的には不動産取得税や、固定資産税・リフォーム代がかかります。

 

またマンションの場合は修繕積立金、管理費、駐車場代もかかってきます。

 

販売する側は、返済費用以外のコストを強調しないのが通例です。

 

だからこそ、毎月の住宅出費が、今までの家賃と同等と考えてはダメです。

 

結果的に資金繰りが回らなくなり、返済が滞る可能性があります。

 

返済費用以外のコストを見込んでも、今までの家賃に収まるか確認しましょう。

 

諸経費支払い用の現金だけは確保する

最近は、諸経費・仲介手数料を含められる住宅ローンがでてきました。

 

しかし当然ながら、諸経費の部分に担保価値はありません。

 

だからこそ、金融機関の審査は厳しくなります。

 

全額の借入ができない場合に備えて、諸経費は現金で用意しておきましょう。

 

また、引っ越し費用、当面の生活費も現金で用意しておく必要があります。

 

頭金なしで買うならローコスト住宅

頭金なしで家を購入することそのものは可能です。

 

しかし、なるべくリスクを負わない工夫が必要なのです。

 

できることなら、頭金をいれ、借入金額を減らした方がいいでしょう。

 

間違いなく将来のリスクも減らせますし、利子総額も減らすことが可能です。

 

ただ、できない場合はできないなりに工夫すればリスクは最小化できます。

 

リスクの最小化という意味で筆者は「ローコスト住宅」を押します。

 

今はローコスト住宅といって、低価格ながら質の良い新築が建築できます。

 

ローコスト住宅については、当サイトの過去記事である「ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説」にて詳しく解説しております。

 

ローコスト住宅は、低価格で質が良いので頭金なしの購入にぴったりです

 

良質な業者にであえば、あなたが100%満足いく家ができるでしょう。

 

しかしどの業者なら良い住宅を建てられるかなんて、分からないですよね?

 

そんな方に「HOME’Sの一括資料請求サービス」を筆者はオススメしています。

 

予算を入力すれば、希望に沿った金額で建築できる企業が一発でわかります。

 

そのうえで、資料を一気に取り寄せできますよ。

 

なるべく複数の業者を色々と対比させたいという方には、もってこいです。

 

初心者のために土地探しサポートや、資金計画書作成も無料で行ってくれます。

 

お得に理想の家を手に入れたいなら、「HOME’S」のサービスがお勧めです。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「家の購入に必要な頭金の目安」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「家の購入に必要な頭金の目安」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、家を購入する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説