家購入 頭金

最終更新日:2018年2月6日

「家購入に必要な頭金」の全知識を解説

「家購入に必要な頭金」の全知識を解説
「家購入に必要な頭金」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・家の購入における頭金を用意するメリットを教えてほしい
・他のみんなは、家の購入のための頭金をどれくらい用意しているの?
・どうすれば家購入に必要な頭金を用意できるのだろうか・・・
・家の購入のための頭金を入れる際の注意点を知りたい

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、家の購入に着手してはいけません。

 

家購入に必要な頭金に対する知識がまだ足りていないので、頭金を入れる利点を活かせないでしょう。

 

せっかく家購入のために頭金を用意するのであれば、その利点を最大限活かしたいですよね?

 

そこで今回の記事では「家購入に必要な頭金」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「家購入に必要な頭金」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「家の購入における頭金の基礎知識」
  • 「家の購入で頭金を用意するメリット」
  • 「家の購入時に用意する頭金の相場」
  • 「家購入に必要な頭金を用意する方法」
  • 「家購入で頭金を用意する際の注意点」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

家の購入における頭金の基礎知識

家の購入における頭金の基礎知識
まずピックアップするのは「家の購入における頭金の基礎知識」です。

 

家の購入における「頭金」の定義は、不動産価格を納めるときに「ローンを利用せずに手持ち資金で支払う金額」です。

 

住宅ローン使用時に銀行に頭金を納めると、家の購入にかかる返済額が少なくなります。

 

1,000万円のローンの契約した時、頭金を100万円いれれば残債は900万円となります。

 

つまり頭金は家の購入にかかる金額を少なくするためのお金なのです。

 

家購入時に頭金をいれることは色々と良い点はありますが、「家購入の返済金を引き下げるため」という認識でOKです。

 

頭金を用意できない場合は家の購入はどうなるのか

頭金は基本的にプラスアルファの立ち位置なので、「必要不可欠」ではありません。

 

昔は頭金を準備しないと、住宅ローン活用ができない銀行もありました。

 

人気を集める「フラット35」は「ローン限度は物件代金の90%まで」の縛りがありました。

 

つまり物件代金の10%の頭金は、用意する責務があったのです。

 

しかし現在は制約もないので、頭金を持ち合わせてなくても住宅ローンで住宅を購入できます。

 

家購入に必要な頭金以外にかかる初期費用に注意

マイホームを入手する際、頭金以外にも現金が欠かせないので気を付けて下さい。

 

頭金を入れすぎて、物件購入にかかる初期コストが払えないという事態にはならないように心がけましょう。

 

マイホームを買い入れる際、必要なのは頭金だけではなく、不動産価格以外にも様々なコストがかかります。

 

いわゆる「初期費用」「諸費用」と言われているコストが必要になります。

 

では家購入に必要な頭金以外の初期コストは、何が当てはまり、どのくらいプラスされるのでしょう。

 

いくつかカテゴリーがありますが、費用のほとんどを締めるのは「仲介手数料」です。

 

仲介手数料の他は税金がありますが、全部一緒にすると物件価格の1割以上にはなってきます。

 

頭金以外の初期費用については、「いくら用意すべきか丸わかり!家の購入を組む時にかかる費用を徹底解説」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

ここまでは、「家の購入における頭金の基礎知識」をお伝えしました。

 

最初におさえておくべき頭金の知識について、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「家の購入における頭金のメリット」です。

 

家の購入で頭金を用意する2つのメリット

家の購入で頭金を用意する2つのメリット
この章では「頭金を準備するメリット」について深掘りしていきましょう。

 

家購入に必要な頭金はマイホームを入手するために、住宅ローンを使用する銀行に事前に払いこむお金です。

 

ウェブの記事や様々な専門誌で、頭金の用意がすすめられています。

 

頭金を準備するのが当然の様に書かれていますが、なぜ頭金が欠かせないのかという「理由」は言及されていません。

 

本やネットの文章を見て「なぜ頭金を準備しなければいけないのだろう?」と疑問に思っている人も多いでしょう。

 

では一体、頭金を準備すると、どのような利点があるのでしょうか?

 

先に結論を言うと、家の購入における頭金を準備することによって、次に示すようなメリットを得ることができます。

家の購入で頭金を用意する2つのメリット

  1. 住宅ローン審査に通過しやすくなる
  2. 金利負担が減少する

 

家の購入における頭金のメリット1.住宅ローン審査に通過しやすくなる

住宅ローン審査は、給料と借入総額のつり合いを見て、合否を出しています。

 

給料と返済金額が見合ってないとお断りされるでしょう。

 

「借り入れ金額が少額ならパスしていた」と、惜しい状況でお断りされることも少なくありません。

 

そんな時力を発揮してくれるのが、頭金です。

 

審査の結果に影響する給料は増やせませんが、頭金を用意すれば借入額の総額を少なくできます。

 

借り入れ額が減れば、言うまでもなくローン審査も通りやすくなるでしょう。

 

また頭金は長い年月にわたる貯蓄で準備されるのがほとんどのため、頭金を提示すること自体が、アドバンテージになります。

 

つまりは「長い間コツコツを貯め込むことができた努力家」だと、銀行から高評価を得るのです。

 

頭金はいっぱいあると力を発揮しますが、30万円~50万円でも十分な効果を見込めますよ。

 

家の購入における頭金のメリット2.金利負担が減少する

頭金を多く準備すると、借入額が少なくなり、家の購入の支払いスパンを短縮できます。

 

住宅ローンは融通して貰う期間が長いほど、利子が課されるメカニズムです。

 

頭金を払い出し、ローンの返済期間を軽減できれば、高額の利息をカットできますよ。

 

ただし返済期間を短くして金利をカットするなら、低くても100万円、またはそれ以上の巨額なお金が必要です。

 

10万円以上のお金を頭金にいれたら、審査は通過しやすくなりますが、返済期間を縮減するほどの効果にはなりません。

 

家の購入の金利については、「これを読めば全てがわかる!最新の家の購入「金利」の全知識」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

ここまでは、「家の購入における頭金のメリット」をお伝えしました。

 

頭金を用いることによって得られるアドバンテージについて、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「家の購入時に用意する頭金の相場」です。

 

家の購入時に用意する頭金の相場は「20%」

家の購入時に用意する頭金の相場は「20%」
ここからは「頭金の相場」について深掘りしていきます。

 

他の皆さんが、どれくらい頭金を設定しているか気掛かりではありませんか?

 

みんなが取り揃えている「頭金の相場」をおさえて、参照したい人も多いでしょう。

 

ウェブや書籍でよく言及されている頭金の基準は、不動産購入額の20%です。実際の現場でも20%が相場です。

 

なぜ20%であるのかというと、昔は頭金が20%を準備しなければいけない銀行がたくさんいたためです。

 

審査に合格するためには、絶対条件として20%以上の頭金が必要でした。

 

準備できないと家の購入の契約が極めて難しかったのが、理由になります。

 

しかし20%の頭金を準備できない人は多く、両親から貸してもらっている方もいました。

 

確かに頭金は20%以上納めておくと条件面でプラスになり、メリットはありますが、用意するハードルは高いです。

 

現在では必ずしも20%の頭金を準備しないとならないと言うことはないので、安心してください。

 

頭金の目安により特化した内容は「家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説」でさらに詳しく解説しています。

 

ここまでは、「家の購入時に用意する頭金の相場」をお伝えしました。

 

よその方々はどれくらいの頭金を準備しているのか、把握していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「家購入に必要な頭金を用意する方法」です。

 

家購入に必要な頭金を用意する4つの方法

家購入に必要な頭金を用意する4つの方法
頭金は必要不可欠ではありませんが、利点や相場を知って、「頭金を作り出したい」と考えている方もいるでしょう。

 

では一体どういう方法を取れば、頭金を工面できるのでしょうか?

 

頭金の用意する方法は、節約しながら着実にストックするのが通例です。

 

しかし長期的な預金はハードルが高すぎるもの。100万円以上貯め込むのは難しいという人もかなりいるでしょう。

 

そこでこの章では、世間ではあまり紹介されていない 頭金を用意する方法を紹介します。

 

これまで紹介されることがなかった「常識にとらわれない方法」なので、抵抗感があるかもしれません。

 

しかし短期の間でスピーディに準備できる方法だけだと言っても過言ではないです。

 

先に結論をいっておきますと、この章で紹介する方法は以下の通りとなっています。

家購入に必要な頭金を用意する4つの方法

  1. 車を手放す
  2. 生命保険をやめる
  3. 親から工面してもらう
  4. 親から借りる

 

家購入に必要な頭金を用意する方法1.車を手放す

最も効果が期待できてペースが早い方法が、自動車の譲渡です。

 

一般乗用車は100万円~400万円で取引できるので、早々に多くの頭金を用意出来ます。

 

また自動車を持っているだけで、駐車場のレンタル料・ガソリン・自動車保険料が毎月の出費として発生します。

 

車を売り払うと、頭金を増やせるうえに、毎月の維持費もカットでき、家の購入費の返済にお金を回せますよ。

 

マイカーが必要ない都市に居を構えている人や、駐車場がないマンションを入手する計画がある人は優れた手段です。

 

車が一定サイクルで必要な生活でも、レンタカーやカーシェアリングで切り抜けられる時代になっているのもポイントです。

 

車を少しでも高く売るには、車一括査定というサービスが非常に便利です。

 

詳細については、「2018年のオススメ車一括査定は?高額買取のための全情報」のサイトが非常に分かりやすくまとめておりましたので、紹介します。

 

家購入に必要な頭金を用意する方法2.生命保険をやめる

生命保険は「掛け捨て型」と呼称される毎月の保険料負担を減らした方法がトレンドです。

 

一方、終身保険を初めとする「貯蓄型」に決める人もいます。

 

貯蓄型生命保険を活用しているのであれば、打ち切ると「解約返戻金」が払い出しされます。

 

つまり貯蓄型生命保険をキャンセルすれば、多額の解約金がもどってくるので簡単に頭金が工面できるのです。

 

「生命保険がないと心もとない」という人もいるでしょうが、実は家の購入時にも「保険」がついています。

 

家購入時に使う住宅ローンには「団体信用保険」という名の生命保険が、0円で附帯しています。

 

団体信用保険が認められるのは、契約者が亡くなった時で、家の購入費の返済を免除できます。

 

原則として無料で付帯できる保険ですが、有料プランにすると手厚い特約を付けることができますよ。

 

団体信用保険と生命保険の関係性については、「 3大疾病保障付き家の購入を大解剖!基礎知識から生命保険との関係性まで解説」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

家購入に必要な頭金を用意する方法3.親から工面してもらう

親が大金を保有するのであれば、頭金の工面先として依存してもいいかもしれません。

 

原則として自分以外の他人からお金を与えてもらうとき、税金が課税されます。親もイレギュラーではありません。

 

しかし住宅資金に費やすお金なら話は変わってきます。「住宅資金贈与特例制度」が用いられて非課税と化します。

 

省エネルギー住宅を建築する場合は1,500万円まで、それ以外の物件で1,000万円までの贈与が非課税です。

 

1,000万円もあれば、頭金としては潤沢なので、税金を納付することはありません。

 

ちなみに親の力を借りるときは、これまでピックアップしてきた頭金のメリットをきちんと話せば、協力してもらいやすくなりますよ。

 

家購入に必要な頭金を用意する方法4.親から借りる

とりわけ多い頭金の入手方法が、親から貸してもらう方法です。親からの貸し出しは、利息がかかりません。

 

銀行やサラ金を介して頭金を用意すると、金利がかかります。

 

後々に正しく返金すればいいですが、親子関係だとしても一筆書きだけは忘れることがないようにしましょう。

 

ここまでは、「家購入に必要な頭金を用意する方法」をお伝えしました。

 

どういう方法を取れば頭金を工面できるのか、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「家の購入における頭金の注意点」です。

 

家の購入における頭金の3つの注意点

家の購入における頭金の3つの注意点
ここからは頭金をうまく使うための注意点について、解説していきましょう。

 

今回ピックアップする頭金の注意点は、以下の通りです。

家の購入における「頭金」の3つの注意点

  1. ローン繰上げ返済を考慮する
  2. 貯金をすべて頭金にするのはNG
  3. 頭金ゼロのリスクを覚悟する

 

家の購入における頭金の注意点1.ローン繰上げ返済を考慮する

家の購入においてローンの繰上げ返済は、上手く利用できればかなり効果的に働いてくれる制度です。

 

繰り上げ返済とは、ある程度までまとまった金額をまとめて返済することで、ボーナス払いとは少し異なっています。

 

ボーナス返済は、ボーナスシーズンに一定額を一括返済するシステムです。

 

一方、繰り上げ返済にはタイミングも返済額も取り決めがありません。

 

自分の好きな局面で、好きなお金分だけ入金できるので、手間無く利息返済を減らせます。

 

「少しゆとりができた」「思いもよらぬ収入があった」などのケースで、自由に返済できるのが魅力です。

 

頭金なしでの家の購入は、返済スパンが長期化することによる返済延滞の危険を伴います。

 

しかし一括返済を上手に活用することができれば、合理的に返済金を減らすことが可能になります。

 

つまり頭金を入れなくても、長い年月の返済による危険性をやわらげることをできるのです。

 

繰り上げ返済は手数料がかかるのが大半でしたが、このところ一気に手数料無料化が進行しています。

 

特にフラット35は繰り上げ返済の手数料が不要なことを、大きなセールスポイントとして主張しているほどです。

 

繰り上げ返済については、「あなたはどっち?マンション売却までに繰り上げ返済しておくべきかどうか解説」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

 

家の購入における頭金の注意点2.貯金をすべて頭金にするのはNG

貯金があれば状況が許す限り、多くの頭金を払いこむのがいいのかというと、実はそうとは言い切れません。

 

貯金額を必要以上に頭金を払いこむと、万一の場合のお金がなくなってしまいます。

 

我が家の購入は所持する事自体が目的ではなく、家族全員が幸せに暮らすことです。

 

頭金をお構い無しに入れすぎたせいで、家族のための支払いができないという本末転倒な結果になるかもしれません。

 

もし銀行預金を全て頭金に用いた後に、収入が切れてしまったことをイメージしてみてください。

 

家計費はかかりますが、家の購入費の返済をしなければなりません。

 

そんなときに銀行預金がなければ、これからの生活は困難を伴います。

 

給料が切れたときに備え、御主人さんが仕事に戻るなり、奥様が仕事を見つけるなりするまでの生活資金はふところに残しておきましょう。

 

一般的に考えて毎月の生活資金の半年から1年分ほどの銀行預金があれば、いざという場合の備えになるでしょう。

 

傷病手当金・高額療養費・公的年金など、どうにもできないときの生活をアシストする公共システムもあります。

 

それを計算に入れても100万円程度のキャッシュは、頭金にせずに抱えていた方がいいでしょう。

 

家の購入における頭金の注意点3.頭金ゼロのリスクを覚悟する

頭金を無しにすると、借入金が大きくなって利子負担が増え、返済破綻の危険性が一気に上がります。

 

住宅ローン利用を選択すると、銀行が自宅に抵当権を付けます。

 

抵当権がついた家のローン支払いができなくなった場合は、銀行や信販会社が家を没収して売却し、ローン返済につぎ込むことになるでしょう。

 

家を売ってもローンのすべてを返済が不可能な場合は、不足分の返済を求められます。

 

にもかかわらず、頭金ゼロでマイホームを購入すると、家の購入の返済ができなくなる可能性が高まります。

 

そうなればマイホームを強制的に売却させられた後も、高額の債務が残るリスクが高くなるでしょう。

 

このように頭金が削減されることによって、最悪のケースを招いてしまうリスクが一気に膨らみます。

 

いまどきのローンだと頭金なしで組むことは出来てしまいますが、本当に頭金なしで購入して大丈夫な金額を希望していますか?

 

頭金なしで返済していける金額を希望しているのか、もう一度あなた自身に問い質してみてください。

 

自信がないなら極限まで金額を落とした「ローコスト住宅」を選択するのもアリです。

 

ローコスト住宅であれば、そもそもの購入金額が低額になるので頭金ゼロのリスクが低くなりますよ。

 

しかしどの業者ならローコスト住宅を建てられるかなんて判断できませんよね?

 

もしお願いする住宅会社がはっきりしないなら、「HOME’S」の一括資料請求サービスが非常に便利です。

 

自分の予算を打ち込めば、希望に沿った金額で建築できる企業の資料を一気にオーダーることができますよ。

 

自分が返済できる予算内で色々な業者のローコスト住宅を比較・検討したいという方には、もってこいのサービスです。

 

ビギナーのための土地探しサポートや、資金計画書の作成などもタダでおこなってくれますよ。

 

「HOME’S」の一括資料請求サービスを上手に利用して、頭金なしでも余裕で返済できる予算での住宅づくりを目指しましょう。

 

ちなみにローコスト住宅については、「ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「家購入に必要な頭金」をテーマとして、主に5つの知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「家購入に必要な頭金」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、家を購入する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説