家購入 安く

最終更新日:2018年1月8日

「建て売りの家を安く購入する方法」を完全解説

「建て売りの家を安く購入する方法」を完全解説
「建て売りの家を安く購入する方法」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・安く購入できる建て売りの家って、どんな特徴があるの?
・どうしても家を安く購入したいので、プロにコツを教えてほしい
・家を安く購入できなかった時は、どうすればいいのだろうか・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、建て売りの家を安く購入しようとしてはいけません。

 

建て売りの家を安く購入するための知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかく建て売りの家を購入するのであれば、誰よりも安く、自分が納得する金額で買いたいですよね?

 

そこで今回の記事では「建て売りの家を安く購入する方法」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「建て売りの家を安く購入する方法」に関する知識はすべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「安く購入できる建て売りの家にみられるたった1つの特徴」
  • 「元・不動産業者が教える家を安く購入する9つのコツ」
  • 「家を安く購入できなかった時の4つの対処法」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

安く購入できる建て売りの家にみられるたった1つの特徴

安く購入できる建て売りの家にみられるたった1つの特徴
まず紹介するのは「安く購入できる建て売りの家にみられるたった1つの特徴」です。

 

最初に結論を打ち明けてしまいますが、建て売りの家は概ね安く手に入ります。

 

むしろ、本心を言えば販売会社は、最終的に安く買い求められるものとして価格設定をしています。

 

最初の設定価格で売れたら好運ですし、安く購入されてお客様に感謝を受けるならそれはそれでラッキーだからです。

 

そのため、初期設定価格を高くして、安く購入される(=値引きされる)ことに最初から備えています。

 

もし建て売りの家を思案されるのであれば、購入予算を設定し、最初から安く購入すると腹をくくって行くべきです。

 

ちなみに、建て売りの家において安く購入するための打ち合わせをするマイナスポイントは、一つもありません。

 

すでに出来上がった物件ですので、価格が下落した分の材料や設備の質をこっそり下げるのは不可能なので安心です。

 

強いてマイナスポイントを上げるのであれば、ディーラーにお金に細かい人だとイメージされてしまうくらいです。

 

しかしそういったことは気にする必要なしです。

 

「ディスカウントして何が悪い!」というスタンスでグイグイと交渉しましょう。

 

ただし、建て売りの家には安く購入しやすいタイプとしにくい状態のモノがあります。

 

それらを見分けることが、効率的に安く家を購入する秘訣といえるでしょう。

 

では一体、何の要素が安く購入できるかどうかを左右しているのでしょうか?

 

実は「タイミング」です。

 

安く購入できないのは「販売直後」で、安く購入しやすいのは「販売してから11か月後程度」といえます。

 

販売してすぐは家は安く購入できない

建売住宅とは、土地と住宅を組み合わせて取り引きされている新築の戸建て住宅のことです。

 

間取りや室内装飾など実際に見られる利点があることで、入居後の予測しやすいのが特徴です。

 

土地付きでお値打ち感が高いために、購入される方も多くなっています。

 

そんな建売住宅ですが、建物が出来上がってから販売するのが通例です。

 

しかしここ数年まだ建っていない状態でも、取り引きすることが少なくありません。

 

しかし販売開始前でも購入者がいる場合もあるほど、注目されている建て売りは多いです。

 

その場所の家を手に入れたい人は、建売住宅だろうと存在してなくても手に入れる人が多いのです。

 

そんな事例が豊富にあるこの業界で「値引きできますか?」と販売直後にセールスに聞いても意味ありません。

 

「人気物件ですからお断りします」と言及されるのがオチです。

 

そもそも上層部からのお達しで、セールスにこの段階で値引きできる権利がないのでしょう。

 

何と言っても買いたい場所をゲットできるメリットがありますから、プライスダウンどころの話ではありません。

 

売りに出してから間もない時期での価格の駆け引きは、ほとんど無理と考えておくように心掛けましょう。

 

販売から1年になる直前がもっとも家が安く購入できる

新築の建売物件は、1年間取引出来ないと「中古扱い」と化してしまいます。

 

出来上がって売れないでいると「この家は何かある」とイメージされてますます人気が衰えてしまうのです。

 

「完成在庫」と称されている売れ残り物件は、ディーラーとしては少しでも早く捌きたいもの。

 

早くリーズナブルにしてでも売り切ってしまいたくて、一心不乱になっています。

 

力を尽くして交渉すれば15~20%引きで手にすることは可能です。

 

数百万円もお得に買うことは不可能ではありません。

 

ただし、間取りや家の方位など他より及ばない事が多く、それをどこまで許容できるかが立ちはだかってきます。

 

それでも本気で入手したいと思った物件だったら、改めて値段の駆け引きをしてみることが大事です。

 

「残り一戸」と広告が入れば家が安く購入できる最大のチャンス

場合によっては新聞の折り込みチラシで「残りあと1戸」などと言ったチラシが入ってくるかもしれません。

 

ここまで来ると、もう本気で売れ残ってしまった住宅という見方ができます。

 

ポストにさらっと入っていたり、電柱に貼り付けてあったり、よくチラシが入る物件は、もう末期です。

 

ビックリするほど売るのに苦戦している物件ですので、大幅値引きができる絶好の機会です。

 

実際に筆者は500万円~1,000万円の値引きをしている家を何度も見ています。

 

もう1軒、リーズナブルな家が購入できるぐらいの値引きプライスです。

 

家を必ず安く買いたいという方には、セールス末期(販売から11ヶ月ごろ)で価格交渉をするのがピッタリです。

 

ただし、売れ残されていることは、何かがあると疑った方が良いです。

 

さらに安く入手できたとしても、元の価格を把握している隣人同士のコミュニティに、注意をするようにしてください。

 

ここまでは、「安く購入できる建て売りの家にみられるたった1つの特徴」をお伝えしました。

 

安く購入できる建て売りの家にみられる特徴は何なのか、理解していただけたのではないでしょうか。

 

次に紹介するのは、「元・不動産業者が教える家を安く購入する9つのコツ」です。

 

元・不動産業者が教える家を安く購入する9つのコツ

元・不動産業者が教える家を安く購入する9つのコツ
建て売りの家を安く入手するには、少しでも高く売りたいセールスマンと、少しでも安く入手したいあなたとの闘いです。

 

コツを熟知しているのと知らないのでは、その結果は圧倒的に異なるものです。

 

家を安く購入するコツを抑えれば、自分が納得できる価格での契約にもっともっと近づけますよ。

 

良い住宅を見かけたら、この章の内容を参考して、交渉にチャレンジしましょう!

 

今回ピックアップする安く購入するためのコツは、以下の通りになっています。

家を安く購入する9つのコツ

  1. 契約前に交渉する
  2. 値引きの相場を知る
  3. 価格以外は交渉しない
  4. 契約直前に交渉する
  5. ご近所の売却価格を知る
  6. タイミングを図る
  7. 真剣な態度を見せる
  8. 契約まで金額の話はしない
  9. 心理テクニックを駆使する

 

家を安く購入するコツ1.「契約前に交渉する」

原理原則ルールとして絶対に把握しないといけないのは、契約後は価格交渉が不可能な点です。

 

成約した後に価格について不平不満を並べ立てる行為は、不当行為になりかねません。

 

悪い場合には違約金を要求されることになります。必ず契約前に値段の駆け引きをしてください。

 

家を安く購入するコツ2.「値引きの相場を知る」

完成したばっかりの物件であれば、100万円程度の値引きがセオリーです。

 

例えば1,590万円から90万円譲歩してもらうなどであれば、十分に成功します。

 

家を安く購入するコツ3.「価格以外は交渉しない」

建て売り住宅を契約する際、設備の変更を頼んだり、何か追加サービスをつけてもらったりすることがあります。

 

こういったふうに色々なサービスを求められる方がいますが、これは止めるべきです。

 

建て売りの家は、業務を目一杯まで合理化しているからこそ、安い価格で売りに出されています。

 

後から付加サービスを追加したり、設備の変更を希望するなど、建物に手を加える変更をディーラーはとても嫌います。

 

もちろん高額なプラス料金を払い込んでのチェンジであれば、話は変わってきます。

 

しかし「変更したら契約書を交わす」といった交渉は、とてもイメージをひどくしてしまいます。

 

思い通りになるはずの交渉が、コケる原因としてなりかねません。

 

緻密な変更をいくつも言うのも一緒で、あなたの印象を傷つける原因になってしまいます。

 

交渉をするのであれば、安く購入する交渉のみだけをクローズアップしてください。

 

どうしても何か改善したい点があれば、ダウンした金額に応じて追加費用を払って作り変えてもらいましょう。

 

家を安く購入するコツ4.「契約直前に交渉する」

安く購入するための交渉をする狙いどころとしては、契約の直前を越えるものはありません

 

まだ契約の意思も示さないうちに価格の話をしてしまうと、手間暇が掛かる客だと思われてしまいがちです。

 

契約のギリギリまでは「物件を気に入ったお客様」としてふるまいましょう。

 

そして現実に契約になったとき、「あと価格だけ下がれば契約します」と切り出すと、成功確率がアップします。

 

家を安く購入するコツ5.「ご近所の売却価格を知る」

建て売り住宅は、うり二つの物件がいくつか売りに出されるケースがあります。

 

その際、不動産ポータルサイトを見て、周囲の住宅がいくらで売れたか理解しておくと交渉が都合よく進められます。

 

例えば、別の建て売り住宅が200万円安く購入されていたとしましょう。

 

そうなれば、少なくても200万円は引いてもらえるという良い例となります。

 

そして「この物件を200万円安く購入できた人がいるとお聞きしました」と、ハッキリと伝えてください。

 

ただし何か建物にデメリットがあって安く購入されていたときは、交渉に使えるデータではないので気をつけましょう。

 

ちなみに近辺の住宅が、まったく安く購入されていない場合もあります。

 

そうなれば残念ですが、安く購入したいとしても難しいです。値引きするなら額を低めに設定したほうが良いでしょう。

 

家を安く購入するコツ6.「タイミングを図る」

決算前や、ディーラーの資金繰りがうまくいかず、金銭が必要な時期は、安く購入できるチャンスです。

 

ひょっとしたら販売会社から「安く買いませんか?」とオファーがあるかもしれません。

 

そのようなケースだと、一番初めに購入の意思を示し、手付金を払い込んだ人が購入の権利を獲得出来ます。

 

購入したかった物件が安く売りに出された時に備え、すぐに払い込みできる準備をしておくようにしてください。

 

ただし、売り切れていない物件には、何か取引出来ない理由が必然的にあります。

 

立地なのか、売り値なのか、もしくは何か深刻な問題があるのか、その要因をチェックしておきましょう。

 

チェックする方法としては、ディーラーに「なぜ売れないのでしょう?」と聞くだけでOKです。

 

根拠を聞いておくことで、契約の後に施工ミスが明るみに出たタイミングで役にたちます。

 

ディーラー側が説明責任を果たさなかったことをアピールできますので、あなたのポジションが強くなりますよ。

 

家を安く購入するコツ7.「真剣な態度を見せる」

買い入れる意思の見えない「冷やかし客」は、ディーラーからすれば時間を取られるだけの面倒な存在です。

 

一度冷やかしだと思われてしまうと、自分自身が何をいっても言うことを聞いてもらえない可能性もあります。

 

そのため、皆さんは買うキモチを感じられる「営業にとっての都合の良い客」でいないとだめです。

 

少し度を越したくらい、物件に対して好感を持っている素振りを見せておきましょう。

 

家を安く購入するコツ8.「契約まで金額の話はしない」

値引きをする気まんまんのお客さんは、ディーラーにとってはとても不愉快な客です。

 

だからこそ、値切る気があるそぶりは多少無理してでも、目の当たりにさせないようにしましょう。

 

「この人は値切るぞ」と印象を持たれた時点で、安く購入交渉は100パーセント不利になります。

 

何が何でもお金の話はせず、契約間際に予算などのお金の話題をだすようにしてください。

 

家を安く購入するコツ9.「心理テクニックを駆使する」

大抵の場合、営業から「まじめな話、いくらの割り引きをご希望ですか?」と、具体的な金額を自分から提示する流れになります。

 

その時、希望金額より割高な金額を指し示してください。

 

300万円譲歩してほしいなら150万円、100万円譲ってほしいなら130万円といった度合です。

 

それでリクエストが通れば好運ですし、通らなければ、妥協案としてリクエスト額を言うと効果を発揮します。

 

このとき、在りえない位バカげた金額をふっかけてしまうと結果が期待できません、

 

リクエスト額から離れすぎない額を口にしたほうが効果的だと、忘れないようにしてください。

 

ここまでは、「元・不動産業者が教える家を安く購入する9つのコツ」をお伝えしました。

 

家を安く購入するならおさえておくべきコツについて、理解していただけたと思います。

 

次に紹介するのは、「家を安く購入できなかった時の4つの対処法」です。

 

家を安く購入できなかった時の4つの対処法

家を安く購入できなかった時の4つの対処法
紹介してきたコツを自分なりに使ったものの、物件の条件によってはプライスダウンしてもらえないこともあります。

 

そんな時に使える対処方法をこの章では紹介していきます。先に結論をいっておきますと、以下の通りです。

家を安く購入できなかった時の4つの対処法

  1. オプションを要求する
  2. 購入時期を考える
  3. 業者の名簿に名前を残す
  4. 建売を諦めてローコスト住宅を建てる

 

家を安く購入できなかった時の対処法1.「オプションを要求する」

安く購入するための交渉がダメでも、簡単な追加サービスなら加えてもらえることがあります。

 

間取りの変化はおおかたできませんが、まだ建築中の物件であれば可能になるかもしれません。

 

もしくは設備のランクを上げてもらえる可能性は十分にありますので、駆け引きしてみるといいでしょう。

 

すでに作り上げた物件であれば、設備の変更も難しいです。

 

その場合は、仲介手数料を引いてもらう、何か家財道具を付帯してもらうなどの提言をしてみましょう。

 

家を安く購入できなかった時の対処法2.「購入時期を考える」

まだ出来上がっていな物件や、売りに出されて時間が経っていない物件であれば、ディーラー側はまだ焦って売りません。

 

そのため、安く購入するための交渉に対応しないことは非常に多いです。

 

もしだめなら、ある程度時間をとってもう一度交渉することで、安く購入するための交渉に応じてもらえますよ。

 

家を安く購入できなかった時の対処法3.「業者の名簿に名前を残す」

ディーラーは、物件を見に来たりヒアリングをしてくれたゲストのリストを残しています。

 

顧客リストを使って、値下げの瞬間や何かイベントをするケースでお客様にアナウンスしてきます。

 

自分にとって都合の良い情報が送られてくるので、ゲットできるよう準備をしておきましょう。

 

具体的には、住所・氏名・問い合わせ先などを、手渡しされる記入シートに書きこむだけです。

 

たまに問い合わせ先や住所を書き込むのを嫌がるゲストもいます。

 

しかし書かないと口先だけだと判断されるかも知れません。

 

有益なニュースを受け取れないだけじゃなく、業者に否定的なイメージを与えてしまいます。

 

プライバシー関連を記入することに抵抗感がある方も、いらっしゃるとは思います。

 

しかし厚待遇で建て売りの家をゲットしたいのであれば、ぐっとこらえて書き込むようにしてください。

 

家を安く購入できなかった時の対処法4.「建売を諦めてローコスト住宅を建てる」

建て売りの家を安く購入できそうにないなら、もう自分の手で安く家を建ててしまってはどうでしょうか。

 

今はローコスト住宅といって、低価格で質の良い新築が建築できるようになっています。

 

ローコスト住宅については、「ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説」でさらに詳しく解説しています。

 

しかしどの業者ならローコスト住宅を建てられるかなんて分からないですよね?

 

もしオーダーする住宅会社が不明瞭なら、「HOME’S」の一括資料請求サービスを筆者はオススメしています。

 

自分の予算を入力すれば、希望に沿った金額で建築できる企業の資料を一気に取り寄せることができますよ。

 

自分の予算範囲内で色々な業者のローコスト住宅を対比させたいという方には、もってこいのサービスです。

 

家づくり初心者のために土地探しサポートや、資金計画書の作成なども無料でおこなってくれます。

 

「HOME’S」の一括資料請求サービスを上手に利用して、予算以内での住宅づくりを目指しましょう。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「建て売りの家を安く購入する方法」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「建て売りの家を安く購入する方法」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、建て売りの家を購入する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
安い一軒家を購入する9つのメリットと買う前に知るべき7つの注意点
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説