一軒家 購入 安い

最終更新日:2018年2月5日

「安い一軒家の購入」を完全解説

「安い一軒家の購入」を完全解説
「安い一軒家の購入」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。

 

あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?

・安い一軒家を購入するメリットを知っておきたい
・安い一軒家を購入する際の注意点って何があるの?
・やっぱり安い一軒家は止めておいた方がいいのだろうか・・・

上記のような疑問や不安を持っているのに解決しないまま、安い一軒家を購入しようとしてはいけません。

 

安い一軒家に関する知識が圧倒的に足りていないので、このままではあなたが望む結果にならないのでしょう。

 

せっかく安い一軒家を購入するのであれば、自分が納得いく金額で満足するクオリティになってほしいですよね?

 

そこで今回の記事では「安い一軒家の購入」に関する疑問・不安について、元・不動産業者である筆者が回答していきます。

 

この記事を読めば、あなたが知っておくべき「安い一軒家の購入」に関する知識は、すべて網羅できるとお約束します。

 

読み終えた時には、

  • 「安い一軒家を購入する9つのメリット」
  • 「安い一軒家を購入する際の7つの注意点」

についてしっかりと理解できていることでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

安い一軒家を購入する9つのメリット

安い一軒家を購入する9つのメリット
まず紹介するのは「安い一軒家を購入する9つのメリット」です。

 

昨今人気の「安い一軒家」といえば、建売住宅です。

 

すでに完成されている住宅で、注文住宅に比べてものすごく安いです。

 

かなりの安さのせいか、あらぬ誤解を抱かれることも少なくありません。

 

「手抜き住宅」「欠陥住宅」というイメージは根強いです。

 

確かに建売を購入して、欠陥住宅にあたり、後悔する人もいるでしょう。

 

しかし後悔どころか、安い一軒家でよかったと思う人がいるのも事実。

 

そこでこの章では、安い一軒家を買うメリットについて紹介していきましょう。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

安い一軒家を購入する9つのメリット

  1. 住宅ローン返済に余裕が生まれる
  2. 最新の間取りが採用されるので使い勝手が良い
  3. 購入手続きがシンプル
  4. プラス費用がなく資金計画が立てやすい
  5. 購入したらすぐに入居できる
  6. 完成した実物をみて購入決定できる
  7. 立地が良いケースが多い
  8. 境界トラブルが起こりにくい
  9. 「住宅街」として見栄えが良い

 

住宅ローン返済に余裕が生まれる

安い一軒家、つまり建売住宅はとにかく安いです。

 

新築でありながら2,000万円を着るリーズナブルさです。

 

地方であれば、1,200万円の建売だって存在します。

 

リーズナブルでありながら、建物だけでなく、土地まで付いてくるのです。

 

あまりにも安いので住宅ローンをつかえば、賃貸並のローン返済額になります。

 

毎月の住宅ローンの為に頑張る必要もないし、共働きになる必要もないです。

 

安い一軒家を買い入れると、販売価格が安い分ローンを低減できます。

 

結果的に、ゆとりある暮らしを楽しむことができるでしょう。

 

これこそ安い一軒家を買って、1番のメリットといっても過言ではありません。

 

最新の間取りが採用されるので使い勝手が良い

後悔しない家作りのポイントは、プロに任せることです。

 

本来、素人が口を出すべきではなく、使いやすい間取りは既に決まっています。

 

つまり、標準仕様こそ、もっとも使いやすい間取りだといえるでしょう。

 

安い一軒家は、最新の万人受けするデザイン(間取り)を採用しています。

 

生活動線など無駄な部分がないのは、非常に大きなメリットです。

 

購入手続きがシンプル

購入手続きがシンプル
安い一軒家は注文住宅に比べ、圧倒的に購入の手続きが簡単です。

 

注文住宅なら工務店探しから始まり、契約までも1ヶ月~2ヶ月かかります。

 

完成まで考慮すれば、1年近くかかるでしょう。

 

一方、安い一軒家の場合、見に行って気に入れば、その日に契約できます。

 

完成までの家賃がもったいないと考える人にはもってこいの条件でしょう。

 

また子供の新学期までに入居したい人にも適しています。

 

プラス費用がなく資金計画が立てやすい

注文住宅の場合は、建物を計画し、見積りに納得してから契約をします。

 

しかし実は契約の時点では、価格を確定できないものがあるのです。

 

顕著な例としては、「地盤改良」でしょう。

 

周辺の新築工事のデータを参考に、ある程度予測を立てることはできます。

 

しかし実際にどの程度の補強が必要で、どれほどの金額になるかわかりません。

 

早い話が、地盤調査をしてみないと何もわからないのです。

 

当然ながら、見積りにそれ相応の予測金額は内包します。

 

しかし、いざ地盤調査をしたら、予想価格以上になったケースもあります。

 

一方、安い一軒家の場合は、工事も全て終わり、完成した状態での契約です。

 

追加の費用が発生する心配がありません。

 

あなたのプランニングした通りの資金計画で、わが家を手に入れられます。

 

お金の心配がわずかになるのは、大きなアドバンテージといえるでしょう。

 

購入したらすぐに入居できる

購入したらすぐに入居できる
安い一軒家は、全て完成した状態で売られています。

 

そのため、気に入って契約をしたら、即日入居できます。

 

手間としては、賃貸物件に引っ越すのとあまり変わらないほどです。

 

あなたがマイホームを欲しいと思えば、すぐにでも手に入るのです。

 

注文住宅の場合、契約から半年ほどで家が完成します。

 

完成から入居になりますので、入居を急ぐ方は安い一軒家の方がいいでしょう。

 

完成した実物をみて購入決定できる

注文住宅の場合、契約時点では図面しか制作されていません。

 

そのため、完成するまで如何なる家になるか確認できないのは問題です。

 

間取り図(平面図)や立面図、パースなどからイメージするしかありません。

 

そのせいか、完成して暮らし始めたとき、認識と異なっている件も多いです。

 

少なくないのですが、安い一軒家住宅であればその心配はありません。

 

実際に見て、触れて、新居の生活をよりリアルに感じることができるでしょう。

 

「ここはあの家具を配置しよう」といったように、契約前にイメージできます。

 

具体的に自分たちが生活している姿を思い浮かべることができるのは魅力です。

 

立地が良いケースが多い

住宅会社からすれば、売れない土地は買いたくありません。

 

建物を先に建てて売るなんて、売れると確信しているからこその行為です。

 

売れないと大赤字になるので、良い立地にしか手を出しません。

 

つまり安い一軒家は、住宅会社が「良い立地」だと太鼓判を押しているのです。

 

住宅会社が売れると確信するような土地ですから、立地は高水準です。

 

駅や病院、学校などへのアクセスの良い土地であることが期待できます。

 

境界トラブルが起こりにくい

土地を契約する際、隣地との境界の認識が曖昧なことは多いです。

 

隣から樹木がはみ出ているなど、隣地との境界問題は意外と多いものです。

 

しかし、安い一軒家は、開発段階で境界確定が終わっています。

 

法的に境界を決定する図面ができているので、隣地ともめることがありません。

 

昔に測量された土地の場合、図面と土地の大きさが違うことも多いです。

 

一方、安い一軒家住宅の場合、住宅会社が開発の段階で測量をしています。

 

図面と実際の土地の大きさが違うこともなく、トラブルも避けられます。

 

「住宅街」として見栄えが良い

外観を統一し、街並みとして綺麗に見える工夫がされていることが多いです。

 

建物単体だけでなく、その一体がまとまって一つの作品に仕上がっています。

 

おかげで、似たような家族構成・生活レベルの住人達が集まりやすいです。

 

関係性も一からなので、ご近所との付き合いもしやすい側面も持っています。

 

安い一軒家の代表例である建売住宅については、当サイト過去記事の「建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介」で詳しく解説しております。

 

建売住宅について、さらなる知識が欲しい方はチェックしてみてください。

 

ここまでは、「安い一軒家を購入する9つのメリット」をお伝えしました。

 

安い一軒家を購入することによって、どんなメリットを得られるのか、理解していただけたと思います。

 

ただし、安い一軒家を購入する際において、注意すべきポイントについてはまだわからないでしょう。

 

そこで次は「安い一軒家を購入する際の7つの注意点」について紹介していきます。

 

安い一軒家を購入する際の7つの注意点

安い一軒家を購入する際の7つの注意点
安い一軒家、つまり「建売住宅」は、既にもうそこに建っている住宅です。

 

姿が見えているため、暮らしぶりをイメージしやすいでしょう

 

しかし実のところ、「見えない問題点はないのか」と心配していませんか?

 

そこでこの章では、安い一軒家を購入する時、注意すべき点を解説します。

 

ここでお伝えしたいことを先に伝えておくと、以下の通りになります。

安い一軒家を購入する際の7つの注意点

  1. 間取りに強い希望があると満足しにくい
  2. 手抜き工事に気づけない
  3. オプションが前提になると高くなりがち
  4. 性能のせいで火災保険費用がアップしてしまう
  5. 住宅街なのに公園や公民館がない
  6. ご近所さんとのコミュニティ形成に失敗すると大変
  7. 完璧がなく必ずどこか妥協することになる

 

間取りに強い希望があると満足しにくい

安い一軒家は、既に建っているものを購入するという住宅取得のスタイルです。

 

そのため、強い希望がある人にとっては、間取りやデザインに満足できません。

 

最近でこそ、安い一軒家でもオシャレでエッジの効いたデザインは増えました。

 

しかし、それでも100%満足いく希望通りのものに出会うことはできません。

 

無理して購入すれば、あなたが家を合わせなければなりません。

 

結果的にストレスを感じ、「賃貸の方がまだよかった」と思ってしまうでしょう。

 

自分の理想を追求するのであれば、安い一軒家はあまりお勧めできません。

 

 

手抜き工事に気づけない

安い一軒家の良い所は、家が既にあることです。

 

そのため、即購入および入居が出来るので、時間的な猶予がない場合は有利でしょう。

 

一方で、建築工事中の様子がわからないのは、大きな問題点です。

 

施工中に何が生じたかを、知ることができないのが大きなウイークポイントです。

 

いわゆる「手抜き工事」が実施されていても、そのことにすら気づけません。

 

手抜きの家を気づかずに購入してしまった、というケースも存在します。

 

直接確認できない部分こそ、むしろジックリ作っておいて当たり前なのが家です。

 

購入したのちに発覚する問題は、何が何でも避けなければなりません。

 

瑕疵担保責任を熟知しておく

今でこそ瑕疵担保責任について、広く知られている状況ではあります。

 

売買契約書にある瑕疵担保についての明記の重要性を理解する人も多いです。

 

「瑕疵担保責任期間」と「適用内容」を、しっかりチェックしましょう。

 

売主に責任を問うには、買い手側が欠陥・瑕疵を証明する必要があります。

 

話がこじれるようであれば、第三者の専門家に出てきてもらいましょう。

 

専門家に調査報告書を作成してもらわなければ、解決できない案件も多いです。

 

仮に瑕疵が認められ、売主が手を入れてくれることになったとしましょう。

 

しかし瑕疵の工事期間中は、仮住まいを余儀なくされます。

 

住みながらの手入れとなっても、かなりのストレスを招くでしょう。

 

オプションが前提になると高くなりがち

オプションが前提になると高くなりがち
安い一軒家は、人が住まう場所という意味では機能を満たしてくれるでしょう。

 

しかし家や家族を守るために、必要なシャッターや外構フェンスは付きません。

 

付いていないからこその「安い一軒家」なのですが、心もとないのも事実です。

 

心配だからといって後付けすると、ぐんとコストがかかってしまうでしょう。

 

安い一軒家を購入するなら、必要な物が準備されているかを吟味してください。

 

価格にばかり目が行ってしまったばかりに、後の追加工事をすると大変です。

 

最終的な予算を大幅にオーバーしてしまい、元も子もない状態になるでしょう。

 

だからこそ、最初から家の機能や設備に不足がないかは要チェックすべきです。

 

過不足と将来をじっくりと考えて、購入に臨みましょう。

 

性能のせいで火災保険費用がアップしてしまう

火災保険をかけるのであれば、掛け金の仕組みを覚えておきましょう。

 

火災保険・地震保険の掛け金は、家の性能によって大幅に違ってきます。

 

耐震等級、または耐火性能が高ければ、支払うべき保険金は安くなるのです。

 

保険はリスク回避の重要な要素なので、無視できないポイントです。

 

このところの異常気象により、保険会社が先を見据えた収支予測に苦戦しています。

 

そのため、10年を超える契約を断ち切らせる傾向がみられます。

 

また、掛け金も上昇傾向にあることのも考慮すべきでしょう。

 

だからこそ、できるだけ家の性能で不安要素を払しょくしておくべきです。

 

しかし安い一軒家は性能で劣る部分があるので、十分な保険にすると大変です。

 

火災保険の仕組み上、充実内容にすると高額の支払いになってしまいます。

 

住宅街なのに公園や公民館がない

大規模な宅地開発により行われるのが、安い一軒家の販売です。

 

実は、公園(緑地)や集会所(公民館)などを同時に設けなければいけません。

 

一方、小~中規模の宅地開発では、義務はありません。

 

本来は生活になくてはならない施設の設置義務が、ないことがほとんどです。

 

もしあなたが狙う安い一軒家が、小規模の宅地開発によるなら要注意です。

 

おそらく公園などは用意されずに、満足いく住環境にはならないでしょう。

 

住宅を購入する際には、周囲の環境までも充分に検討しなければなりません。

 

学校区は何処なのか、もしもの時の避難場所はどこになるのかが重要です。

 

このように、既に在る近隣の施設に頼らなければならないのが現代社会です。

 

しっかりと自分の目で調査をして、必要な施設も建設されるか確認しましょう。

 

ご近所さんとのコミュニティ形成に失敗すると大変

ご近所さんとのコミュニティ形成に失敗すると大変
日常生活に、コミュニティ力を求められるのが近年の日本です。

 

新規の宅地開発によって販売される安い一軒家では、特に顕著な例でしょう。

 

場合によっては、コミュニティがうまく形成できないこともあります。

 

安い一軒家は、販売価格帯によってざっくりした購入世代が決まります。

 

ご近所の住民が全て現役であれば、顔も滅多に見られない人ばかりです。

 

結果的に話をしたこともない、といった状況を招くこともあります。

 

顔を合わせていない人ばかりなら、いざというときに大変です。

 

お互い様の精神で、助け合わなければならないのにできない可能性が大です。

 

ささいなことでトラブルになる可能性もゼロではありません。

 

完璧がなく必ずどこか妥協することになる

既に建っているからこそ、新生活をイメージできます。

 

同時に新居に暮らし方を、合わせなければならないのが安い一軒家です

 

家に合わせないといけないのは、最大の難点といってもいいでしょう。

 

住み始めてから気になるポイントが表面化しても、もう変更できません。

 

「終の住まい」となる一戸建てでは、非常に怖いところといえます。

 

後々の問題を避けるためには、家としての機能を見極めることです。

 

「生活動線」「通気」「日差し」「音の反響」は最低限抑えるべき点です。

 

4つのポイントが、きちんとクリアできているかを慎重に見極めてください。

 

だからこそ出来る限り、曜日や時間帯を変えて内部を見るべきです。

 

家を取り巻く環境は、時間帯・曜日・季節によっても大きく異なるからです。

 

妥協点と向き合うには優先事項を決めること

購入者となるあなたが、何を一番大事に考えるかが重要です。

 

どの点ならば妥協できるのかという「優先順位」を明確にしてください。

 

つまり、許せる範囲を自分で理解しておくことが重要なのです。

 

安い一軒家は、専門家の知見で課題を整理してもらう注文住宅とは異なります。

 

どうしても自分自身で判断しなければならないのが、安い一軒家なのです。

 

一度家を購入すれば、少なくとも30年は住む場所となります。

 

将来をも見通した家選びは、あなた自身の責任で行わなければなりません。

 

既存の安い一軒家がイヤなら自分で建てる

ここまで安い一軒家の注意点を紹介しました。

 

正直、読んでいるうちにちょっと不安になったのではないでしょうか?

 

「安くて安心の物件を」と思うなら、ローコスト住宅にしてみましょう。

 

今はローコスト住宅といって、低価格ながら質の良い新築が建築できます。

 

ローコスト住宅については、当サイトの過去記事である「ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説」にて詳しく解説しております。

 

しかしどの業者なら良い住宅を建てられるかなんて、分からないですよね?

 

そんな方に「HOME’Sの一括資料請求サービス」を筆者はオススメしています。

 

予算を入力すれば、希望に沿った金額で建築できる企業が一発でわかります。

 

そのうえで、資料を一気に取り寄せできますよ。

 

自分の予算範囲内で色々な業者を対比させたいという方には、もってこいです。

 

初心者向けの土地探しサポートや、資金計画書作成も無料で行ってくれますよ。

 

低予算で理想の物件が欲しいなら、「HOME’S」のサービスは絶対お勧めです。

 

【マル秘テク】優良注文住宅メーカーからカタログを一気に取り寄せできる

賃貸で有名なHOME’Sが厳選した全国の優良住宅メーカーからカタログが無料で取り寄せできる!
取り寄せ方法も「予算1,000万円以内」「平屋・3階建て住宅」「ローコスト住宅」などどんな要望でもOK
まずは、多くのカタログを比較して、あなたに合う住宅のイメージを膨らそう!

HOME'S注文住宅一括資料請求

http://www.homes.co.jp/iezukuri/


>賃貸で有名なHOME’Sの安心実績!<
>全国の優良住宅メーカーからあなたに要望にあったカタログが無料で取り寄せできる!<

 

まとめ

以上、「安い一軒家の購入」をテーマとして、様々な知識を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

紹介した知識さえ押さえておけば、「安い一軒家の購入」に関する知識は、すべて網羅できているのでご安心を。

 

今後、安い一軒家を購入する機会があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

関連ページ

家購入4つの流れを解説!ローン・契約の段取りや新築・中古購入の違いをガイド
ローコスト住宅で後悔しない7つのポイント!低価格の仕組みも解説
集め方からおすすめメーカーまで解説!家のカタログを使いこなす4つの知識
家造りには「見積もり」が不可欠!6つの活用法や5つの注意点を解説
建て売りの家を安く購入する9つのコツを伝授!失敗した時の対策も紹介
家購入における頭金の全知識!2つのメリットから用意する方法まで
家購入のための頭金の目安は1割以上!貯め方や頭金なしの対策も解説
住宅買い替えの流れ・費用・書類・注意点を解説!4つの要素を完全ガイド
失敗しない注文住宅のための全知識!価格の仕組み・会社選び等を完全ガイド
家を建てるための4つの必要知識が全て分かる!流れ・会社選び等を解説
新婚時の家購入を完全ガイド!賃貸との差や安く買う5つのコツまで解説
マンション購入予算の決め方と予算以下で買うための5つの注意点
あなたの年収のマンション予算はコレ!予算内の物件を探すコツも解説
【完全保存版】家の購入で適用できる減税制度とお得な補助金の全まとめ
不動産業者が隠したがる「相場よりも安い住宅を探す方法」を完全公開
4LDKの新築住宅の費用は約3,400万円!気になる内訳を完全ガイド
賃貸との比較や決断方法まで!家の購入を迷う人が知るべき3つの知識
家の購入で利用できる値切りテクニック7選と失敗した時の対処法4選
ハウスメーカー別の相場を大公開!予算別にどんな家が建つのかも解説
6ヶ月で完成?もっと早くするのは可能?家を建てる期間を完全ガイド
見つけ方から安く買うコツまで!家建築のための土地購入を完全ガイド
頭金なしのリスクや中古と新築の違いを解説!家購入の4つの注意点
どんな間取り・デザイン・外観にすればいい?人気の家の仕様を完全ガイド
間取りの決め方から優良ハウスメーカーまで解説!新築平屋の全知識
ローンの目安・相場や注意点を解説「家の購入と年収の関係性」を完全ガイド
建売住宅の全知識!注文住宅との違い・見分け方や値引き方法・注意点を解説
新築間取りの全知識!決め方・失敗例・風水の活用法まで完全ガイド
相手別「マイホーム相談」を完全ガイド!展示場・両親・銀行・FPを解説