東京建物不動産販売で不動産売却!特徴や強み・弱み、口コミ・評判を徹底調査!

更新日:2021/5/29

マンションの売却で評判の高い不動産会社の一つに、東京建物不動産販売があります。

東京建物グループが展開するマンションブランド「Brillia」は非常に知名度が高く、多くの方がご存じなのではないでしょうか。

そんな東京建物不動産販売ですが、実は不動産売却サポートにも力を入れており、質の高いサービスを提供しています。

そこで、下記のような疑問を抱く人もいるでしょう。

  • 東京建物不動産販売の不動産売却はほかの売却査定サービスと何が違うの?
  • 東京建物不動産販売の口コミや評価を知りたい!
  • 東京建物不動産販売が向いている人・向いていない人は?

この記事では、東京建物不動産販売のサービス概要や、強みと弱み、口コミ・評判、オススメの人やオススメでない人を徹底的に調査し、分かりやすく解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

◎一社だけに査定依頼したら大失敗?不動産売却で失敗したくない人必見!

不動産売却で失敗しないためには、無料不動産一括査定に申し込むのが鉄則です。

不動産売却を検討していて、一社のみに売却査定依頼をしようとしているそこのあなた。

そのままでは非常に危険です!

なぜなら不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってくるからです。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば無料で複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

東京建物不動産販売とは

東京建物不動産販売は安田財閥創始者が設立した日本で最も古い歴史を持つ総合不動産会社・東京建物株式会社のグループ会社として、首都圏を中心に質の高いサービスを提供しています。

社名東京建物不動産販売株式会社
設立年月1980年5月17日
資本金43億円
店舗数11店舗
従業員数420名(2020年12月31日現在)
本社所在地東京都中央区八重洲1-5-20 東京建物八重洲さくら通りビル
代表取締役福居 賢悟
事業内容仲介事業、アセットソリューション事業、賃貸事業

企画・開発・販売をメインに行う東京建物に対し、東京建物不動産販売は仲介や賃貸事業を展開しています。

日本一の歴史を持つ会社ですので、名前だけでも知っているという人は非常に多いのではないでしょうか。

他の不動産会社との比較

この章では、大手不動産会社の仲介取扱高ランキングをもとに、東京建物と他の不動産会社との比較をしていきます。

順位企業名取扱高(百万円)仲介件数(件)店舗数
1三井不動産リアルティグループ1,783,23242,818282
2東急リバブル1,315,94226,437190
3住友不動産販売1,287,50837,715276
4野村不動産グループ872,3379,51592
5センチュリー21636,39625,902989
6三井住友トラスト不動産472,4267,68472
7三菱地所リアルエステートサービス450,0481,0958
8みずほ不動産販売407,8044,04352
9三菱UFJ不動産販売405,9695,12744
10積水ハウスグループ243,2318,241114
11オープンハウス236,4225,69544
12大和ハウスグループ185,9024,30963
13東宝ハウスグループ177,7125,14818
14大京穴吹不動産167,6106,30475
15大成有楽不動産販売グループ164,2283,89340
16住友林業ホームサービス156,3964,26547
17東京建物不動産販売144,5901,08611
18イエステーション123,6807,827145
19スターツグループ115,6552,263105
20長谷工リアルエステート108,3011,99938

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「流通大手各社の取扱高等の推移」

東京建物不動産販売の仲介の取扱高は業界17位の位置づけで、店舗数は11となっています。

東京建物はその名の通り、『東京』にフォーカスしたエリア戦略を採用しており、オフィスビルや住宅の多くは首都圏にあります。

ですから、店舗数が少ないのはこのエリア戦略が理由と言えるでしょう。

次章以降で、そんな東京建物不動産販売の不動産売却サービスについて解説していきます。

Brilliaのオーナーは必見!「Brillia認定中古マンション制度」

東京建物不動産販売はBrilliaの分譲マンションを売却する人向けに、「Brillia認定中古マンション制度」という独自のサービスを展開しています。

Brillia認定中古マンション制度とは:
“東京建物が認定する長期保証付中古マンション”として売り出すことができるBrillia限定のサービスです。具体的にはBrilliaの中古取引において住宅設備機器の事前検査を実施し、引渡し後の不具合を最長5年間無料で保証いたします。
(出典:東京建物不動産販売「Brillia認定中古マンション制度とは」

「検査済み・長期保証付き」という高付加価値の中古住宅として売却できるため、Brilliaの売却を検討している方にはオススメの制度となっています。

また、この制度には「仲介手数料 10%OFF」という特典も付いており、売主にとっては非常に魅力的なサービスと言えるでしょう。

◎一社だけに査定依頼したら大失敗?不動産売却で失敗したくない人必見!

不動産売却で失敗しないためには、無料不動産一括査定に申し込むのが鉄則です。

不動産売却を検討していて、一社のみに売却査定依頼をしようとしているそこのあなた。

そのままでは非常に危険です!

なぜなら不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってくるからです。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば無料で複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

東京建物不動産販売の強み・メリット

東京建物不動産販売の強み・メリットは以下4点です。

東京建物不動産販売の強み・メリット

  • 無料のバリューアップサービス
  • 首都圏マンションデータベースの活用によるAI査定
  • 人気ポータルサイト等を活用した幅広い広告展開
  • 充実した買取サービス・売却保証サービス

無料のバリューアップサービス

バリューアップサービスとは、ハウスクリーニング・リペア・不用品回収・仮測量・耐震基準適合証明書取得という5つのサービスのうち、好きなものを1つ無料で受けられるという内容になります。

どれも素人には難しい作業になりますので、これを無料で頼めて物件の付加価値を上げられるというのは、売主は嬉しい限りですね。

首都圏マンションデータベースの活用によるAI査定

マンションデータベースとは、東京・神奈川・埼玉・千葉にある5万棟超の分譲マンションデータを元に、販売履歴や口コミなどを調べることができるデータベースになります。

マンションの売却を検討している方は、AIが過去の売出事例から算出した推定相場価格を確認することができるため、ぜひとも利用していただきたいサービスと言えます。

また、物件情報配信サービスに登録するとマンションの相場情報が定期的に送られてくるため、相場の動向を確認した上で売却に臨むことができます。

こちらも必見のサービスですね。

人気ポータルサイト等を活用した幅広い広告展開

そして、東京建物のグループ力を活かした幅広い広告展開もメリットの一つです。

物件の価値が上がっても、買い手が付かないことには売却は成立しません。

東京建物不動産販売では、SUUMOなどの人気ポータルサイトへの掲載をはじめ、グループの多岐にわたる販売チャネルを活用した売却が可能になっています。

より多くの潜在的な買い手の目に触れることで、早期かつ高値での売却が期待できると言えるでしょう。

充実した買取サービス・売却保証サービス

さらに、東京建物不動産販売では、買取サービス・売却保証サービスが充実しています。

買取サービスがあるため、一定期間内に売却を完了させなければならないといった特殊な事情があっても安心です。

また、買い替えの際、今の住宅が一定期間内に売却できなかった場合に東京建物不動産販売が買取してくれる売却保証サービスというものが存在します。

そのため、時間をかけてあせらず売却活動を行うことができます。

上記4点が東京建物不動産販売の強み・メリットになります。

物件の付加価値を最大化した上で、幅広く広告展開を行う点は、東京建物不動産販売の最大の強みですね。

東京建物不動産販売の弱み・デメリット

一方、東京建物不動産販売の弱みは、対応地域が限られているという点にあります。

東京建物不動産販売は売却サービスが非常に充実しており、ぜひ利用してみたい売却査定サービスと言えますが、地域が限定されている点がデメリットです。

東京建物は、『東京』にフォーカスしたエリア戦略をとっているため、首都圏以外の不動産にはほとんど対応していません。

下記円グラフは、オフィスビルと分譲マンションのエリア別比率になります。

東京建物「東京建物ってどんな会社?」

オフィスビル・分譲マンションともに約80%が首都圏に位置しており、さらに言えば約50%が東京23区内ということになります。

実際、バリューアップサービスをはじめとした多くの売却サービスは一都三県に限定されているため、首都圏以外の物件の売却を検討している方にはオススメできないと言えるでしょう。

東京建物不動産販売の口コミ・評判

東京建物不動産販売の口コミ・評判は以下の通りです。

対応が早く、窓口になる営業担当の雰囲気も良い

転勤が決まり、自宅の売却が必要になり相談させていただきました。(中略)無料での売却相談ができるようだったので、状況などを書いて送信してみたところ、かなり素早い返信がありました。期日の決まった転勤だということを伝えていたこともあってか、まずは査定がてら話を聞かせてほしいということで、訪問してもらうことになりました。査定額は大体他の会社と同じくらいでしたが「あくまでも販売活動をさせていただきたいとお願いする立場ですので」というような内容のことを言っていただき、信用できる会社なのかなと思いました。東京で30年以上の実績があり、一部上場もしている会社だということも調べた時に初めて知ったくらいでしたが、今後の窓口となる営業の方の雰囲気にとても惹かれて、こちらの会社でお願いすることに決めました。(30代・男性)

アポなし訪問や夜間の訪問は、本当に迷惑でした!!

引越を機に、土地の売却の相談をさせて貰いました。特に不動産屋にこだわりはなかったため、まずは身近なところからお願いしようと近所にあった東京建物不動産販売で売却の相談をしましたあまりメジャーではないの不動産屋で、初めは少々不安もありましたが、最初に担当をしてくれた方の対応がとてもよかったため、引き続きお話を聞いています。きちんとした売却の担当が付き、全体の流れ等の説明を受けました。不動産関係の売却は初めてのことで、手続き等もわからないことばっかりだったのですが、司法書士の方とのやりとりなど全てにおいてサポートがあったことがありがたいと思いました。どのように進めるか主人と話合って、まずはこちらでも査定をお願いし、他でも何件か査定の依頼をしました。土地のみなので査定額には大差なく、どこも同じような感じでした。金額で大差がない以上、どのように選ぶか悩みましたが、今後何かとやりとりが続くようであれば、近い不動産屋だと便利かなーと思い検討していましたが、担当の接客がしつこく、正直迷惑でした。電話だけでなく、何度かアポなしの訪問もあったり、夜間にインターホンを押されたりするなんてありえません。

出典:ランクルー「東京建物不動産販売の口コミ評判」

東京建物不動産販売がオススメの人

東京建物不動産販売がオススメの人は、以下の通りです。

東京建物不動産販売がオススメの人

  • Brilliaのオーナーで売却を検討している人
  • 安定した売却サービスを受けたい人

東京建物不動産販売がオススメの人は、Brilliaのオーナーで売却を検討している人です。

Brilliaのオーナーで売却を検討している人に関しては、Brillia認定中古マンション制度というサービスを利用することができ、相場より高い価格で不動産売却を実現することも可能です。

また、東京建物不動産販売は安定した売却サービスを受けたい人にもオススメできます。

東京建物グループには日本最古の総合不動産会社として培った実績と幅広いネットワークがあるので、不動産売却で失敗したくない人は東京建物不動産販売の利用を検討してみるのが良いでしょう。

東京建物不動産販売をオススメできない人

東京建物不動産販売がオススメできない人は、以下の通りです。

東京建物不動産販売をオススメできない人

  • 首都圏以外の物件の売却を検討している人

東京建物不動産販売は、首都圏、特に23区内では圧倒的なブランドを確立しているものの、首都圏以外にはほとんど進出していません。

売却サービスの多くも利用することができないため、首都圏以外の物件の売却を検討している人については、オススメできません。

◎一社だけに査定依頼したら大失敗?不動産売却で失敗したくない人必見!

不動産売却で失敗しないためには、無料不動産一括査定に申し込むのが鉄則です。

不動産売却を検討していて、一社のみに売却査定依頼をしようとしているそこのあなた。

そのままでは非常に危険です!

なぜなら不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってくるからです。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば無料で複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

不動産会社選びは一括査定サイトの活用が鉄則

ここまで詳しく東京建物不動産販売について見てきました。

長年の経験で培った実績とノウハウがありオススメの会社と言えますが、売却の際は複数の不動産会社に必ず問い合わせて販売価格を聞いてみることが成功の鍵です。

しかし、複数の不動産会社を自分で調べて、1社ずつ何度も査定依頼を進めるのはとても大変です。

そんな時に不動産一括査定サイトの活用を強くオススメします。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのことです。

売却することは決まっておらず、現在の市場価格を確認してみたいという方でも活用出来るので、定期的にチェックしてみるのも良いでしょう。

不動産一括査定のオススメランキング

不動産一括査定のオススメランキング

筆者が考える不動産一括査定のオススメランキングをお伝えします。

不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額になりますので、より得意としている会社を見つけたいですよね。

サイトを選ぶ基準としては下記3つ。

不動産一括査定を選ぶときの3つの基準

  • 大手不動産会社に最低でも1社は査定が行えること
  • 中堅や地域密着の不動産会社にも査定が行えること
  • 不動産一括査定の運営会社がしっかりしていること
ポイントは、大手から地域密着の不動産会社まで幅広く依頼をすること。

大手は取引実績が豊富な分、やっぱり売却力があります。

ただし、お客さんをたくさん抱えているため、仕事のやり方がマニュアル通りといった感じ。

逆に中堅や中小・地域密着の不動産会社は社長自らが対応してくれたりします。

不動産一括査定を1つだけ使っても、大手不動産会社が見つからなかったり、逆に大手のみしか依頼できない場合が多々あります。

筆者としては、不動産は高額商品になるので、時間が掛かっても複数の不動産一括査定を使って、大手、中堅、地域密着の不動産会社それぞれに依頼することをオススメしています。

当サイトがオススメする不動産一括査定サイトの賢い選び方

3つのチェックで分かる!不動産査定サービス診断

都市部や県庁所在地など人口が多いエリアの物件にオススメ

  1. 超大手不動産会社が探せる「すまいValue
  2. 大手・中堅や地域密着が探せる「HOME4U
  3. 知名度No.1ポータルサイトの実績を活かした「SUUMO
  4. 両手仲介なしの売り手専門「SRE不動産(※旧ソニー不動産)

都市部での一括査定サイトの活用法についてはこちらの記事で詳しく解説しております。

田舎や地方の人口の少ないエリアの物件にオススメ

  1. 大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「イエウール
  2. 地域密着の不動産会社を多く探せる「ホームズ
  3. 大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「HOME4U

地方での一括査定サイトの活用法についてはこちらの記事で詳しく解説しております。

収益・投資用物件にオススメ

  1. 投資物件に特化した一括査定サイト「リガイド
  2. マンションに強く賃料査定も可能な「マンションナビ
  3. 超大手不動産会社が探せる「すまいValue
  4. 大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「HOME4U

投資物件の売却に特化した「リガイド(RE-Guide)」をベースに、物件特性に合わせて他の一括査定サイトの併用がオススメです。

それでは、各一括査定サイトの特徴をカンタンに紹介していきます。

安心感抜群!大手6社に唯一依頼ができる「すまいValue」
すまいValue
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション/一戸建て/土地/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟
サービス開始年月2016年10月
実績年間成約件数 11万件
提携会社数6社
同時依頼数6社
机上査定対応
備考欄・要望可能
小田急不動産、住友不動産販売、野村の仲介、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、三井のリハウスの超大手不動産会社6社が全て参加している唯一の不動産一括査定サイトです。

これら6社で日本の仲介取引の1/3以上を占めるほど大きい会社ですので、対応地域の人は間違いなく依頼しておくべき一括査定サイトです。

他の一括査定サイトは、すまいValueが依頼できる国内TOP3(三井不動産リアルティネットワーク、住友不動産、東急リバブル)の不動産会社には依頼ができませんので、これらの不動産会社に査定依頼したい方はすまいValueの利用をオススメします。

「すまいValue」を使う際には注意が必要
すまいValueが依頼できる超大手は売主、買主両方を相手する両手仲介の可能性が高くなります。
その対策として、筆者としては、「すまいValue」を使う際は、売主専門で大手の「SRE不動産(旧ソニー不動産)」も併せて申し込んでおくことをオススメします。
SRE不動産(旧ソニー不動産

SRE不動産は、エージェント制を採用している、国内では数少ない不動産会社で、以前がソニー不動産という名称でした。

エージェント制とは、分かりやすく言うと、売主の立場で徹底的にサポートしてくれるということです。

他の不動産会社と違いSRE不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

SRE不動産の対象エリアである、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都、奈良在住の方は申し込んでおくことをオススメします。

安心のNTTグループが運営!「HOME4U」
HOME4U
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション一室/一戸建て/土地/ビル一室/店舗・事務所・倉庫/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/その他
サービス開始年月2001年11月
実績売却査定数累計40万件
提携会社数約1,500社
同時依頼数6社
机上査定対応
備考欄・要望可能

HOME4Uは、NTTグループが2001年から運営している日本初の一括査定サイトです。

長い歴史と実績から培ったノウハウを活かし、不動産会社を優良会社に厳選しているのが特徴です。

HOME4Uでは、個人向けのマンションや戸建て、土地だけではなく、アパート一棟や店舗・事務所・倉庫などの収益物件も査定できますので、不動産売却を検討しているなら、HOME4Uを利用しておけば間違いないでしょう。

また、PCやスマホ入力が面倒な方は電話代行もあり大変便利です。

※TEL:0800-080-4326 受付時間:平日10時30分~18時

知名度No.1ポータルサイトの実績を活かした「SUUMO」
スーモ(SUUMO)の一括査定とは?有名不動産ポータルサイトを使った売却方法を解説
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション/一戸建て/土地
サービス開始年月2009年8月(前身は『住宅情報ナビ』で1976年から運営)
実績月間訪問者数 約2188万人
提携会社数2,000社以上
同時依頼数10社以上
机上査定対応
備考欄・要望可能
スーモは、不動産ポータルサイトとしては言わずと知れたメジャーなサイトであり、アットホーム、ホームズ含めて3大ポータルサイトと呼ばれることが多いです。

スーモは、買主や借主向けに物件広告をインターネット上に展開しており、住宅の売買や賃貸をする際に多くの方がスーモを利用します。

基本的には買主または借主向けのサイトですが、売主向けに不動産一括査定サービスも行っており、査定依頼できる不動産は、「マンション」「一戸建て」「土地」の3つです。

事務所や店舗、工場、倉庫、アパート、1棟賃貸マンション等の物件を査定依頼は出来ず、個人がマイホームやマンションを売却する際に利用できる不動産一括査定サービスになります。

利用者No.1!大手・中堅から地域密着まで探せられる「イエウール」
イエウール
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション/一戸建て/土地/ビル一室/店舗・事務所・倉庫/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/区分マンション(収益)/区分ビル(ビル一室)/農地
サービス開始年月2014年1月
実績累計利用者数 1,000万人以上
提携会社数1,974社
同時依頼数6社
机上査定対応
備考欄・要望可能
イエウールは、提携会社が 1,974社の一括査定サイトです。

イエウールの運営会社は株式会社Speeeで、JASDAQスタンダード市場への新規上場を承認され、2020年7月10日(金)に上場しています。

査定の情報入力画面がLINE風になっており、質問に沿って入力やタップ・クリックしていくだけなので、誰でも簡単に入力できます。

地方の不動産会社を含め、提携会社数が多く、会社がヒットしなかった場合のサポートまで整備されているため、田舎の物件を売りたい方は是非使いたい一括査定サイトです。

地域密着の不動産会社も多数参加!「ホームズ」
ホームズ
対応エリア全国
対応対応物件種別 マンション/一戸建て/土地/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/倉庫・工場
サービス開始年月2008年12月
実績サービス利用者数 736万人
提携会社数2,985社
同時依頼数6社
机上査定対応
備考欄・要望可能
ホームズは、賃貸で有名で知名度抜群のサービスですが、一括査定サイトも展開しています。

不動産会社も多数参加しており、地域密着の不動産会社や投資物件に強い不動産会社を探せるのが大きな強みで、匿名査定にも対応しています。

ホームズを運営しているのは東証1部上場の株式会社LIFULLで、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」、国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しており、個人情報の取扱いも徹底されています。

厳重な情報セキュリティを確保しているため、その点でも安心して利用できます。

旧SBIグループが運営!「リガイド」
リガイド
対応エリア全国
対応対応物件種別 マンション/一戸建て/土地/ビル/事務所/マンション一棟/アパート一棟/事務所・ビル一棟
サービス開始年月2006年7月
実績データなし
提携会社数800社以上
同時依頼数10社
机上査定対応
備考欄・要望可能
リガイドは、もともと一括査定サイトではなく不動産会社が運営する査定サイトであり、現在は株式会社ウェイブダッシュにより運営されています。

そのような背景もあり、投資物件に強い不動産会社が多数参加しているのが特徴、サイト内にプロが好む収益物件の紹介サイトもあります。

「マンション一棟」や「事務所・店舗ビル一棟」、「事務所・店舗ビル一室」等の個人投資家が保有するような不動産も査定することができます。

収益性の高い不動産を所有している方やマンション一棟を所有している方に特にオススメの一括査定サイトです。

マンションに強く賃料査定も可能な「マンションナビ」
マンションナビ
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション
サービス開始年月2011年8月
実績年間2万人プロ査定利用
提携会社数2,500店舗
同時依頼数9社(売買6社+賃貸3社)
机上査定対応
備考欄・要望可能
マンションリサーチ株式会社という会社が運営しており、2011年よりサービスが開始されています。

対応しているエリアは全国で、提携している不動産会社の店舗数は2,500店舗と公表されています。

マンションナビの最大の特徴としては、マンション査定に特化している点です。

一括査定サービスは「プロ査定」という名称でサービス提供がされていますが、それとは別にマンションナビでは「AI査定」というサービスも提供しています。

「AI査定」はマンション名を指定するだけで該当するマンションの価格と賃料の相場が無料で表示される優れモノです。

相場だけでなく、販売履歴や周辺物件と比較した物件の特徴、売り出し時期や販売価格を決める参考資料、建物価格の情報等も調べることができます。

「AI査定」の結果画面からは一括査定サービスに直接申し込むことができ、その際は、住所やマンション名等の情報が引き継がれるため、入力の手間も省けて便利です。

マンションの売却を検討している方なら気軽に「AI査定」だけでも使ってみて損はないサービスです。

分類別にオススメのサイトは「不動産一括査定サイトのオススメランキング!分類別に徹底解説」で詳しく解説しています。

まとめ

以上、東京建物不動産販売について解説してきました。

東京建物不動産販売は物件の付加価値を最大化した上で、幅広く広告展開を行う点を強みとしており、特にBrilliaのオーナーで売却を検討している人人はオススメです。

紹介した一括査定サービスもフルに活用し、不動産売却を成功させましょう。