三井のリハウスの不動産売却実績はすごい?特徴や口コミ・評判を解説

更新日:2021/3/11

三井のリハウスの不動産売却実績はすごい?特徴や口コミ・評判を解説

三井のリハウスは、不動産仲介業における取扱高No.1企業です。

店舗も多いため、大手の不動産会社の中でも三井のリハウスなら店舗を見たことのある人も多いのではないでしょうか。

これから不動産を売却しようとしている人の中には、No.1企業である三井のリハウスが気になっている方も多いと思います。

  • 三井のリハウスはどんな会社?
  • 三井のリハウスに向いているのはどんな人?
  • 三井のリハウスを実際に使った人の口コミは?

この記事では三井のリハウスに関して、サービス概要や、強みと弱み、口コミ・評判、オススメの人や、逆にオススメ出来ない人など、徹底分析していきます。ぜひ最後までご覧ください。

三井のリハウスとは

三井のリハウスとは、三井不動産リアルティ株式会社が展開している個人向け仲介を行っている店舗のブランド名になります。

社名三井不動産リアルティ株式会社
設立年月1969年7月
資本金200億円
店舗数282店舗
従業員数4,323名(単体)、5,231名(連結)
本社所在地東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング 9階
代表取締役遠藤 靖
事業内容個人向け不動産仲介事業:主に個人に対する住宅、土地などの仲介・コンサルティング
法人向け不動産仲介事業:事業法人に対する不動産の仲介・コンサルティング
駐車場事業:時間貸し・月極駐車場などの企画、運営、管理、運営受託
その他事業:カーシェアリング、デューデリジェンス(詳細調査)・不動産鑑定評価業務、保険の代理店業務など

運営会社の三井不動産リアルティ株式会社は、三井のリハウスの他に、三井のリパークという駐車場の運営も展開しています。

三井不動産グループの中でも大きなグループ会社の1つです。

親会社の三井不動産は、オフィスビルや商業施設等の開発を行っており、不動産会社としては業界トップの会社になります。

三井不動産リアルティ株式会社は、元々は三井不動産が分譲する不動産の販売会社として設立されましたが、その後、仲介業で国内トップの企業まで成長しています。

他の不動産会社との比較

この章では、大手不動産会社の仲介取扱高ランキングを見ながら、三井不動産リアルティと他の不動産会社との比較をしていきます。

順位企業名取扱高(百万円)仲介件数(件)店舗数
1三井不動産リアリティグループ1,783,23242,818282
2東急リバブル1,315,94226,437190
3住友不動産販売1,287,50837,715276
4野村不動産グループ872,3379,51592
5センチュリー21636,39625,902989
6三井住友トラスト不動産472,4267,68472
7三菱地所リアルエステートサービス450,0481,0958
8みずほ不動産販売407,8044,04352
9三菱UFJ不動産販売405,9695,12744
10積水ハウスグループ243,2318,241114
11オープンハウス236,4225,69544
12大和ハウスグループ185,9024,30963
13東宝ハウスグループ177,7125,14818
14大京穴吹不動産167,6106,30475
15大成有楽不動産販売グループ164,2283,89340
16住友林業ホームサービス156,3964,26547
17東京建物不動産販売144,5901,08611
18イエステーション123,6807,827145
19スターツグループ115,6552,263105
20長谷工リアルエステート108,3011,99938

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「流通大手各社の取扱高等の推移」

三井不動産リアルティグループは仲介の取扱高で国内トップです。

2位と3位の東急リバブルと住友不動産販売は順位が入れ替わることもありますが、三井不動産リアルティは毎年トップを維持し続けています。

不動のNo.1企業であり、その地位は絶対的な存在として業界内で確立されています。

また、三井不動産リアルティは、大手の中でも店舗数も非常に多いのが特徴です。

上表の中に、センチュリー21の989店舗というものがありますが、この数字は全てフランチャイズ店の数です。

それに対して、三井不動産リアルティは全店舗直営店となっており、直営店の店舗数は最大となっています。

売主にも買主にも嬉しい360°サポート

三井のリハウスは、売主にも買主にも嬉しい360°サポートというサービスを行っています。

360°というのは、売主にも買主にも全ての方向から喜ばれるという意味で名づけられています。

360°サポートのサービス内容

(売主向け)

  • 設備チェック&サポートサービス
  • 建物チェック&サポートサービス

(買主向け)

  • 設備チェック&サポートサービス
  • 建物チェック&サポートサービス
  • 緊急駆付け

売主が360°サポートを利用すると売却前に建物と設備の状態を無償でチェックしてもらえます。

また、万が一、売却後に不具合が発生した場合には、2年間であれば1作業あたり最大20万円まで、三井のリハウスの費用負担で補修をしてもらえます。

360°サポートの要件と条件

360°サポートはどのような物件・契約内容の場合に適用されるのでしょうか?

360°サポートの要件としては以下の物件が対象となります。

360°サポートの主な要件

  • 一戸建て:媒介契約締結時点で築30年以内
  • マンション:築年数不問(2020年4月1日以降に売買契約が対象)
  • 三井のリハウス営業エリア内の物件
  • 三井のリハウスとの媒介契約を締結した売主または買主

360°サポートの特徴としては、三井のリハウスとの媒介契約は種類を問わないという点です。

媒介契約には、一般媒介と専属専任媒介、専任媒介の3種類があります。

  • 一般媒介:同時に複数社に仲介を依頼できる契約
  • 専属専任媒介・専任媒介:1社にしか仲介を依頼できない契約

売主に向けて同じようなサービスを展開している会社もありますが、三井のリハウスの360°サポートは仲介の種類を問わないため、一般媒介で他社も含めて売却活動をした場合でもサービスを受けることが出来ます。

三井のリハウスの強み・メリット

三井のリハウスの強みは、業界No.1の知名度と実績による信頼とブランド力です。

No.1企業ですので、不動産業界においては日本で一番強い企業といえます。

三井のリハウスが仲介で扱っている物件であれば、それだけで信頼感が持てたり、物件の諸問題をしっかり調査してくれるイメージがあるため「購入するなら三井のリハウスで」という買主もいます。

よって、三井のリハウスに売却を依頼することで買主の印象が高くなり、物件が早く高く売れる可能性もあります。

三井のリハウスの弱み・デメリット

三井のリハウスの弱みは、あえて挙げるとすれば売主に対するサポートメニューが少ないという点です。

他社は三井のリハウスに追いつこうと切磋琢磨していますので、三井のリハウスにはないサービスを提供していることが多いです。

例えば、「プロカメラマンに物件写真を撮ってもらう会社」や「荷物を一時的に預かってくれる会社」などが、三井のリハウスには無いサービスです。

360°サポートだけでは物足りない、他社のサービスの方が魅力的だと感じる方は、他社も検討してみることをオススメします。

三井のリハウスの口コミ・評判

この章では、三井のリハウスの口コミ評判について解説します。

オリコンでは不動産会社を利用した人たちに対し、満足度のアンケート調査を行っています。マンションと戸建ての顧客満足度のランキングは下表の通りです。

順位マンション戸建て
不動産会社評点不動産会社評点
1位住友林業ホームサービス80.27点野村の仲介+76.70点
2位大成有楽不動産販売78.38点三井住友トラスト不動産76.46点
3位野村の仲介+77.98点近鉄の仲介75.50点
4位三井住友トラスト不動産77.79点東急リバブル74.95点
5位大京穴吹不動産77.27点三井のリハウス74.84点
6位三井のリハウス77.03点センチュリー2174.57点
7位東急リバブル76.78点住友林業ホームサービス74.52点
8位住友不動産販売76.37点福屋不動産販売73.93点
9位近鉄の仲介75.86点住友不動産販売73.70点
10位長谷工の仲介75.37点

※出典:オススメの不動産仲介 売却 戸建てランキング2020年 オリコン顧客満足度調査:2020年9月1日更新より

三井のリハウスは、戸建てでは5位、マンションでは6位にランクインしています。仲介の取扱高は業界トップですが、顧客からの評価までトップというわけではないようです。

ただし、トップ10ランキングの中では常連の顔ぶれであり、三井のリハウスがトップ10の中からランク外に落ちることはありません。

ランキング表の中には、マンションは名前があっても、戸建てはランク外という不動産会社も存在します。

一方で、三井のリハウスは、マンションにも戸建てにも名前があり、5~6位というポジションですので、戸建てであってもマンションであっても、偏りなく相応の満足感が得られる点が特徴となっています。

オリコンの顧客満足度ランキングにおける三井のリハウスの口コミ評判は以下の通りです。

(良い点)

・申し込み時から誠意が感じられる説明で安心を感じることができました。その後の経過説明もよくわかるものでした。成約時にも親切な説明でよく理解することができました。(60代以上男性)

・メールで問い合わせたら即電話がかかってきて、売却しようとする意欲が感じられた。ネットを通して沢山問合せをしていたが、一番熱意が感じられたのでよかった。(40代女性)

・大手3社に対し一般媒介の形で依頼しました。最も迅速且つ当方の希望価格そのもので売却できました。担当者の物腰なども3社の中では「ぴかいち」でした。(60代以上男性)

(気になる点)

・物件査定があまり納得できなかったのと他の不動産屋さんは売買を両方お願いした場合手数料を半額にしてくれる所もあったが三井さんは正規の額面で両方の支払いをした。少し不満。サービスが悪い。(60代以上女性)

・やはり大手だから?手数料などは結構高い。聞けばなんでも答えてくれるけど、やはり専門的なことはこちらから聞かないとわかりづらい。(40代女性)

・相場が上がっている時期であったこともあり、売却価格の設定について後から考えるともう少し強気でもよかったと思われるが、その情報はやや少なかった。(50代男性)

出典:三井のリハウス 不動産仲介 売却 マンションの評判・口コミ

良い点としては、営業担当者の対応を褒める声が多いです。

三井のリハウスは業界最大手ですので、採用も厳しく、入社後の社員教育もしっかりしています。レベルの高い社員が多くて有名ですので、紳士的な対応をとる営業担当者は多いと思われます。

気になる点としては、仲介手数料が高いといった声が多いです。三井のリハウスに限らず、大手の不動産会社は仲介手数料の値引きに応じないことが一般的となっています。

仲介手数料を安く抑えたいという人であれば、大手以外の不動産会社を探すことをオススメします。

三井のリハウスがオススメの人

三井のリハウスでの不動産売却がオススメの人は、以下の通りです。

三井のリハウスがオススメの人

  • 三井のリハウスの営業エリア内の人

三井のリハウスはNo1企業で信頼感も抜群です。

三井のリハウスの営業エリア内の人であれば、皆にオススメできます。

物件種別に関しても、三井のリハウスは、戸建てもマンションもオリコンランキングで5~6位のポジションであることから、いずれも偏りなく得意としています。

もちろん、土地も問題なく売却できるため、土地の売主も三井のリハウスがオススメです。

三井のリハウスは店舗も全国に広く存在します。営業店が近くにあれば、三井のリハウスを検討してみてください。

三井のリハウスの店舗は以下のページから探すことができます。

また、三井のリハウスは不動産一括査定サイトのすまいValueに参画しています。

すまいValueを利用することで、三井のリハウス含めた大手不動産会社にまとめて査定依頼を出すことができます。

不動産一括査定サイトについては、【不動産会社選びは一括査定サイトの活用が鉄則】にて詳しく解説しています。

三井のリハウスをオススメできない人

三井のリハウスでの不動産売却をオススメ出来ない人は、以下の通りです。

三井のリハウスをオススメできない人

  • 三井のリハウスの営業エリア外の人
  • 底地等の特殊な物件の売却検討者

三井のリハウスがオススメではない人は、三井のリハウスの営業エリア外の人、もしくは、底地(借地権が設定されている土地のこと)等の特殊な物件の売主です。

No.1企業ですので、オススメ出来ない人を挙げにくいですが、まず三井のリハウスの営業エリア外の人はオススメではないことになります。

また、底地のような特殊な物件は、それぞれ専門の不動産会社が存在します。

もちろん、三井のリハウスも実力がありますので特殊な物件を任せても問題はないものの、イレギュラーな物件はその道のプロに任せてしまった方が早いです。

よって、一般的でない特殊な不動産であれば、三井のリハウス以外を検討することをオススメします。

不動産会社選びは一括査定サイトの活用が鉄則

ここまで詳しく三井のリハウスについて見てきました。

No1の安心感は大きく、営業エリア内の方には、オススメの会社と言えますが、売却の際は、複数の不動産会社に必ず問い合わせて販売価格を聞いてみることが成功の鍵です。

しかし、複数の不動産会社を自分で調べて、1社ずつ何度も査定依頼を進めるのはとても大変です。

そんな時に不動産一括査定サイトの活用を強くオススメします。

不動産一括査定とは、売却を検討している不動産の情報を入力するだけで、複数の不動産会社から不動産の売却価格の査定を出してもらうことができるサービスのことです。

売却することは決まっておらず、現在の市場価格を確認してみたいという方でも活用出来るので、定期的にチェックしてみるのも良いでしょう。

不動産一括査定のオススメランキング

不動産一括査定のオススメランキング

筆者が考える不動産一括査定のオススメランキングをお伝えします。

不動産一括査定も様々ありますが、やはり家やマンション、土地は高額になりますので、より得意としている会社を見つけたいですよね。

サイトを選ぶ基準としては下記3つ。

不動産一括査定を選ぶときの3つの基準

  • 大手不動産会社に最低でも1社は査定が行えること
  • 中堅や地域密着の不動産会社にも査定が行えること
  • 不動産一括査定の運営会社がしっかりしていること
ポイントは、大手から地域密着の不動産会社まで幅広く依頼をすること。

大手は取引実績が豊富な分、やっぱり売却力があります。

ただし、お客さんをたくさん抱えているため、仕事のやり方がマニュアル通りといった感じ。

逆に中堅や中小・地域密着の不動産会社は社長自らが対応してくれたりします。

不動産一括査定を1つだけ使っても、大手不動産会社が見つからなかったり、逆に大手のみしか依頼できない場合が多々あります。

筆者としては、不動産は高額商品になるので、時間が掛かっても複数の不動産一括査定を使って、大手、中堅、地域密着の不動産会社それぞれに依頼することをオススメしています。

当サイトがオススメする不動産一括査定サイトの賢い選び方

3つのチェックで分かる!不動産査定サービス診断

都市部や県庁所在地など人口が多いエリアの物件にオススメ

  1. 超大手不動産会社が探せる「すまいValue
  2. 大手・中堅や地域密着が探せる「HOME4U
  3. 知名度No.1ポータルサイトの実績を活かした「SUUMO
  4. 両手仲介なしの売り手専門「SRE不動産(※旧ソニー不動産)

都市部での一括査定サイトの活用法についてはこちらの記事で詳しく解説しております。

田舎や地方の人口の少ないエリアの物件にオススメ

  1. 大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「イエウール
  2. 地域密着の不動産会社を多く探せる「ホームズ
  3. 大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「HOME4U

地方での一括査定サイトの活用法についてはこちらの記事で詳しく解説しております。

収益・投資用物件にオススメ

  1. 投資物件に特化した一括査定サイト「リガイド
  2. マンションに強く賃料査定も可能な「マンションナビ
  3. 超大手不動産会社が探せる「すまいValue
  4. 大手・中堅・地域密着の不動産会社が探せる「HOME4U

投資物件の売却に特化した「リガイド(RE-Guide)」をベースに、物件特性に合わせて他の一括査定サイトの併用がオススメです。

それでは、各一括査定サイトの特徴をカンタンに紹介していきます。

安心感抜群!大手6社に唯一依頼ができる「すまいValue」
すまいValue
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション/一戸建て/土地/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟
サービス開始年月2016年10月
実績年間成約件数 11万件
提携会社数6社
同時依頼数6社
机上査定対応
備考欄・要望可能
小田急不動産、住友不動産販売、野村の仲介、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、三井のリハウスの超大手不動産会社6社が全て参加している唯一の不動産一括査定サイトです。

これら6社で日本の仲介取引の1/3以上を占めるほど大きい会社ですので、対応地域の人は間違いなく依頼しておくべき一括査定サイトです。

他の一括査定サイトは、すまいValueが依頼できる国内TOP3(三井不動産リアルティネットワーク、住友不動産、東急リバブル)の不動産会社には依頼ができませんので、これらの不動産会社に査定依頼したい方はすまいValueの利用をオススメします。

「すまいValue」を使う際には注意が必要
すまいValueが依頼できる超大手は売主、買主両方を相手する両手仲介の可能性が高くなります。
その対策として、筆者としては、「すまいValue」を使う際は、売主専門で大手の「SRE不動産(旧ソニー不動産)」も併せて申し込んでおくことをオススメします。
SRE不動産(旧ソニー不動産

SRE不動産は、エージェント制を採用している、国内では数少ない不動産会社で、以前がソニー不動産という名称でした。

エージェント制とは、分かりやすく言うと、売主の立場で徹底的にサポートしてくれるということです。

他の不動産会社と違いSRE不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

SRE不動産の対象エリアである、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都、奈良在住の方は申し込んでおくことをオススメします。

安心のNTTグループが運営!「HOME4U」
HOME4U
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション一室/一戸建て/土地/ビル一室/店舗・事務所・倉庫/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/その他
サービス開始年月2001年11月
実績売却査定数累計40万件
提携会社数約1,500社
同時依頼数6社
机上査定対応
備考欄・要望可能

HOME4Uは、NTTグループが2001年から運営している日本初の一括査定サイトです。

長い歴史と実績から培ったノウハウを活かし、不動産会社を優良会社に厳選しているのが特徴です。

HOME4Uでは、個人向けのマンションや戸建て、土地だけではなく、アパート一棟や店舗・事務所・倉庫などの収益物件も査定できますので、不動産売却を検討しているなら、HOME4Uを利用しておけば間違いないでしょう。

また、PCやスマホ入力が面倒な方は電話代行もあり大変便利です。

※TEL:0800-080-4326 受付時間:平日10時30分~18時

知名度No.1ポータルサイトの実績を活かした「SUUMO」
スーモ(SUUMO)の一括査定とは?有名不動産ポータルサイトを使った売却方法を解説
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション/一戸建て/土地
サービス開始年月2009年8月(前身は『住宅情報ナビ』で1976年から運営)
実績月間訪問者数 約2188万人
提携会社数2,000社以上
同時依頼数10社以上
机上査定対応
備考欄・要望可能
スーモは、不動産ポータルサイトとしては言わずと知れたメジャーなサイトであり、アットホーム、ホームズ含めて3大ポータルサイトと呼ばれることが多いです。

スーモは、買主や借主向けに物件広告をインターネット上に展開しており、住宅の売買や賃貸をする際に多くの方がスーモを利用します。

基本的には買主または借主向けのサイトですが、売主向けに不動産一括査定サービスも行っており、査定依頼できる不動産は、「マンション」「一戸建て」「土地」の3つです。

事務所や店舗、工場、倉庫、アパート、1棟賃貸マンション等の物件を査定依頼は出来ず、個人がマイホームやマンションを売却する際に利用できる不動産一括査定サービスになります。

利用者No.1!大手・中堅から地域密着まで探せられる「イエウール」
イエウール
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション/一戸建て/土地/ビル一室/店舗・事務所・倉庫/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/区分マンション(収益)/区分ビル(ビル一室)/農地
サービス開始年月2014年1月
実績累計利用者数 1,000万人以上
提携会社数1,600社以上
同時依頼数6社
机上査定対応
備考欄・要望可能
イエウールは、提携会社が 1,600社以上の一括査定サイトです。

イエウールの運営会社は株式会社Speeeで、JASDAQスタンダード市場への新規上場を承認され、2020年7月10日(金)に上場しています。

査定の情報入力画面がLINE風になっており、質問に沿って入力やタップ・クリックしていくだけなので、誰でも簡単に入力できます。

地方の不動産会社を含め、提携会社数が多く、会社がヒットしなかった場合のサポートまで整備されているため、田舎の物件を売りたい方は是非使いたい一括査定サイトです。

地域密着の不動産会社も多数参加!「ホームズ」
ホームズ
対応エリア全国
対応対応物件種別 マンション/一戸建て/土地/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/倉庫・工場
サービス開始年月2008年12月
実績サービス利用者数 736万人
提携会社数2,766社
同時依頼数6社
机上査定対応
備考欄・要望可能
ホームズは、賃貸で有名で知名度抜群のサービスですが、一括査定サイトも展開しています。

不動産会社も多数参加しており、地域密着の不動産会社や投資物件に強い不動産会社を探せるのが大きな強みで、匿名査定にも対応しています。

ホームズを運営しているのは東証1部上場の株式会社LIFULLで、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」、国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しており、個人情報の取扱いも徹底されています。

厳重な情報セキュリティを確保しているため、その点でも安心して利用できます。

旧SBIグループが運営!「リガイド」
リガイド
対応エリア全国
対応対応物件種別 マンション/一戸建て/土地/ビル/事務所/マンション一棟/アパート一棟/事務所・ビル一棟
サービス開始年月2006年7月
実績データなし
提携会社数800社以上
同時依頼数10社
机上査定対応
備考欄・要望可能
リガイドは、もともと一括査定サイトではなく不動産会社が運営する査定サイトであり、現在は株式会社ウェイブダッシュにより運営されています。

そのような背景もあり、投資物件に強い不動産会社が多数参加しているのが特徴、サイト内にプロが好む収益物件の紹介サイトもあります。

「マンション一棟」や「事務所・店舗ビル一棟」、「事務所・店舗ビル一室」等の個人投資家が保有するような不動産も査定することができます。

収益性の高い不動産を所有している方やマンション一棟を所有している方に特にオススメの一括査定サイトです。

マンションに強く賃料査定も可能な「マンションナビ」
マンションナビ
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション
サービス開始年月2011年8月
実績年間2万人プロ査定利用
提携会社数2,500店舗
同時依頼数9社(売買6社+賃貸3社)
机上査定対応
備考欄・要望可能
マンションリサーチ株式会社という会社が運営しており、2011年よりサービスが開始されています。

対応しているエリアは全国で、提携している不動産会社の店舗数は2,500店舗と公表されています。

マンションナビの最大の特徴としては、マンション査定に特化している点です。

一括査定サービスは「プロ査定」という名称でサービス提供がされていますが、それとは別にマンションナビでは「AI査定」というサービスも提供しています。

「AI査定」はマンション名を指定するだけで該当するマンションの価格と賃料の相場が無料で表示される優れモノです。

相場だけでなく、販売履歴や周辺物件と比較した物件の特徴、売り出し時期や販売価格を決める参考資料、建物価格の情報等も調べることができます。

「AI査定」の結果画面からは一括査定サービスに直接申し込むことができ、その際は、住所やマンション名等の情報が引き継がれるため、入力の手間も省けて便利です。

マンションの売却を検討している方なら気軽に「AI査定」だけでも使ってみて損はないサービスです。

分類別にオススメのサイトは「不動産一括査定サイトのオススメランキング!分類別に徹底解説」で詳しく解説しています。

まとめ

三井のリハウスについて解説してきました。

三井のリハウスの強みは、業界No.1の知名度と実績による信頼です。

ブランド力によって買主の信頼を得やすく、売却しやすくなります。

一方で、弱みとしては、売主に対するサポートメニューが少ないという点です。

三井のリハウスは、三井のリハウスの営業エリア内の人で、かつ、戸建てまたはマンションの売主であればオススメです。

また、不動産一括査定サイトのすまいValueに参画していますので、大手不動産会社にまとめて査定依頼したい方は利用してみてください。

三井のリハウスの営業エリア外の人や、底地等の特殊な物件を売却する人はオススメとはいえません。

近くに三井のリハウスの店舗がある人であれば、売却を依頼してみるのが良いでしょう。