大和ハウスLiveness(リブネス)で不動産売却!特徴や評判・口コミを徹底調査

更新日:2021/5/29

有名で評判の高い不動産会社の一つに「大和ハウスグループ」があります。

大和ハウスグループを利用して不動産売却をする場合、大和ハウスグループ7社が生み出した新事業「Liveness(リブネス)」を利用することになります。

不動産売却をLiveness(リブネス)に依頼してみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、Liveness(リブネス)の特徴、強み・弱み、口コミ・評判などを徹底調査し解説していきます。

また不動産売却を成功させるコツも同時に解説していきます。

調査して分かったLiveness(リブネス)の特徴は下記の通りです。

Liveness(リブネス)の特徴

  • 仲介と買取の2つの売却方法から最適なプランを提案してもらえる
  • 2年間の瑕疵保証・設備保証が付いてくる
  • 仲介に特化しているわけではない

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

◎一社だけに査定依頼したら大失敗?不動産売却で失敗したくない人必見!

不動産売却で失敗しないためには、無料不動産一括査定に申し込むのが鉄則です。

不動産売却を検討していて、一社のみに売却査定依頼をしようとしているそこのあなた。

そのままでは非常に危険です!

なぜなら不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってくるからです。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば無料で複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

大和ハウスLiveness(リブネス)とは

Liveness(リブネス)とは、大和ハウスグループ7社(大和ハウス工業、日本住宅流通、大和ハウスリフォーム、大和ライフネクスト、大和リビングマネジメント、コスモスイニシア、デザインアーク)がそれぞれの得意分野を結集し、

「その家に新しい暮らしがある限り、中古住宅はいつでも現役住宅になれる。」という思いで作られた新事業です。

具体的には中古住宅の購入→リノベーション→管理→売却というサイクルのすべてに対して事業を行っています。

したがって、売却のサポート事業もやっているというわけです。

他の不動産会社との比較

この章では、大手不動産会社の仲介取扱高ランキングを見ながら、大和ハウスグループと他の不動産会社との比較をしていきます。

順位企業名取扱高(百万円)仲介件数(件)店舗数
1三井不動産リアルティグループ1,783,23242,818282
2東急リバブル1,315,94226,437190
3住友不動産販売1,287,50837,715276
4野村不動産グループ872,3379,51592
5センチュリー21636,39625,902989
6三井住友トラスト不動産472,4267,68472
7三菱地所リアルエステートサービス450,0481,0958
8みずほ不動産販売407,8044,04352
9三菱UFJ不動産販売405,9695,12744
10積水ハウスグループ243,2318,241114
11オープンハウス236,4225,69544
12大和ハウスグループ185,9024,30963
13東宝ハウスグループ177,7125,14818
14大京穴吹不動産167,6106,30475
15大成有楽不動産販売グループ164,2283,89340
16住友林業ホームサービス156,3964,26547
17東京建物不動産販売144,5901,08611
18イエステーション123,6807,827145
19スターツグループ115,6552,263105
20長谷工リアルエステート108,3011,99938

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「流通大手各社の取扱高等の推移」

大和ハウスグループは仲介取引高ランキングに12位でランクインしており、知名度に負けないさすがの実績だと言えます。

「12位って意外と低いな」と思った方もいるかもしれませんが、今回は仲介取引高で比べているので多少仕方ない部分があると思います。

1位の三井不動産リアルティグループや2位の東急リバブルは仲介事業をメイン事業としている会社です。

それに対し大和ハウスグループは仲介事業は複数ある事業の一つにすぎず、戸建て住宅の設計や賃貸住宅の事業がメインとなっております。

ですので大和ハウスグループが仲介取引高ランキング上位の会社に必ずしも劣っているとは言えないことに注意してください。

次章以降で、そんなLiveness(リブネス)の強み・メリットや弱み・デメリットについて解説していきます。

大和ハウスLiveness(リブネス)の強み・メリット

Liveness(リブネス)の強み・メリットは以下の2点です。

Liveness(リブネス)の強み・メリット

  • 仲介と買取の2つの売却方法から最適なプランを提案してもらえる
  • 2年間の瑕疵保証・設備保証が付いてくる

仲介と買取の2つの売却方法から最適なプランを提案

Liveness(リブネス)は大和ハウスグループ7社の強みを結集して作られたサービスなので、様々な角度から売主に最適なプランを提案してくれます。

その中でもまずは大きく分けて2つの選択肢があります。それが「仲介による売却」と「大和ハウスグループ買取による早期売却」です。

画像出典:Liveness(リブネス)公式HP

まず仲介による売却では大和ハウスグループが売主の物件の売却活動を代行してくれます。

仲介では販売活動の期間があるので売却までに時間がかかります。その代わり大和ハウスグループによる買取に比べると高く売ることができます。

一方で大和ハウスグループによる買取では販売活動の期間が無いため早く売却することができます。その代わりに仲介による売却に比べると低い金額での売却となります。

よって時間がかかっても高く売りたい人は仲介による売却を、できる限り早く売却したい人は買取を選択するのがオススメです。

他にもLiveness(リブネス)を運営する7社はリフォームの会社もあるため、必要な場合はリフォームを含めたプランも提案してもらえるなど、

運営会社7社それぞれの強みを活かし様々なプランを提案をしてもらえるのが一つ目の強みです。

売却後の不安を排除! 2年間の瑕疵保証・設備保証が付いてくる

一般的に戸建て住宅やマンションの売買では売主は一定期間瑕疵担保責任を負うことになります。

「瑕疵(かし)」とは、キズ、欠陥、不具合のことです。

不動産売却後に施工不良やシロアリに雨漏りなど隠れた瑕疵が見つかることがあります。そして瑕疵が見つかった場合の修繕費用は売主が負担しなくてはいけません。

よって物件売却後も瑕疵が発見されて修繕費用を請求されるのではないかとビクビクしなくてはいけません。

しかし、Liveness(リブネス)では2年間の瑕疵保証が付いており、売却から2年間の間、万が一瑕疵が見つかっても修繕費用を負担してくれます。これは非常に嬉しいですね。

また設備保証もついています。設備保証ではキッチン・浴室・洗面所・トイレなどの住宅設備の自然故障を2年間保証してもらえます。

以上2つの保証サービスによって売却後の最も大きな不安が解消されます。

◎一社だけに査定依頼したら大失敗?不動産売却で失敗したくない人必見!

不動産売却で失敗しないためには、無料不動産一括査定に申し込むのが鉄則です。

不動産売却を検討していて、一社のみに売却査定依頼をしようとしているそこのあなた。

そのままでは非常に危険です!

なぜなら不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってくるからです。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば無料で複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

大和ハウスLiveness(リブネス)の弱み・デメリット

Liveness(リブネス)の弱みとしては、大和ハウスグループが仲介に特化しているわけではないということです。

上の他の不動産会社との比較の章でも解説しましたが、大和ハウスグループは仲介に特化している会社ではありません。

仲介取引高ランキングでも12位に位置しており、もっと仲介に強みを持つ不動産会社は多数あります。

ですので売却方法を仲介だと強く決めている人にとっては、仲介取引高ランキング上位の三井不動産リアルティグループや東急リバブルなどを利用する方がいいかもしれません。

Livenessの強みは最適なプランを様々に提案してくれることなので、売却方法などはまだ強く決めていない人にオススメです。

大和ハウスLiveness(リブネス)の口コミ・評判

Liveness(リブネス)はまだ比較的新しいサービスということもあり、Liveness(リブネス)に関する信頼できる口コミ・評判は見つかりませんでした。

しかしLiveness(リブネス)を運営する主要会社である日本住宅流通株式会社(仲介会社)の口コミ・評判は豊富にありますのでご紹介いたします。

住み替え先のいろんな物件の内覧も連れて行ったくれたり本当にレスポンス早く対応してくれる方でした。どんな時間でも対応してくれたり休みの日まで案内してくれたりお世話になった。

(30代男性 分譲マンションを2180万円で売却)

ご担当者様には細かい対応して迅速に頂き、土地分筆等の法的作業も有りましたが丁寧に作業内容やお見積もりを説明を頂き連絡等も丁寧にして頂き大変お世話に成りました。

(60代男性 土地を4900万円で売却)

当初、別の会社と契約していましたが、その会社の担当者が非常に不誠実であった為、契約を取り消したいと悩んでいました。その際、以前見積でお会いした今回の担当者の方に相談したところ色々とアドバイスを頂き問題なく契約解除することが出来ました。

(40代男性 分譲マンションを950万円で売却)

会社がきちんとしており。最後まであきらめず、大切にしていたものを売る!?と云う意識でしっかりやってくれました。つぎも売り物あればお願いしたいくらい。

(50代男性 土地を650万円で売却)

非常に親身に対応してくれた。雨漏りを買主に指摘され、修理業者選びに四苦八苦していたが、担当者は過去の実績・信頼のおける会社を紹介してくれた。値段も良心的でとても感謝しています。

(30代男性 一戸建てを1550万円で売却)

住み替え先のいろんな物件の内覧も連れて行ったくれたり本当にレスポンス早く対応してくれる方でした。どんな時間でも対応してくれたり休みの日まで案内してくれたりお世話になった。

(30代男性 分譲マンションを2180万円で売却)

ご担当者様には細かい対応して迅速に頂き、土地分筆等の法的作業も有りましたが丁寧に作業内容やお見積もりを説明を頂き連絡等も丁寧にして頂き大変お世話に成りました。

(60代男性 土地を4900万円で売却)

出典:日本住宅流通株式会社

大和ハウスLiveness(リブネス)がオススメの人

Liveness(リブネス)がオススメの人は以下のような方です。

Liveness(リブネス)がオススメの人

  • とにかく早く売りたい人
  • どのように売却しようかまだ悩んでいる人

Liveness(リブネス)の特徴として買取も行っている点があります。

買取は仲介に比べ売却金額が低くなってしまいますが、買主を探す時間が削減されるので非常に早く売ることができます。

ですので今すぐに資金が必要な人など、とにかく早く売りたい人は買取による売却を利選択するといいでしょう。

またLiveness(リブネス)が、大和ハウスグループ7社の強みを結集してできたサービスであり、様々に最適なプランを提案してくれることも大きな強みです。

まだどのように売却しようか悩んでいる人はLiveness(リブネス)に複数のプランを提案してもらうのがいいかもしれません。

大和ハウスLiveness(リブネス)をオススメできない人

大和ハウスLiveness(リブネス)をオススメできない人は以下のような方です。

大和ハウスLiveness(リブネス)をオススメできない人

  • 仲介による売却を考えている人

大和ハウスグループが仲介に強い会社ではないこともあり、仲介による売却を考えている人には三井不動産リアルティグループや東急リバブルのように仲介に特化した会社を選ぶことをオススメします。

決してLiveness(リブネス)が仲介に弱いというわけではないのですが、仲介取引高ランキングで12位ということからも分かるように他にもっと仲介に強い会社はたくさんあるという感じです。

◎一社だけに査定依頼したら大失敗?不動産売却で失敗したくない人必見!

不動産売却で失敗しないためには、無料不動産一括査定に申し込むのが鉄則です。

不動産売却を検討していて、一社のみに売却査定依頼をしようとしているそこのあなた。

そのままでは非常に危険です!

なぜなら不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってくるからです。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば無料で複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

まとめ

以上、大和ハウスLiveness(リブネス)について解説してきました。

大和ハウスLiveness(リブネス)は、大和ハウスグループ7社が強みを結集して作った新事業です。

様々に最適なプランを提案してくれることや瑕疵保証・設備保証がついていることが強みです。

一方で仲介による売却を検討している方には他の仲介により特化した会社に依頼することをオススメします。

不動産売却時には不動産無料一括査定を利用するのが鉄則です。

複数社から査定を集めて比較検討することをオススメします。