【徹底調査!】都市部での不動産売却でオススメの一括査定サイトTOP3

更新日:2021/3/31

【徹底調査!】都市部の不動産売却でオススメの一括査定サイトをTOP3を厳選

関東や近畿エリアや、政令指定都市など、人口の多い都市部での不動産売却を検討中の方は、「不動産一括査定サイト」の活用を考えている方も多いのではないでしょうか?

不動産一括査定サイトを利用するケースは近年、かなり一般化してきました。ただ、一括査定サイトは沢山あり、「一体どのサイトを使えば良いんだろう?」とお困りの方も多いと思います。

そこで、この記事では、都市部で不動産売却を検討中の方に向けて、当サイトがオススメする不動産一括査定サイトをご紹介します!

・どの不動産一括査定サイトを使えば良いの?
・どんな基準で選ぶべきなの?

上記のような疑問や不安を持っている方は、本記事で疑問が解消されるでしょう。

結論だけ、先にお伝えすると、当サイトとしては、都市部の不動産売却検討者には下記のサイトをオススメします。

都市部の不動産売却にオススメの一括査定サイト

  1. すまいvalue:安心感抜群!大手6社に唯一依頼が可能
  2. HOME4U:安心のNTTグループが運営。一括査定サイトのパイオニア
  3. SUUMO:知名度No.1ポータルサイトの実績が活かされたサービス

ぜひ最後までご覧ください。

都市部の不動産売却で一括査定サイトを選ぶ際のポイント

各サイトの詳細を紹介する前に、まずは、選定の際にポイントにした点について解説していきます。

大手不動産会社とマッチングできるかどうか

都市部での不動産売却では、大手不動産会社をしっかりと比較検討候補に入れることが大切です。

人口の少ない田舎の場合は、大手不動産会社も対象エリア外となっていることが多いですが、一定以上の都市部であれば、大手不動産会社は喜んで査定対応してくれるでしょう。

都市部の物件であれば、転勤による引越しなど、購入検討者は日本全国にいると考えてよいでしょう。そうなると、全国にネットワーク・知名度があり、広告宣伝費を沢山かけて売却活動を進めてくれる大手不動産会社の強みが活きてきます。

そんな大手不動産会社に一括査定を依頼するには、大手不動産会社との提携が出来ているサイトを選ぶことが大切です。

中堅・地元の不動産会社も比較検討することも大切

都心部の売却では、大手が強いとお伝えしましたが、注意が必要なポイントとしては、大手だけに偏ってはいけないということです。

大手はマストで抑えつつ、中小の不動産会社も比較検討候補に入れておきましょう。

大手のように広告費をかけた売却活動が難しいかもしれませんが、地域に根差した中小の不動産会社であれば、そのエリアで家を探している見込み客を抱えていることも多いでしょう。

あなたの物件のエリアでしっかりとした実績のある中小の不動産会社は、強い味方になってくれるかもしれません。

都市部での不動産売却でオススメのサイトTOP3

それでは、前述した選定ポイントを考慮しながら、サイトの信頼性などを総合的に判断し、当サイトが選んだオススメの3つのサイトについて詳細を見ていきます。

1位:都市部の売却なら、マストで利用したい「すまいValue」

すまいValue
対応エリア全国
対応対応物件種別マンション/一戸建て/土地/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟
サービス開始年月2016年10月
実績年間成約件数 11万件
提携会社数6社
同時依頼数6社
机上査定対応
備考欄・要望可能

小田急不動産、住友不動産販売、野村の仲介、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、三井のリハウスの超大手不動産会社6社が全て参加している不動産一括査定サイトです。

これら6社で日本の仲介取引の1/3以上を占めるほど大きい会社ですので、対応地域の人は間違いなく依頼しておくべき一括査定サイトです。

国内TOP3(三井不動産リアルティネットワーク、住友不動産、東急リバブル)の不動産会社3社と提携している唯一の一括査定サイトとして、他サイトと差別化がなされています。

逆に中小の不動産会社には査定が出来ないので、超大手を「すまいValue」で抑えつつ、中堅・中小の不動産会社には、他の一括査定サイトを使って査定依頼するのがオススメです。

「すまいValue」を使う際には注意が必要
すまいValueが依頼できる超大手は売主、買主両方を相手する両手仲介の可能性が高くなります。
その対策として、「すまいValue」を使う際は、売主専門で大手の「SRE不動産(旧ソニー不動産)」も併せて申し込んでおくことをオススメします。

SRE不動産(旧ソニー不動産

SRE不動産は、エージェント制を採用している、国内では数少ない不動産会社で、以前がソニー不動産という名称でした。

エージェント制とは、分かりやすく言うと、売主の立場で徹底的にサポートしてくれるということです。

他の不動産会社と違いSRE不動産は買主を担当しないので、「無理にでも売却金額を下げて」不動産取引を成立させるということはまずありません。

SRE不動産の対象エリアである、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都、奈良在住の方は「すまいValue」と併せて申し込んでおくことをオススメします。

2位:安心のNTTグループが運営!「HOME4U」

2位:安心のNTTグループが運営!「HOME4U」

対応エリア全国
対応対応物件種別マンション一室/一戸建て/土地/ビル一室/店舗・事務所・倉庫/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/その他
サービス開始年月2001年11月
実績売却査定数累計40万件
提携会社数約1,500社
同時依頼数6社
机上査定対応
備考欄・要望可能

「HOME4U」は、NTTグループが2001年から運営している日本初の一括査定サイトです。

長い歴史と実績から培ったノウハウを活かし、不動産会社を優良会社に厳選しているのが特徴です。

提携会社は約1,500社と、際立って多いわけではありませんが、大手から中小まで満遍なく提携しています。

中小の会社の場合、「本当に信頼できる会社かどうか気になってしまう」という方も多いと思いますが、無暗に提携会社を増やさずに厳しく審査しながら提携会社を選んでくれていると、安心して利用できます。

安心感を求めたいという方は、「すまいvalue」とセットで活用する一括査定サイトとして、最もオススメできるのが「HOME4U」です。

「HOME4U」は入力が面倒な方向けの電話での入力代行サービスもあり、大変便利です。

※TEL:0800-080-4326 受付時間:平日10時30分~18時

3位:知名度No.1ポータルサイトの実績を活かした「SUUMO」

知名度No.1ポータルサイトの実績を活かした「SUUMO」

対応エリア全国
対応対応物件種別マンション/一戸建て/土地
サービス開始年月2009年8月
実績月間訪問者数 約2188万人
提携会社数2,000社以上
同時依頼数10社以上
机上査定対応
備考欄・要望可能

不動産ポータルサイトとして圧倒的な知名度を誇る「スーモ(SUUMO)」は、一括査定サービスも展開しています。

地方の場合、不動産会社がヒットしないケースが多いようですが、都市部での不動産売却では力を発揮してくれます。

提携会社数は2,000社以上と多く、大手から中小までバランスよく提携しています。

特徴的なのが、該当エリアでの「売却実績」「見込み客の数」を確認しながら、査定依頼する会社を選ぶことが出来るという点です。

「スーモ」のメイン事業の買主向けのサービスで蓄積される不動産会社のデータベースが活かされた機能と言えるでしょう。

名前の知らないような会社を選ぶ際は、判断基準に迷ってしまうものですが「売却実績」や「見込み客の数」を確認出来るのはとてもありがたい機能です。

1点ネックとしては、コールセンターが整備されておらず、問い合わせフォームでの対応となる為、安心感という面では、「HOME4U」に劣るでしょう。

「すまいValue」+「SRE不動産」+αがオススメ

都市部でオススメの3サイトを紹介してきましたが、改めてオススメの活用方法を整理します。

都市部でオススメの一括査定サイト

超大手に唯一依頼可能な「すまいvalue」はマストで活用しつつ、その弱点補強の「SRE不動産」も併せて査定を申し込みは抑えておきましょう。

その他、中堅・中小の不動産会社への一括査定方法としては、「HOME4U」と「SUUMO」がオススメです。

ポイントとしては、サポート面や実績・安心感を求める方であれば「HOME4U」。不動産会社の実績を見て自分でじっくり判断したいという方であれば「SUUMO」がオススメです。

まずは複数社に机上査定を頼むことから

オススメのサイトについて紹介してきましたが、最後に効率的な一括査定サイトの使い方について紹介したいと思います。

ポイントとなるのは、机上査定と訪問査定を使い分けるという点です。

実際に物件を不動産会社の担当者に見てもらって査定する方法を「訪問査定」と呼びます。一方、「机上査定」は査定依頼時に入力した情報を元に査定を行う方法です。

実際に見ないとわからない点が反映されていないため、机上査定はあくまで目安レベルの査定となりますが、上手く活用することで、効率的に不動産売却を進めていくことが可能です。

全体の流れとしては、下記の通りです。

不動産一括査定サイトの賢い使い方

  1. 複数の査定サイトで5社以上を目安に机上査定依頼
  2. 机上査定の結果を比較検討し2~3社に厳選
  3. 厳選した会社に対して訪問査定を依頼
  4. 訪問査定の結果を比較検討し最終的に依頼する不動産会社を決める
  5. 契約を決めた不動産会社と一緒に売却活動を開始

イメージとしては、手間のかからない机上査定を使って沢山の会社に査定をしてもらい、その結果をもとに不動産会社を絞り込んでいくイメージです。

机上査定で絞り込んだ数社に関しては、実際に家を見てもらう訪問査定のステップに進み、最終的にお願いする会社を厳選していきます。

訪問査定はスケジュールを合わせたり、部屋を掃除したりと手間も時間も必要になるので、この方法を使って効率的に不動産会社を選んでいくことをオススメします。

不動産会社を厳選するポイントに関しては、下記の記事で解説しておりますので、気になる方はご確認ください。
詳しく見る

「不動産売却業者の選び方」について調べている人は、以下のような不安や疑問を解決するために情報収集しています。あなたも同じような疑問や不安をもっていませんか?・不動産会社の選び方の重要性を改めて知っておきたい・不動産売却会社の[…]

複数社比較が鉄則!不動産売却の業者選びのポイントを徹底解説

まとめ

いかがだったでしょうか?

不動産一括査定サイトは新しいサイトが次々とリリースされており、既存サービスもどんどんアップデートされていっています。

本記事でご紹介した一括査定サイトは、筆者が自信をもってオススメするサイトですので、利用してみて間違いないと思います。

是非、一括査定サイトを上手く活用して、効率的に不動産売却を成功させましょう。