不動産査定は匿名でできる?おすすめの匿名査定サービスと注意点を紹介

更新日:2021/3/13

不動産査定は匿名でできる!オススメ匿名査定サービスと注意点を紹介

今から不動産を売りたいと思っている人は以下のような考えを持ったことはありませんか?

・不動産査定をしたい
・だけど営業を受けるのが嫌なので匿名でしたい
・匿名で不動産査定は可能なの?

この記事では、匿名で不動産査定をする方法について紹介します。

記事を読み終わった後には匿名での不動産査定について必要な知識を十分得ていることでしょう。

実は結構珍しい匿名査定とは?

買主に負けないために

この章では「そもそも匿名査定とはなにか」「他の査定方法とは何が違うのか」について解説していきます。

まずここでいう査定とは不動産一括査定のことを指すことを知ってください。

不動産一括査定とは無料で複数の不動産会社から査定を集めることができるサービスのことです。

不動産売却時には不動産会社によって得意とする物件や売却額が異なるため、不動産一括査定を依頼し複数社の査定を比較することが鉄則です。

そして匿名査定とはずばり個人情報の入力がメールアドレスだけで済む一括査定のことです。

不動産一括査定は通常、匿名ですることはできず、匿名査定が可能なのはかなり珍しいです。

なぜなら不動産会社は無料で査定をしているので、最終的には自分たちを選んでもらわなければ利益が発生しないからです。

そこで査定依頼した売主の電話番号や住所を入手し、営業してくるのが主流です。

なので不動産会社としては売主の個人情報、特に電話番号を入手したいため、匿名査定は非常に珍しいのです。

匿名査定の強み・メリット

匿名査定の強み・メリットは以下の2点です。

匿名査定の強み・メリット

  • 営業電話がかかってこない
  • 気軽に自分の所有する不動産の売却額を知ることができる

まず一つ目のメリットとして営業電話がかかってこないという点があります。

通常の不動産一括査定では申し込み時に電話番号の入力が必須なので、査定後に不動産会社からしつこい営業電話がかかってくる可能性があります。

これは不動産査定時に最も多い悩みとなっています。匿名査定は電話番号が必要なくメールアドレスのみでいいので営業電話の心配がありません

二つ目の強みは気軽に自分の所有する不動産の売却額を知ることができる点です。

不動産を所有する人であれば、誰しもが売ったらいくらになるのか気になるでしょう。

しかし売却する気があまりないと、個人情報や詳細な不動産情報を入力して査定依頼に出すのは気が引けますよね。

匿名査定であればメールアドレスと簡単な不動産情報の入力のみで簡単に売却額を知ることができます。

不動産を所有している方はとりあえず自分の不動産の価値を把握しておくのは大事なのではないでしょうか。

匿名査定の弱み・デメリット

匿名査定の弱み・デメリットは以下の点です。

匿名査定の弱み・デメリット

  • 査定の精度が低い

匿名査定のデメリットとしては手軽に申し込める代わりに査定の判断基準となる情報も少ないので、査定の精度は少し落ちる点があります。

匿名査定で入力する項目は物件の種類、所在地、専有面積、築年数程度です。

実際の物件が汚れているのか、壊れている点はあるのか、逆にリフォームをして良い状態になっているのかなどは分かりませんので、

本格的な査定に比べて精度が落ちるのは当たり前と言えるでしょう。目的はおおよその金額を知ることなのでいいのではないかと思います。

もっと正確に金額を知りたい人や不動産売却を前向きに検討している方は、匿名ではない通常の不動産一括査定サービスを利用するのがおすすめです。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

HOME’Sの匿名査定サービスがおすすめ

この章ではおすすめの匿名査定サービスを紹介します。それは「HOME’S」です。

不動産ポータルサイトである「HOME’S」といえば、賃貸アパートや中古住宅や土地の物件情報を手に入れるためのサイトというイメージを持つ人は少なくないでしょう。

実はHOME’Sにて匿名の不動産査定ができるのをご存知でしたか?

HOME’Sは不動産一括査定サイトとしても非常に人気でサービス利用者数は累計736万人を超えています。

人気の秘訣は以下3点です。

HOME’Sが人気の理由

  • 運営会社が東証一部上場企業の株式会社LIFULLで安心
  • 提携会社が3000社を超えている
  • 圧倒的な実績

まずHOME’Sが人気の理由として運営会社が東証一部上場企業の株式会社LIFULLであり、非常に安心感がある点が挙げられます。

個人情報の保護や悪質な不動産会社の排除などが徹底されており、安心して利用できます。

そして2つ目には提携会社が3000社を超えているため、大手・中堅・地方密着型など様々な不動産会社から査定を受けることが可能です。

そしてその結果利用者数が累計736万人突破という実績を残し、この実績もまた人気の秘訣です。

以上のことからHOME’Sは非常にオススメできるサイトですので、ぜひHOME’Sで匿名査定をしてみてください。

HOME’Sにおける匿名査定の歴史と仕組み

HOME’Sにおける匿名査定の仕組み

この章ではHOME’Sの匿名査定が気になっているあなたに、HOME’S匿名査定の歴史や仕組みを解説します。

不動産売却の場合、まだまだ売却を真剣に考えていないユーザーも少なくありません。

まだまだ真剣でもないのに営業を受けるのではないか、という不安に襲われます。

HOME’Sはこのような「不動産売却予備軍」のニーズをくみ取り、匿名OKの査定サービスを開始したのです。

まだ具体的に売却する予定のないユーザーから「お試し査定依頼」を受けるのは不動産会社も避けたいです。

そんな業者を説得して2008年末より、匿名で不動産査定ができるサービス提供が始まりました。

HOME’Sが提供する「不動産売却査定サービス」は、不動産売却を検討している人が、匿名で査定依頼できるサービスです。

返事があった複数の不動産業者の査定額や会社情報を見比べることができ、詳しく相談するかどうか決めることはできます。

「この会社はいいかも」と思った会社にだけ、個人情報を開示する仕組みになっています。

不動産会社側は依頼があった人の個人情報開示許可がでてから、初めて料金請求する料金体系になっているため、提携会社も多いのです。

これまではマンションだけ対応していたこのサービスに、一戸建て・土地の査定項目が新たに追加されました。

売却するのであれば、信頼できる不動産会社を探す

売却するのであれば、信頼できる不動産会社を探す
もしあなたが不動産を売却する気があるのであれば、精度を保つために匿名ではなく不動産会社へ査定依頼した方が確実でしょう。

ただし、ここで注意点があります。

それは自分に合った不動産会社を選ぶ必要があるということです。

不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってきます。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

まとめ

以上、不動産査定を匿名でする方法について紹介させて頂きました。

不動産査定は不動産売却をするなら避けては通れないことです。

匿名での不動産査定は可能ですが、精度の高い査定を望むであれば通常の一括査定サイトに頼む必要があることを理解していただけたと思います。

今後不動産売却をする際は、今回ご紹介した情報をぜひご参考ください。