タウンライフ不動産売買の一括査定は信頼できる?特徴や口コミ・評判を徹底解説!

更新日:2021/6/15

タウンライフ不動産売買の一括査定は信頼できる?特徴や口コミ・評判を徹底解説!

タウンライフ株式会社が運営している「タウンライフ不動産売買」。

大手の一括査定サイトと比べると知名度はそれほど高くないため、信頼がおけるサービスなのか不安な方も多いかもしれません。

そこで今回の記事では、「タウンライフ不動産売買」のサービスの特徴や、口コミ・評判などを徹底的に調査して深堀りしていきたいと思います。

調査して分かったタウンライフ不動産売買の特徴は下記の通りです。

タウンライフ不動産売買の特徴まとめ

  • 農地、倉庫、工場など幅広い不動産売却に対応している
  • 電話での申し込み・相談が可能
  • Pマークを取得しており個人情報保護は安心
  • 一括査定の提携会社は300社程度と少ない
  • 対象物件以外はリビンマッチに遷移する

それぞれ詳しく見ていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

本記事執筆にあたっての調査ポリシーについて
当サイトでは「不動産を売りたい人に最適の一括査定サービスとの出会いを提供する」というミッションのもと、筆者が実際にサイトを利用し、中立・公平な立場から各一括査定サイトを調査しています。調査項目の一部は下記の通りです。

  • 対応エリア
  • 対応対応物件種別
  • サービス開始年月
  • 利用者数などの実績
  • 提携会社数
  • 同時依頼数
  • 机上査定の対応有無
  • 運営会社
  • サイトの使いやすさ
  • サポート体制

その他、当サイト運営にかける思いや、執筆ポリシーは「運営者情報」からご確認頂けます。

もっと多くの不動産一括査定サイトを比較してからどのサイトを使うか決めたいという方のために

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

タウンライフ不動産売買とは

タウンライフ不動産売買とは、農地、倉庫、工場など幅広い不動産に対応した不動産一括査定サービスです。

対応エリア全国
対応物件種別マンション/一戸建て/土地/ビル一室/店舗/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/区分マンション(収益)/区分ビル(ビル一室)/農地/工場・倉庫
サービス開始年月2014年
実績記載なし
提携会社数300社以上
同時依頼数記載なし
机上査定対応
備考欄・要望可能
運営会社タウンライフ株式会社

運営会社はタウンライフ株式会社で、2014年にサービスを開始しました。

タウンライフ株式会社は他にも注文住宅、リフォーム、土地活用などの不動産関連の事業を幅広く展開しているようです。

対応しているエリアは全国で、提携している不動産会社の数は300社以上と公表されています。

タウンライフ不動産売買の最大の特徴としては、幅広い不動産に対応している点です。

マンションや戸建てなどの一般的な物件だけでなく、一棟マンション・ビルなどの大型物件や、工場・倉庫・農地などの特殊な不動産の査定についても対応しています。

タウンライフ不動産売買の強み・メリット

ここからは、タウンライフ不動産売買の強み・メリットについて、大きく3つに分けて紹介していこうと思います。

農地、倉庫、工場など幅広い不動産に対応

不動産の一括査定サイトは世の中に数十とあり、非常に種類が多いのですが、多くのサイトは査定対象がマンションや戸建てなど一般的な物件にとどまっています。

その一方で、タウンライフ不動産売買では

  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • 一等アパート・一棟マンション
  • 投資マンション(1R・1K)
  • 一等ビル
  • 区分所有ビル(ビル1室)
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地

非常に幅広い不動産に対応しており、様々な種別の物件の査定が可能です。

特に店舗・工場・倉庫、農地に対応しているのは、査定サイトのなかでも珍しいといえるでしょう。

電話での申し込み・相談が可能

タウンライフ不動産売買は、平日10:00~18:00で電話による問い合わせサービスを展開しています。

このサービスによって、一括査定の申し込みを電話だけで完結することも可能となっています。高齢者などパソコンの操作に不慣れな方には非常にうれしいサービスでしょう。

また、電話窓口は、一括査定の申し込みの代行を受けられるだけではなく、不動産売却に関わる不安や疑問を専門家に相談できるようです。

「この家いくらで売れるの?」「諸経費って何? 税金もかかるの?」「買い替える時って売るのが先? 買うのが先?」「どれくらいの期間で売れるの?」等々、売却に関するお悩みでしたら何でもお気軽にご相談ください。

出典:タウンライフ不動産売買 公式サイト

どのような専門家がいるのかは明記がなく、少し心配ですがこれは一括査定サイトのなかでも珍しい特徴であり、タウンライフ不動産売買の利用者への親身な姿勢がうかがえます。

電話窓口を設けていない一括査定サイトも多いなかで、電話窓口が整備されているのは、何かあった時のトラブル対応も含めて、安心です。

個人情報保護もばっちりで安心

運営会社であるタウンライフ株式会社はPマークを取得しています。

Pマークとは、企業などの事業者が個人情報保護の体制を適切に整備していることを第三者の審査機関が認証する制度のことで、個人情報保護の取り組みを高いレベルで行っていることを示します。

不動産一括査定では、住所など重要な個人情報の入力が必須なので、利用の際にプライバシーの面で安心できるのは非常に大切なことです。

その点、運営会社がPマークを取得しているタウンライフ不動産売買は個人情報保護の観点で非常に信頼できそうです。

タウンライフ不動産売買の弱み・デメリット

ここまで、タウンライフ不動産売買の強み・メリットについて紹介してきましたが、どの不動産一括査定サイトも良い部分だけでなく、悪い部分を理解しておくことが大切です。

ここからは、タウンライフ不動産売買の弱み・デメリットについて、大きく3つに分けて紹介していこうと思います。

登録不動産会社数が圧倒的に少ない

タウンライフ不動産売買に登録している不動産会社の数は、300社以上と公開されています。

これは、他の大手不動産一括査定サイトと比較すると非常に小さい数字です。

登録不動産会社数が少ないと、査定を申し込んでも対応してくれる不動産会社が少なくなってしまうことが多く、「複数の査定結果から比較検討が可能」という一括査定サービスの最大の利点が失われてしまいます。

実際に住所を入力して都心と地方で比較してみると、渋谷区渋谷でヒット数2件であったのに対して、4つの地方(北海道上川郡上川町北町、宮城県刈田郡七ヶ宿町瀬見、茨城県高萩市大字高萩、福岡県築上郡築上町大字築城)ではヒット数は0件でした。

提携会社数が少ないので、地方の物件になると、対応してくれる不動産会社がヒットしないことも多いと思われます。ちなみに、一括査定サイト大手の「HOME4U」でも上記の4つのエリアを検索してみたいところ、2エリアで会社がヒットしました。

ただし、ヒット数0件で対象物件出ない場合でも、「リビンマッチ」という一括査定サイトにリンクが飛び、問い合わせができるようになっていました。

さらにリビンマッチにもヒットしなかった場合は、タウンライフ運営事務局への問い合わせが可能となっており、査定対象でない物件の場合でも手厚い対応をしてもらえるようです。

また、リビンマッチについては下記の記事で紹介しているのでぜひご確認ください。

関連記事

不動産売却を検討している人なら、一度は使うことになる不動産一括査定サイト。様々なサイトがある中で「リビンマッチ」に目を付けた人も少なくないでしょう。※2018年9月にスマイスターからリビンマッチに名称変更しています。[…]

大手不動産会社の登録が非常に少ない

タウンライフ不動産売買は登録会社数だけでなく、登録会社名も公開しています。

登録会社リストを見てみると、登録会社のほとんどを中堅不動産会社が占め、大手不動産会社はセンチュリー21のみとなっていました。

(本記事では不動産会社の仲介取扱高ランキングTOP10に含まれる会社として定義しています、出展:公益財団法人不動産流通推進センター「流通大手各社の取扱高等の推移」

大手不動産会社は物件のカバー率が高く、信頼性もあるため、一括査定サービスを受けるならなるべく外したくないところ。

したがって、大手不動産会社との提携のある他の不動産一括査定サービスとの併用を考えてもよいかもしれません。

すまいValueはTOP1, 2, 3を含めた4社、SUUMOはTOP10のうちの6社と提携しているので特にオススメです。

◎不動産売却で成功したい人必見!

不動産売却で成功するためには、無料不動産一括査定に申し込むのが鉄則です。

不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってきます。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

タウンライフ不動産売買の口コミ・評判まとめ

ここまで、タウンライフ不動産売買の基本情報や特徴を紹介してきました。

ここからは、調査によって分かったタウンライフ不動産売買のリアルな口コミ・評判についてみていきましょう。

必要な情報を入力するだけで、持ち家の査定だけでなく、近隣のおおよその評価額なども知ることができます。メールで書類が送信されてくるので、時間のある時にゆっくり見ることができました。

すぐに担当者から連絡があり、土地の資料を渡すと調査してくれ、金額提示がありました。仲介売却の契約予定です。早い対応と感じもよく満足です。

すぐに見積もりした会社から連絡がありすごくスムーズに査定してもらうことが出来ました。
検討中の方は簡単だし、査定結果をみてすぐに連絡があったので急ぎの方にもオススメです。

出典:タウンライフ不動産売買の口コミ・評判 | 口コミ広場

このように、メールによる査定書の送信サービスや、対応の早さなどに対して、ポジティブな口コミが多くみられた一方で、査定対象物件のカバー度合いについてはネガティブな口コミもあるのが現状のようです。

私の自宅周辺で紹介していただける不動産屋さんは1件だけでした。しかも、返信が無かったので残念に思います。
お住まいの場所によっては数社の案内があると思いますので、合う方にはいいと思います。
出典:タウンライフ不動産売買の口コミ・評判 | 口コミ広場

タウンライフ不動産売買に関する口コミは、概ね肯定的な意見が多かったように思いますが、査定対象に入らなかった人からの否定的な書き込みもみられました。

口コミは書き込んだ人の物件が査定対象だったかどうかによって大きく変化しそうなので、参考にする際は注意すべきかもしれません。

実際に使ってみた流れ

ここからは、タウンライフ不動産売買の一括査定の申し込みの流れについて、実際の画面を見ながら説明していきます。

3ステップで簡単に入力できるので、本章を読みながらご自分で実際のページで入力していただくのもオススメです。

物件種別・都道府県・市区町村・エリアの選択

入力タブから物件種別・都道府県・市区町村・エリアをそれぞれ選択します。

②不動産情報の入力

物件種別・都道府県・市区町村・エリアの選択が完了したら、所有している物件の情報を入力します。

不動産情報の入力項目

  • 建物面積
  • 土地面積
  • 間取り
  • 築年数
  • お客様と査定物件との関係性
  • 査定物件の状況
  • 以降の住所(番地)

③個人情報の入力

不動産情報の入力が完了したら、次に個人情報を入力します。

個人情報の入力項目

  • お名前
  • ご年齢
  • 住所
  • お届け方法(メール、郵送、FAX)
  • Eメールアドレス
  • 電話番号

④売却査定対応会社からまとめて選択

ここまでの入力事項をもとに表示された売却査定対応会社から、査定を頼みたい不動産会社をまとめて選択し、一括査定を依頼します。

以上、タウンライフ不動産の一括査定の申し込み手順でした。

入力フォームは一般的なもので、操作性も良いので簡単な申し込みが可能となっていました。

タウンライフ不動産売買がオススメの人

ここまで、タウンライフ不動産売買の特徴や口コミ、実際の査定の流れについて紹介してきました。

ここからは、これまで本記事で紹介してきた情報を整理して、タウンライフ不動産売買はどんな人にオススメなのかを解説していきます。

タウンライフ不動産売買がオススメの人には、大きく分けて2通りの方が該当します。

タウンライフ不動産売買がオススメの人

  1. 農地、倉庫、工場などの特殊な物件を売却したい人
  2. 高齢者などPCの操作に疎い人

タウンライフ不動産売買は農地、倉庫、工場などの特殊な物件を取り扱う数少ない一括査定サイトです。

大手一括査定サイトでは対応していないような物件に関しても査定対象としてくれるという点において、特殊な物件を売却したい人にはオススメできるでしょう。

同じように特殊な物件に対応している一括査定サイトとしては「イエウール」や「イエイ」もオススメです。

また、タウンライフ不動産売買では、電話での申し込みや相談に対応しており、査定書の送付方法で郵送やFAXも選択可能となっています。

PCなどの操作をしなくても気軽に一括査定の申込みや相談ができるという点で、年配の方など電子機器操作に疎い人にオススメです。

なお、電話申し込みについては、「HOME4U」も対応しているため、オススメです。

タウンライフ不動産売買はこちら
https://www.town-life.jp/fudousan/sell.html

タウンライフ不動産売買をオススメできない人

ここまで、タウンライフ不動産売買がオススメの人について紹介してきました。次にオススメ出来ない人に関しても整理します。

タウンライフ不動産売買をオススメできない人

  • マンションや戸建てなどの一般的な物件での売却検討者

農地、倉庫、工場などの特殊な物件を売却したい人にはオススメと紹介しましたが、一般的なマイホームの売却ではあまりオススメ出来ないという評価になります。

提携会社が少なく、田舎の物件は不動産会社がマッチングしづらい。かつ、都市部が得意な大手不動産会社との提携も不十分というのが、大きな弱点となっています。

◎不動産売却で成功したい人必見!

不動産売却で成功するためには、無料不動産一括査定に申し込むのが鉄則です。

不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってきます。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

まとめ

本記事ではタウンライフ不動産売買について解説してきましたが、最後におさらいとしてタウンライフ不動産売買の情報についてまとめましょう。

タウンライフ不動産売買の特徴まとめ

  • 農地、倉庫、工場など幅広い不動産売却に対応している
  • 電話での申し込み・相談が可能
  • Pマークを取得しており個人情報保護は安心
  • 一括査定の提携会社は300社程度と少ない
  • 対象物件以外はリビンマッチに遷移する