不動産売却査定君は大丈夫?特徴、口コミ・評判、強みや弱みまで徹底解説

更新日:2021/5/28

不動産一括査定サイトの一つに「不動産売却査定君」があります。

不動産売却を検討している方の中には、不動産売却査定君はどのような不動産一括査定サイトなのか気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、不動産売却査定君のサービスの特徴、強み・弱み、口コミ・評判などを徹底的に調査して解説していきます。

調査して分かった不動産売却査定君の特徴は下記の通りです。

不動産売却査定君の特徴

  • 24時間365日電話問い合わせを受け付けている
  • 提携会社数が非公表
  • 査定依頼時に依頼する不動産会社を選択できない

それぞれ詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

本記事執筆にあたっての調査ポリシーについて
当サイトでは「不動産を売りたい人に最適の一括査定サービスとの出会いを提供する」というミッションのもと、筆者が実際にサイトを利用し、中立・公平な立場から各一括査定サイトを調査しています。調査項目の一部は下記の通りです。

  • 対応エリア
  • 対応対応物件種別
  • サービス開始年月
  • 利用者数などの実績
  • 提携会社数
  • 同時依頼数
  • 机上査定の対応有無
  • 運営会社
  • サイトの使いやすさ
  • サポート体制

その他、当サイト運営にかける思いや、執筆ポリシーは「運営者情報」からご確認頂けます。

もっと多くの不動産一括査定サイトを比較してからどのサイトを使うか決めたいという方のために

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

不動産売却査定君とは

不動産売却査定君はシェアリングテクノロジー株式会社が運営する不動産一括査定サイトです。

対応エリア全国
対応対応物件種別分譲マンション/一戸建て/土地/ビル一室/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/店舗・事務所/工場・倉庫
サービス開始年月非公表
実績年間20万件以上
提携会社数非公表
同時依頼数最大6社
机上査定対応
備考欄・要望可能
運営会社シェアリングテクノロジー株式会社

不動産一括査定サイトは未上場のIT企業が運営していることも多いですが、シェアリングテクノロジー株式会社は東証マザーズ上場企業です。

不動産売却査定君では24時間365日電話での問い合わせを受け付けています。

これはなかなか珍しいと言えます。

不動産一括査定サイトではメール問い合わせのみしか受け付けていないものや、電話問い合わせを受け付けていても平日の営業時間のみ対応というサイトも多いです。

他の不動産一括査定サイトとの比較

不動産売却査定君と他の大手不動産一括査定サイトの特徴を比較すると以下の通りです。

サイト名実績対応物件提携会社数同時依頼会社数机上査定
>公式サイトへ開始:非公表
実績:年間20万件以上
分譲マンション/一戸建て/土地/ビル一室/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/店舗・事務所/工場・倉庫非公表最大6社あり
マンションナビ>公式サイトへ開始:2011年
実績:年間2万人プロ査定利用
マンション 2,500店舗9社(売買6社+賃貸3社)あり
すまいValue
>公式サイトへ
開始:2015年
実績:年間成約件数 11万件
マンション/一戸建て/土地/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟 6社6社あり
HOME4U
>公式サイトへ
開始:2001年
実績:売却査定数累計40万件
マンション一室/一戸建て/土地/ビル一室/店舗・事務所・倉庫/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/その他 約1,500社6社あり
イエウール
>公式サイトへ
開始:2014年
実績:累計利用者数 1,000万人以上
マンション/一戸建て/土地/ビル一室/店舗・事務所・倉庫/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/区分マンション(収益)/区分ビル(ビル一室)/農地 1,974社6社あり
ホームズ
>公式サイトへ
開始:2008年
実績:サービス利用者数 736万人
マンション/一戸建て/土地/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/倉庫・工場 2,985社6社あり
イエイ>公式サイトへ開始:2008年
実績:サービス利用者数 400万人以上
分譲マンション/一戸建/土地/ビル一室/マンション一棟/アパート一棟/ビル一棟/工場・倉庫/店舗・事務所/農地・畑・田んぼ/山林 1,700社以上6社あり
スーモ>公式サイトへ開始:2009年
実績:月間訪問者数 約2188万人
マンション/一戸建て/土地 2,000社以上10社以上あり
リガイド
>公式サイトへ
開始:2006年
実績:データなし
マンション/一戸建て/土地/ビル/事務所/マンション一棟/アパート一棟/事務所・ビル一棟 800社以上10社あり

他サイトとの比較でみてみると、対応物件種別が比較的多いことが分かります。

ただし不動産売却査定君でなければ対応していないような物件は特にないようです。

また提携会社数が非公表というのは非常に信頼性に欠けるところです。

提携会社数というのは不動産一括査定において非常に重要です。(詳しくは後述)

筆者の見解では、提携会社数が多ければ公表するのではないかと思うため、少ないだろうと予想しています。

不動産売却査定君の強み・メリット

不動産売却査定君の強み・メリットは以下の点です。

不動産売却査定君の強み・メリット

  • 24時間365日電話問い合わせを受け付けている

不動産売却査定君の強みは24時間365日電話問い合わせを受け付けている点です。

不動産一括査定サイトではメール問い合わせのみしか受け付けていないものや、電話問い合わせを受け付けていても平日の営業時間のみ対応というサイトも多いです。

そんな中で24時間365日対応しているというのはすごいと思います。

何かあった時にすぐに電話できるのは安心ですね。

ただし運営会社であるシェアリングテクノロジー株式会社は不動産会社ではないですし、この電話窓口のために不動産のプロが在籍しているというような記述もありません。

また電話番号の上にも「サイトの使い方が分からない等のサポートをします」と書いてあります。

よって不動産に関する質問というよりかは、サイトについての質問対応のための窓口なのではないかと思います。

不動産売却査定君の弱み・デメリット

不動産査定君の弱み・デメリットは以下の2点です。

不動産査定君の弱み・デメリット

  • 提携会社数が非公表
  • 査定依頼時に不動産会社を選択できない

提携会社数が非公表

まず一つ目の弱みは提携会社数が非公表である点です。

不動産一括査定サイトにおいて提携会社数というのは非常に大事です。

提携会社数が多いということはより多くの不動産会社に査定依頼をすることができる可能性が高いということです。

そもそも不動産一括査定をする目的は多くの会社から査定を集め比較検討することなので、

提携会社が少なく少数の会社からしか査定を集められないというのは一括査定サイトにおいて致命的な欠点になります。

ほとんどの一括査定サイトが提携会社数を公表している中、非公表にしている不動産売却査定君は少ないため隠しているのではないかという疑いがあります。

たとえ多かったとしてもほとんどのサイトが公表している大事な情報を非公表にしている時点で信頼性は少々欠けると言えるでしょう。

査定依頼時に不動産会社を選択できない

そしてもう一つ筆者が非常に驚いた不動産売却査定君の弱みとして査定を申し込む際に不動産会社を選択できないというものがあります。

上記は不動産売却査定君で物件情報や個人情報を入力し終わり、査定を依頼する際の画面です。

通常の一括査定サイトであれば、必要事項を入力した後、その不動産を査定依頼できる不動産会社が一覧で表示されます。

そして査定依頼したい不動産会社を選択し申し込みます。

しかし不動産売却査定君では不動産会社の選択ができません。

先程の画面から「送信する」を押すと上記のような画面になり申し込みが完了します。

3営業日以内に当サイト登録企業より連絡が来ると書いてありますが、どの会社から連絡がくるのか分からないのはすこし怖いです。

小さな悪徳不動産会社から連絡が来る可能性も大いにあります。

査定依頼する不動産会社を選べないというのは、不動産一括査定の中で前代未聞の欠点だと言えます。

◎不動産売却で成功したい人必見!

不動産売却で成功するためには、無料不動産一括査定に申し込むのが鉄則です。

不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってきます。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

不動産売却査定君の口コミ・評判

40歳の心機一転
今年で40歳を迎え、心機一転のためにも、今のマンションを手放して、新しいマンションに引っ越すことを決意しました。今住んでいる世田谷区は立地もよく、満足していたので、引っ越し先もそれなりの土地に引っ越そうかと考えました。マンションを売却したお金は、引っ越し資金にしようと考えていたので、より高く査定してくれる不動産業者を探しました。そこで、不動産一括査定サイトの不動産売却査定君を利用しました。査定する不動産の情報を60秒で完了することが出来るので、スムーズに行うことが出来ました。査定してくれる業者も、大手から地元の不動産が査定してくれて、比較をするのにも簡単でした。新しいマンションで心機一転して40代をかけ抜けます(40歳男性)

転勤に伴った不動産売却
埼玉県さいたま市に住む35歳男性です。仕事の転勤で大阪に行くことになりました。大阪には単身赴任ではなく、家族で行くことになったので、さいたま市のマンションは売却することになりました。子どもはまだ4歳と6歳で、これから歳を重ねるごとに教育費などもかかってくるので、マンションを売却するお金は少しでも高くしたかったです。不動産について知識があったわけではなっかのですが、業者によって査定金額が異なるとは聞いていたので、試しに不動産売却査定君を使って査定してみました。60秒で不動産の情報入力が終わるとのことだったのでこのサイトを使いました。不動産売却査定君を使って、最終的には希望の条件に近い取引が出来ました。(35歳男性)

おばさんの手伝い
川崎市に住む、親戚のおばさんの家を売却するのを手伝うことになったのですが、私は不動産に関する知識がありませんでした。手伝うといったからにはしっかりやろうと思い、インターネットで調べていたところ、一括査定サイトが便利だということなので使うことにしました。不動産売却査定君を使うことにしました。理由は、不動産の基本情報の登録を60秒で済ませられるとのことだったからです。実際に簡単に情報入力を終えることができました。一つの査定サイトから何社もの結果を得ることが出来、比較するのにも役立ちました。調べていくうちに私自身も少し不動産に関する知識がつきました。予想よりも早く取引を終えることが出来、自分が不動産を売却するときも一括査定サイトを利用しようと思います。(32歳女性)

出典:不動産売却プラザ

不動産売却査定君を実際に使ってみた流れ

この章では筆者が実際に不動産売却査定君を使って一括査定を申し込んだ際の流れをお伝えします。

①物件タイプ・地域の選択

まずはトップページで物件タイプと地域(都道府県)を選択します。

②物件情報の入力

続いて物件情報を入力していきます。

ここで一つサイトのバグに気が付きました。

トップページで物件タイプと地域(都道府県)を入力したにも関わらず、次のページに行くと物件タイプは土地、地域は新潟県になってしまうようです。

二度手間ですがもう一度入力し直しましょう。

物件情報の入力項目(分譲マンションの場合)

  • 物件タイプ
  • 査定物件の所在地
  • 専有面積
  • 間取り
  • 築年数
  • 物件の現状

③個人情報の入力

最後に個人情報を入力して「送信する」ボタンを押せば完了です。

個人情報の入力項目

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 利用規約及び個人情報の取り扱いへの同意

不動産売却査定君がオススメの人

不動産売却査定君がオススメの人は以下のような方です。

不動産売却査定君がオススメの人

  • 24時間365日電話対応を受け付けて欲しい人

不動産売却査定君の唯一の強みは24時間365日電話対応を受け付けていることです。

何かあった時にすぐに電話できる場所がないと不安だという方にはオススメです。

不動産売却査定君をオススメできない人

不動産売却査定君をオススメできない人は以下のような方です。

不動産売却査定君をオススメできない人

  • 無難に不動産売却を成功させたい人
  • 24時間365日電話対応を受け付けていなくてもいい人

正直なことを言うと、不動産売却査定君には電話対応以外にオススメできるポイントがほとんどありません。

むしろ提携会社数不明や査定依頼する不動産会社を選択できないという不動産一括査定では前代未聞の欠陥があるため、オススメできません。

わざわざ他の大手一括査定サイトを利用せずに不動産売却査定君を使う理由は全くないでしょう。

なので24時間365日電話対応を受け付けていなくてもいいのであれば、無難に優良な大手一括査定サイトを使うことをオススメします。

もちろん大手一括査定サイトも無料ですのでご安心ください。

◎不動産売却で成功したい人必見!

不動産売却で成功するためには、無料不動産一括査定に申し込むのが鉄則です。

不動産会社によって特徴や得意とする物件は異なり、査定額も大きく変わってきます。

会社によって査定額が500万円程度異なることも珍しくありません。

無料不動産一括査定サイトを使えば複数社から査定を集め比較検討できるので、不動産売却時には必須となっています。

下記ページにて人気の大手不動産一括査定サイトを売却物件の所在地、物件種類、査定の動機などの分類ごとにランキング形式で紹介していますので是非ご覧ください。

まとめ

本記事では不動産売却査定君の特徴、強み・弱み、口コミ・評判などを見てきました。

不動産売却査定君は24時間365日電話対応を受け付けていること以外に強みがなく、査定依頼時に不動産会社を選択できないため、オススメはあまりできないサイトです。

筆者としては、あなたの大切な物件をできるだけ良い形で売却してほしいと願っています。

優良な大手一括査定サイトを使って、あなたに適した不動産会社をみつけてみてください。